ナビ式言語聴覚士国家試験対策室

第7回 言語聴覚士国家試験過去問

問1~問50 │ 問51~問100 │ 問101~問150 │ 問151~問200

第1問我が国の3大死因はどれか。

a.自殺

b.肺炎

c.悪性新生物

d.脳血管疾患

e.心疾患

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<5>

第2問我が国の自殺について正しいのはどれか。

  1. 女性より男性に多い。
  2. 思春期に最大のピークがある。
  3. 交通事故死者数の約半数である。
  4. 動機としては家庭問題が最も多い。
  5. 基礎疾患としては統合失調症が最も多い。
解答<1>

第3問咀嚼筋の支配神経はどれか。

  1. 第IV脳神経
  2. 第V脳神経
  3. 第VII脳神経
  4. 第IX脳神経
  5. 第XII脳神経
解答<2>

第4問安静吸気時に働く筋はどれか。

a.僧帽筋

b.胸鎖乳突筋

c.横隔膜

d.外肋間筋

e.内肋間筋

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<4>

第5問脳幹を構成するのはどれか。

a.大脳基底核

b.中脳

c.橋

d.延髄

e.小脳

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<4>

第6問音叉を用いて検査するのはどれか。

  1. 触覚
  2. 痛覚
  3. 温度覚
  4. 位置覚
  5. 振動覚
解答<5>

第7問健常成人の血液中の白血球で最も多いのはどれか。

  1. 好酸球
  2. 好塩基球
  3. 好中球
  4. リンパ球
  5. 単球
解答<3>

第8問成人の一日尿量で無尿と定義される最大尿量はどれか。

  1. 100ml
  2. 200ml
  3. 300ml
  4. 400ml
  5. 500ml
解答<1>

第9問肉芽腫性炎を生じない疾患はどれか。

  1. アスペルギルス症
  2. 咽頭ジフテリア
  3. ハンセン病
  4. 結核
  5. 梅毒
解答<2>

第10問誤っている組み合せはどれか。

  1. 気管支喘息  ーー  ピークフロー低下
  2. 拘束性換気障害  ーー  肺活量低下
  3. 肺気腫  ーー  残気量増加
  4. 過換気症候群  ーー  PaCO2上昇
  5. 間質性肺疾患  ーー  拡散機能低下
解答<4>

第11問嚥下障害を生じないのはどれか。

  1. アカラシア
  2. 食道腫瘍
  3. 食道憩室
  4. 重症筋無力症
  5. 強皮症
解答<3>

第12問誤っている組み合せはどれか。

  1. バセドウ病  ーー  サイロキシン
  2. 糖尿病  ーー  インスリン
  3. 末端肥大病  ーー  プロラクチン
  4. クッシング症候群  ーー  コルチゾール
  5. 褐色細胞腫  ーー  カテコラミン
解答<3>

第13問細菌感染でないのはどれか。

  1. コレラ
  2. ジフテリア
  3. 腸チフス
  4. 麻疹
  5. 破傷風
解答<4>

第14問正常発達で正しいのはどれか。

  1. 1歳児の体重は約6kgである。
  2. 1歳児の身長は約100cmである。
  3. 4歳児の体重は約9kgである。
  4. 4歳児では頭位より胸囲の方が大きい。
  5. 4歳児ではスキップができる。
解答<4>

第15問被虐待児症候群について正しいのはどれか。

a.虐待者が病院に連れていくことはない。

b.身長の伸びが悪い。

c.学童より乳幼児に多い。

d.骨折の有無を確認する必要がある。

e.疑いがあれば保健所に届け出る義務がある。

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<4>

第16問言語発達の遅れをきたすのはどれか。

a.脳性麻痺(痙性四肢麻痺)

b.XYY症候群

c.脊髄性筋萎縮症

d.重症筋無力症

e.Duchenne型筋ジストロフィー

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<1or2>

第17問統合失調症について正しいのはどれか。

  1. 幻聴より幻視が多い。
  2. 発症頻度は先進諸国ほど高い。
  3. 良好な予後を示す一群も存在する。
  4. 一卵性双生児の発病一致率はほぼ100%である。
  5. リハビリテーションの段階では薬物療法は中止する。
解答<3>

第18問うつ病患者にみられる訴えはどれか。

  1. 他の人から危害を加えられている。
  2. 自分の考えを他の人に知られてしまう。
  3. 自分のせいで他の人に迷惑を掛けている。
  4. 他の人の気持ちを理解することができない。
  5. 自分の考えを他の人に抜き取られてしまう。
解答<3>

第19問意識障害を伴うのはどれか。

  1. 振戦せん妄
  2. 失外套症候群
  3. 単純部分発作
  4. 広汎性発達障害
  5. 外傷後ストレス障害
解答<2>

第20問片麻痺患者の指導で正しいのはどれか。

a.上衣は麻痺側から着る。

b.移乗は麻痺側から行う。

c.階段は麻痺側から昇る。

d.階段は非麻痺側から降りる。

e.2点歩行では杖と麻痺側とを同時に出す。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<2>

第21問脳卒中におけるリハビリテーション阻害因子で左片麻痺に合併しやすいのはどれか。

  1. 廃用性筋萎縮
  2. 抑うつ
  3. 起立性低血圧
  4. 不安神経症
  5. 半側空間無視
解答<5>

第22問正しいのはどれか。

  1. 鼓膜に直接付着している耳小骨はキヌタ骨である。
  2. 顔面神経は内耳道内を走行する。
  3. 外側半規管の刺激で回旋性眼振が誘発される。
  4. 視運動眼振は視力が低下すると誘発されない。
  5. 回転性めまいは中枢前庭系の障害では出現しない。
解答<2>

第23問耳硬化症で正しいのはどれか。

  1. 混合性難聴を示す症例がある。
  2. ツチ骨の固着が難聴の原因である。
  3. 聴力図で4kHzに凹み(notch)がみられる。
  4. 小児期の中耳炎と関係がある。
  5. 聴力改善には鼓室形成術が有効である。
解答<1>

第24問手術によって聴力が改善しないのはどれか。

  1. コレステリン肉芽腫症
  2. 真珠腫
  3. 鼓室硬化症
  4. アルポート症候群
  5. 滲出性中耳炎
解答<4>

第25問アテローム血栓性脳梗塞再発予防に有効なのはどれか。

a.ニトログリセリン

b.トリプタン

c.チクロピジン

d.アスピリン

e.ワーファリン

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<4>

第26問単独では一過性虚血発作の症状といえないのはどれか。

  1. 意識障害
  2. 片麻痺
  3. 一眼の視力喪失
  4. 失語症
  5. 同名半盲
解答<1>

第27問我が国で最も多い脳血管障害はどれか。

  1. 脳出血
  2. 脳梗塞
  3. 一過性脳虚血発作
  4. くも膜下出血
  5. 硬膜下血腫
解答<2>

第28問プリオン感染症はどれか。 

a.クロイツフェルト・ヤコブ病 

b.ミトコンドリア脳筋症 

c.狂犬病 

d.BSE(牛海綿状脳症) 

e.致死性家族性不眠症

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<3>

第29問唇弁反転術(Abbe法)について正しいのはどれか。

  1. 栄養血管は上口唇動脈である。
  2. 2~3日後に切り離し術を行う。
  3. 下顎からの骨移植術である。
  4. 口蓋瘻孔閉鎖に用いる。
  5. 上口唇組織の不足を改善する。
解答<5>

第30問正しいのはどれか。

a.口唇裂・口蓋裂の発生率は東洋人で2000人に1人である。

b.日本人の口唇裂は左側に多い。

c.口蓋裂は滲出性中耳炎を合併することが多い。

d.口蓋裂単独は男性に多い。

e.口蓋裂初回手術は生後2週間以内に行う。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<3>

第31問Hotz床について誤っているのはどれか。

  1. 顎形態が改善する。
  2. 口腔内感染の危険性が低下する。
  3. 舌位の安定を促す。
  4. 鼻腔への食べ物の漏出が軽減する。
  5. 哺乳速度が増す。
解答<2>

第32問正しいのはどれか。

a.歯胚は胎生期の顎骨内に形成される。

b.上顎切歯は上顎隆起(突起)から形成される。

c.一次口蓋は二次口蓋の後に形成が完了する。

d.下唇は下顎隆起(突起)から形成される。

e.顔面は胎生4週頃に形成が始まる。

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<3>

第33問口蓋裂術後患者の開鼻声を改善できるのはどれか。

a.鼻口腔瘻閉鎖術

b.下顎枝矢状分割術

c.口腔前庭形成術

d.下顎枝矢状分割術

e.咽頭弁形成術

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<2>

第34問誤っているのはどれか。

a.舌咬傷は上顎正中離開の原因となる。

b.溝舌は構音障害の原因となる。

c.小舌症は歯列弓狭窄の原因となる。

d.巨舌症は開咬の原因となる。

e.舌小帯短縮症は永久歯萌出遅延の原因となる。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<1or2>

第35問加齢に伴う口腔の変化について正しいのはどれか。

  1. 歯列弓の幅径は縮小する。
  2. 義歯床支持域粘膜の厚さは増大する。
  3. 隣接面の磨耗によって歯は遠心移動する。
  4. 下顎運動は蝶番様運動になる。
  5. 有床義歯への適応能力は低下する。
解答<5>

第36問正しいのはどれか。

  1. 深吸時に続く発声開始時に呼気筋は収縮しない。
  2. 横隔膜の中央部は平滑筋からなる。
  3. 呼吸中枢は両側の視床にある。
  4. 持続母音の発声中に声門下圧は徐々に増大していく。
  5. 呼気予備量が減少すると肺活量は増大する。
解答<1>

第37問正しいのはどれか。

  1. 輪状甲状筋が収縮すると声帯辺縁部の質量は増大する。
  2. 披裂筋は嚥下第2期に弛緩する。
  3. 側輪状披裂筋が収縮すると両側声帯突起は近接する。
  4. 甲状披裂筋が収縮すると声帯は前後方向に引き伸ばされる。
  5. 後輪状披裂筋が弛緩すると声門後部は開大する。
解答<3>

第38問正しいのはどれか。

  1. 前舌母音生成時に内舌筋は弛緩している。
  2. 鼻音生成時に口蓋帆挙筋は収縮している。
  3. 持続母音生成時に声門閉鎖筋は弛緩している。
  4. 円唇母音生成時に口輪筋は収縮している。
  5. 深吸気中に横隔膜は弛緩している。
解答<4>

第39問正しいのはどれか。

  1. 無声破裂音の破裂の直前の口腔内圧は声門下圧より高い。
  2. 有声摩擦音の生成中の口腔内圧は大気圧に等しい。
  3. 無声破裂音の生成時にはVOTが測定不能になる。
  4. 無声摩擦音の生成中には声門間隙が認められる。
  5. 有声摩擦音の生成中には声帯振動が停止する。
解答<4>

第40問正しいのはどれか。

  1. 上鼓室や乳突洞は内耳の一部である。
  2. 鼓膜張筋はキヌタ骨に付着する。
  3. 鼓索神経は顔面神経水平部から分枝する。
  4. 鼓室粘膜には蝸牛神経や迷走神経が分布する。
  5. 内リンパ嚢は後頭蓋窩硬膜内にある。
解答<3or5>

第41問正しいのはどれか。

a.耳管はインピーダンス整合を行う。

b.耳小骨は音の伝道効率を高める。

c.内リンパと外リンパのイオン組成は異なる。

d.外有毛細胞は能動的運動能を有する。

e.基底板振動はしない

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<4>

第42問誤っているのはどれか。

  1. ヒトの聴覚は20Hzから40000Hzまでの気導音を感受する。
  2. 125Hzより低い周波数では振動感が生じやすい。
  3. 気導音の両耳間移行減衰量は約50dBである。
  4. 外有毛細胞は周波数弁別の機能を有する。
  5. 中枢聴覚路は語音の弁別に関与する。
解答<1>

第43問正しいのはどれか。

  1. 鼓膜チューブを留置しているので飛行機には乗らないように指導した。
  2. 人口内耳装用者に水泳はしないように指導した。
  3. 補聴器に慣れるために就寝時にも補聴器を装用するように指導した。
  4. 外リンパ瘻術後なので重たい物は持たないように指導した。
  5. 突発性難聴発症直後なので運動をするように指導した。
解答<4>

第44問椎骨脳底動脈系に支配されているのはどれか。

  1. 一次運動野
  2. 補足運動野
  3. 体性感覚野
  4. 一次視覚野
  5. 一次聴覚野
解答<4>

第45問日常検査として脳脊髄液の採取を行う部位はどこか。

  1. 側脳室前角
  2. 大槽
  3. 頚椎くも膜下腔
  4. 胸椎くも膜下腔
  5. 腰椎くも膜下腔
解答<5>

第46問正しいのはどれか。

a.ナトリウムチャンネルは軸索伝導に関与する。

b.ナトリウムチャンネルは樹状突起に存在する。

c.カリウムチャンネルはシナプス前膜には存在しない。

d.塩素チャンネルはシナプス後電位の発生には関与しない。

e.カルシウムチャンネルは伝達物質の放出に関与する。

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<2>

第47問投射線維はどれか。

a.脳梁

b.前交連

c.弓状束

d.脳弓

e.皮質核路

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<5>

第48問奥行き知覚の手がかりでないのはどれか。

  1. 近接の要因
  2. 運動視差
  3. 重なりの要因
  4. 陰影
  5. 肌理の勾配
解答<1>

第49問正しいのはどれか。

  1. 単眼視では奥行き知覚は生じない。
  2. 異種感覚間不一致では視覚優位の統合が生じる。
  3. 視覚マスキングは2刺激同時提示のときにだけ生じる。
  4. 知覚恒常性は視覚以外の感覚では成立しない。
  5. 認知閾の高い語は低い語より認知が容易である。
解答<2>

第50問誤っているのはどれか。

  1. 視覚の順応は聴覚の順応に比べて生じやすい。
  2. 空間定位では視覚は聴覚より優位である。
  3. 形が成立するために輪郭線が必要である。
  4. 視細胞の杆体は錐体に比べて光に対する感受性が高い。
  5. 色の識別は錐体が関与する。
解答<3>

問1~問50 │ 問51~問100 │ 問101~問150 │ 問151~問200

第51問感覚における多次元の属性はどれか。

  1. 重さ
  2. 色彩
  3. 粗さ
  4. 音の大きさ
  5. 音の高さ
解答<2>

第52問恒常誤差の制御に関係ないのはどれか。

  1. 刺激の提示順序
  2. 刺激の空間的配置
  3. 刺激の提示時間
  4. 背景刺激の強度
  5. 被験者の性別
解答<5>

第53問頻数データに適用できるのはどれか。

  1. t検定
  2. F検定
  3. x2検定
  4. 偏差積率相関係数
  5. 重回帰分析
解答<3>

第54問実験操作の一義性が高いのはどれか。

  1. 調整法
  2. 恒常法
  3. 極限法
  4. 適応法
  5. マグニチュード推定法
解答<3>

第55問オペラント条件づけと関係ないのはどれか。

  1. 嫌悪刺激
  2. 般化勾配
  3. 強化スケジュール
  4. 反応形成
  5. 予報的信号
解答<5>

第56問誤っているのはどれか。

  1. 連続的に強化した反応は容易に消去される。
  2. 集中練習は分散練習より学習効率が悪い。
  3. 古典的条件づけでは自発的行動の変容が行われる。
  4. 条件刺激に類似した刺激に対して条件反応が生じる。
  5. 消去過程の間に休憩を挿入すると反応が回復する。
解答<3>

第57問適切でない組合わせはどれか。

  1. 作動記憶  ーー  複雑文の理解
  2. 潜在記憶  ーー  恐怖条件づけの般化
  3. 手続記憶  ーー  図形認知の向上
  4. エピソード記憶  ーー  過去体験の想起
  5. 宣言的記憶  ーー  プライミング効果
解答<5>

第58問問題解決について誤っているのはどれか。

  1. 遅延反応の遅延時間は発達初期では長くなる。
  2. 習慣的構えで解決過程の効率が上がる。
  3. 洞察には知識の再体系化が必要とされる。
  4. 機能的固着によって解決が阻害される。
  5. 試行錯誤の解決法は困難な課題の場合に生じる。
解答<1>

第59問認知機能の発現時期について適切な組合わせはどれか。

  1. 脱中心化  ーー  前操作期以前
  2. 保存概念  ーー  形式的操作期以後
  3. 音声弁別  ーー  喃語開始以前
  4. 物体の永続性  ーー  具体的操作期以降
  5. 奥行き知覚  ーー  移動開始以後
解答<3>

第60問AD/HDについて正しいのはどれか。

  1. 常同的で反復的な行動が生じる。
  2. 衝動的な汚言症が生じる。
  3. 注意機能に障害がある。
  4. 男性より女性に多い。
  5. 情緒的相互性が欠如する。
解答<3>

第61問学習障害について正しいのはどれか。

  1. 心理検査は診断に役立たない。
  2. 青年期以降に消失する。
  3. 統合失調症や躁うつ病と関連する。
  4. 親の養育態度は原因ではない。
  5. 「心の理論」に障害がある。
解答<4>

第62問Erikson,E.H.の人格発達論について誤っているのはどれか。

  1. 漸成発達
  2. 誇大自己
  3. ライフサイクル
  4. 相互性
  5. 同一性
解答<2>

第63問ICD-10の「特定の人格障害」に含まれないのはどれか。

  1. 演技性人格障害
  2. 依存性人格障害
  3. 妄想性人格障害
  4. 非社会性人格障害
  5. 身体化人格障害
解答<5>

第64問抑うつのアセスメント法はどれか。

a.SDS

b.BDI

c.MPI

d.HTP

e.SCT

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<1>

第65問クライアント中心療法について誤っているのはどれか。

  1. 成長への動機づけを重視する。
  2. 治療者の真実性を強調する。
  3. 治療者の指示的態度を重視する。
  4. 無条件の肯定的配慮を強調する。
  5. 客観的な研究法を重視する。
解答<3>

第66問認知行動療法について正しいのはどれか。

  1. 統合失調症には禁忌である。
  2. 生活技能訓練が含まれる。
  3. 集団療法としては行われない。
  4. 夢を分析して行動に反映させる。
  5. 記憶回復訓練に重点が置かれる。
解答<2>

第67問正しい組合わせはどれか。

  1. 双生児法  ーー  遺伝・環境要因
  2. TAT  ーー  知的能力
  3. SCT  ーー  小学生の愛着
  4. ソシオメトリー  ーー  心の理論
  5. 誤信念課題  ーー  母子関係の質
解答<1>

第68問誤っている組合わせはどれか。

  1. 乳児  ーー  愛着の発生
  2. 幼児  ーー  ごっこ遊び
  3. 児童  ーー  ギャングエイジ
  4. 青年  ーー  第一反抗期
  5. 成人  ーー  社会的責任
解答<4>

第69問誤っているのはどれか。

  1. 一語文は3歳児に特有である。
  2. 指差しは前言語行動とみなされる。
  3. 喃語は人がいると活発になる。
  4. 2歳半児は疑問文を使うことができる。
  5. 5歳以上では完成した文の使用が可能である。
解答<1>

第70問ある音とその異音とについて正しいのはどれか。

  1. 相補分布する。
  2. 自由変音である。
  3. IPA表記が同じである。
  4. 構音点だけが異なる。
  5. 構音様式だけが異なる。
解答<1>

第71問言語音の有声・無声の調節に直接関係するのはどれか。

  1. 輪状軟骨
  2. 甲状軟骨
  3. 披裂軟骨
  4. 舌骨
  5. 胸骨
解答<3>

第72問広帯域サウンドスペクトログラフでの測定に適さないのはどれか。

  1. 分節音の持続時間
  2. 母音の無声化
  3. ホルマント周波数
  4. 子音の破裂の有無
  5. イントネーション
解答<5>

第73問イントネーションの自然下降(declination)が止まるのはどこか。

  1. アクセント位置
  2. 文節末
  3. アクセント句末
  4. ポーズ位置
  5. 息つぎの位置
解答<4>

第74問日本語の等時性の単位はどれか。

  1. 分節音
  2. モーラ
  3. 音節
  4. 形態素
  5. 文節
解答<2>

第75問子音の分類基準に含まれるのはどれか。

a.調音結合

b.構音様式

c.構音点

d.有声・無声

e.唇の突出の有無

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<4>

第76問声道の伝達特性について誤っているのはどれか。

  1. 声道の形状について依存して変化する。
  2. 分岐があると極と零とが出現する。
  3. 放射特性に依存して変化する。
  4. 共鳴周波数では利得が上昇する。
解答<3>

第77問声道が唇の突出によって延長したとき正しいのはどれか。

  1. 基本周波数が低下する。
  2. 共鳴周波数が低下する。
  3. 反共鳴周波数が出現する。
  4. F1が下降し、F2が上昇する。
  5. F1が上昇し、F2が下降する。
解答<2>

第78問[m]の音源はどれか。

  1. 鼻腔雑音
  2. 破擦音源
  3. 破裂音源
  4. 摩擦音源
  5. 有声音源
解答<5>

第79問単語w1、w2から複合語w1w2を作るとき変化しないのはどれか。

  1. w1のアクセント型
  2. w2のアクセント型
  3. w1の語頭子音
  4. w2の語頭子音
  5. w1の語末母音
解答<3>

第80問音響分析でAd変換のビット数を少なくすると増大するのはどれか。

  1. 折り返し歪み
  2. 量子化雑音
  3. SN比
  4. 周波数分解能
  5. 時間分解能
解答<2>

第81問帯域を10kHzに制限された60dB/Hzの白色雑音の音圧レベルはどれか。

  1. 100
  2. 90
  3. 80
  4. 70
  5. 60
解答<1>

第82問音の3属性に含まれないのはどれか。

a.大きさ

b.高さ

c.強さ

d.周波数

e.音色

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<4>

第83問音の持続時間と聞こえとの関係で正しのはどれか。

  1. 持続時間に関係なく同じ大きさに聞こえる。
  2. 持続時間が長いほど大きく聞こえる。
  3. 持続時間が長いほど高く聞こえる。
  4. 一定の持続時間以上では長いほど大きく聞こえる。
  5. 一定の持続時間以上では同じ大きさに聞こえる。
解答<5>

第84問「ほんもよんでいる(本も読んでいる)」の2つの「ん」の発音について誤っているのはどれか。

  1. 音韻として同じものである。
  2. 音声として実質に違いがある。
  3. 前者は[m]、後者は[n]である。
  4. ともに直後の子音の構音点に依存している。
  5. ともに前後の子音との間に同化現象がある。
解答<5>

第85問連濁の例はどれか。

  1. こども(子ども)
  2. ぎらぎら
  3. さんがつ(三月)
  4. ほんだな(本棚)
  5. ぎゅうどん(牛丼)
解答<4>

第86問「言語学を勉強する。」の形態素分析で誤っているのはどれか。

  1. 「言語」は自由形態素である。
  2. 「学」は自由形態素である。
  3. 「を」は拘束形態素である。
  4. 「勉強」は自由形態素である。
  5. 「する」は拘束形態素である。
解答<2>

第87問アルファベット、仮名、漢字について正しいのはどれか。

  1. どれも表音文字である。
  2. どれも表意文字である。
  3. アルファベットだけが表音文字である。
  4. 仮名は音節文字ではない。
  5. 漢字だけが表意文字である。
解答<5>

第88問日本語文の文法的記述として誤っているのはどれか。

  1. 語順が格を表す。
  2. 基本語順はSOVである。
  3. 形容詞も述語となる。
  4. 述語に形態素を膠着的に付加できる。
  5. 述語以外の要素の語順変更が可能である。
解答<1>

第89問言語発達への環境の影響を最小限にしか認めていない考えはどれか。

  1. Brunerの言語獲得支援システム
  2. Skinnerのオペラント条件づけ
  3. Vygotskyの発達近接領域
  4. Chomskyの言語発達装置
  5. Batesの意図的伝達活動
解答<4>

第90問幼児後期の言語発達に関与しないのはどれか。

  1. 音韻意識
  2. 三項関係
  3. 心の理論
  4. ナラティブ
  5. 発話スタイル
解答<2>

第91問言語の意味的側面の発達指標はどれか。

  1. 共同注視の出現
  2. 語彙の増加
  3. 喃語の出現
  4. 「心の理論」の出現
  5. 平均発話長の増大
解答<2>

第92問書きことばとその発達とについて正しいのはどれか。

a.仮名に対応するのはモーラである。

b.表意文字は音を持たない。

c.話しことばと無関係に発達する。

d.幼児期の音韻発達が関連する。

e.文字種の違いが影響する。

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<3>

第93問前言語期・初語期における認知発達の指標でないのはどれか。

  1. 遊び
  2. 独歩
  3. 模倣
  4. 対象の永続性
  5. 手段-目的関係
解答<2>

第94問正しいのはどれか。

  1. 社会福祉法人は社会福祉を目的とする事業を行うことを目的に作られた。
  2. 運営適正化委員会は市町村社会福祉協議会の事業を監督する。
  3. 社会福祉事業の経営者は苦情の適切な解決に努めなければならない。
  4. 共同募金の配分は市町村地域福祉計画によって決定する。
  5. 共同募金は市町村が任意に設置することができる。
解答<3>

第95問生活保護の説明として正しいのはどれか。

  1. 保護の申請は本人が申請しなければ受理されない。
  2. 生業扶助は生活保護の扶助の中で貸し付けられる。
  3. 生活保護法では救護施設など5つの保護施設を定めている
  4. 要保護者とは福祉事務所が被保護者として設定した者を言う。
  5. 最低限度の生活とは健康で文化的な生活水準を向上させるものである。
解答<3>

第96問正しいのはどれか。

a.雇用保険の3事業とは雇用安定事業、能力開発事業、雇用福祉事業である。

b.育児休業給付は育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律によって支給され。

c.介護休業給付は失業等給付の中の雇用促進給付の一つである。

d.労働者災害補償保険の保険料率は保険者である国によって全国一律に決められている。

e.労働者災害補償保険では障害に対するものとして障害保障年金の給付がある。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<2>

第97問誤っている組み合わせはどれか。

  1. 心理社会的アプローチ   ーー   Hollis,F
  2. 問題解決アプローチ   ーー   Erlman,H.H.
  3. 課題中心アプローチ   ーー   Richmond,M.E.
  4. 生活モデル   ーー   Germain,C
  5. 機能的アプローチ   ーー   Robinson,V.P.
解答<3>

第98問介護保険制度で正しいのはどれか。

  1. 保険者は市町村および都道府県である。
  2. 第一号被保険者は40歳以上65歳未満である。
  3. 介護認定の審査および判定は介護認定審査会が行う。
  4. 介護サービスを利用した場合の自己負担は3割である。
  5. 介護認定は一度受ければ更新の必要はない。
解答<3>

第99問医療法で正しいのはどれか。

  1. 地域医療支援病院は救急医療の提供能力が必要である。
  2. 特定機能病院は法定の診療科名のうち12科以上を有しなければならない。
  3. 療養病床は病院等の申請に基づき厚生労働大臣が許可する
  4. 助産所の開設には常勤の医師1名を必要とする。
  5. 医師以外の者が診療所を開設するには所在地の知事への届出を必要とする。
解答<1>

第100問言語聴覚士法で正しいのはどれか。

  1. 現に麻薬の中毒者である者には免許は与えない。
  2. 福祉を行う者との連携も必要である。
  3. 厚生労働大臣の権限は条例により地方厚生局長に委任できる。
  4. 免許を返納しない限り守秘義務がある。
  5. 人工内耳の調整は単独で行える業務である。
解答<2>

問1~問50 │ 問51~問100 │ 問101~問150 │ 問151~問200

第101問誤っているのはどれか。

  1. 標準検査は見本集団を用いて得点が標準化されている。
  2. 検査の妥当性を調べるため他の検査との相関を調べる。
  3. 検査の基準値には一定の幅がある。
  4. 検査の信頼性は注目する属性を測っているかを表す。
  5. 標準偏差は測定値のバラツキの程度を示す。
解答<4>

第102問正しいのはどれか。

  1. 学習障害は環境的要因によって生じる。
  2. 保続は言語符号操作の障害である。
  3. 呼称障害は失語症以外でも生じる。
  4. 語間代は運動障害性構音障害で生じる。
  5. 同語反復は音韻処理の障害である。
解答<3>

第103問誤っている組み合わせはどれか。

  1. 吃音  ーー  DAF
  2. 脳性麻痺(痙性四肢麻痺)  ーー  AAC
  3. ブローカ失語  ーー  PACE
  4. 聴覚障害  ーー  MIT
  5. 自閉症  ーー  TEACCH
解答<4>

第104問言語治療法の効果測定で誤っているのはどれか。

  1. 自然治癒を統制する。
  2. 般化を調べる。
  3. 被検者内変化を調べる。
  4. ベースラインを設定する。
  5. 行動の変化を独立変数とみなす。
解答<5>

第105問言語聴覚士の業務において診療補助行為でないのはどれか。

  1. 呼称訓練
  2. 抵抗運動を伴う音声機能訓練
  3. 補聴器装用訓練
  4. 耳型の採型
  5. 聴性脳幹反応検査
解答<1>

第106問正しい組合わせはどれか。

  1. 小児失語症  ーー  共鳴障害
  2. 後迷路性難聴  ーー  語音弁別障害
  3. 境界知能  ーー  伝音性難聴
  4. 運動失調  ーー  器質性構音障害
  5. 嚥下困難  ーー  広汎性発達障害
解答<2>

第107問誤っている組み合わせはどれか。

  1. 言語機能検査  ーー  SLTA
  2. 知能検査  ーー  WAIS-R
  3. 聴覚検査  ーー  EOAE
  4. 記憶検査  ーー  RCPM
  5. 前頭葉機能検査  ーー  WCST
解答<4>

第108問ウェルニッケ失語はどの血管系の閉塞で起こるか。

  1. 前大脳動脈
  2. 中大脳動脈
  3. 後大脳動脈
  4. 脳底動脈
  5. 椎骨動脈
解答<2>

第109問前方言語領域に含まれるのはどれか。

  1. 上前頭回脚部
  2. 側頭平面
  3. 下前頭回三角部
  4. 縁上回
  5. 角回
解答<3>

第110問言語性保続を最も呈しやすい病巣はどれか。

  1. 前頭葉
  2. 頭頂葉
  3. 側頭葉
  4. 後頭葉
  5. 被殻
解答<1>

第111問誤っている組み合わせはどれか。

  1. 迂回反応  ーー  健忘失語
  2. 接近行動  ーー  伝導失語
  3. 写字障害  ーー  純粋失読
  4. 復唱障害  ーー  皮質下性失語
  5. 機能語の脱落  ーー  失文法
解答<3>

第112問交叉性失語で多いのはどれか。

a.ジャルゴン

b.復唱障害

c.反響言語

d.非流暢性失語

e.失文法

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<5>

第113問原発性進行性失語について誤っているのはどれか。

  1. 全般的痴呆は数年以上経過してから現れる。
  2. 非流暢タイプの出現率が低い。
  3. 言語症状および経過は多彩である。
  4. 左半球優位の限局性大脳萎縮が認められる。
  5. 神経病理所見は多彩である。
解答<2>

第114問「首輪」を“しゅりん”と読み誤るのはどれか。

  1. 健忘失語
  2. 伝導失語
  3. ブローカ失語
  4. ウェルニッケ失語
  5. 語義失語
解答<5>

第115問急性期の失語症者の評価について誤っているのはどれか。

  1. 原因疾患に関する情報を収集する。
  2. 意識障害の有無を確認する。
  3. 言語機能の詳細な検査を行う。
  4. 言語症状の変化を経時的に追う。
  5. 病前の情報を収集する。
解答<3>

第116問正しいのはどれか。

  1. 失語症鑑別診断検査は言語障害の重症度や経時的変化を捉える目的で行う。
  2. 実用的コミュニケーション能力検査は発症後の経過が短い時期に実施する。
  3. トークンテストは総合的失語症検査である。
  4. 標準失語症検査は重度失語症の評価に適している。
  5. 失語症構文検査では色、大きさ、形の異なる札を用いて統語の評価を行う。
解答<1>

第117問失語症の予後について誤っているのはどれか。

a.症状が急速に回復するのは発症後1ヶ月間である。

b.運動機能は予後に影響を及ぼす。

c.早期の訓練開始で病前の言語機能レベルまで改善する。

d.言語機能の回復は長期にわたる場合がある。

e.脳損傷の部位と広がりは予後に影響を及ぼす。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<3>

第118問失語症のリハビリテーションについて誤っているのはどれか。

  1. 症状の背景にある障害構造を考えて訓練を行う。
  2. コミュニケーション能力の改善を目的とする。
  3. 心理面の援助が必要な期間は限られている。
  4. 発症後経過期間によって訓練・援助の内容は異なる。
  5. 家族やスタッフへの説明指導が必要である。
解答<3>

第119問刺激法の治療原則でないのはどれか。

  1. 強力・適切な聴覚刺激の提示
  2. 感覚刺激の反復提示
  3. 反応を引き出す刺激の提示
  4. 反応の最大限の生起
  5. 誤り反応の修正
解答<5>

第120問失語症者の言語訓練法について誤っている組み合せはどれか。

  1. キーワードによる仮名文字訓練   ーー   迂回路の形成
  2. 認知心理学的アプローチ   ーー   治療モデルの提示
  3. 言語刺激の反復提示   ーー   機能的再編成の促進
  4. AAC   ーー   非言語的コミュニケーション手段の実用化
  5. PACE   ーー   情報伝達手段の自由な選択
解答<3>

第121問後天性小児失語症について正しいのはどれか。

a.臨床像は成人の失語症タイプと対応しない。

b.言語症状は病巣の部位・大きさと対応しない。

c.言語以外の認知機能障害が認められる。

d.心理・社会的適応の問題が生じる。

e.言語機能の長期予後は良好である。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<4>

第122問健常者の成績が正規分布するのはどれか。

  1. BIT行動性無視検査
  2. WAIS-R成人知能検査
  3. 長谷川式簡易知能評価スケール
  4. 標準失語症検査
  5. 標準高次視知覚検査
解答<2>

第123問頻度の低い組み合せはどれか。

  1. 半側空間無視  ーー  左片麻痺
  2. 病態失認  ーー  左片麻痺
  3. 構成障害  ーー  右片麻痺
  4. 着衣失行  ーー  右片麻痺
  5. 観念運動失行  ーー  右片麻痺
解答<4>

第124問WISconsin Card Sorting Testの対象となる病態はどれか。

  1. 知能低下
  2. せん妄
  3. 半側空間無視
  4. 保続
  5. 失語
解答<4>

第125問前大脳動脈領域の脳梗塞で起こらないのはどれか。

  1. 相貌失認
  2. 把握反射
  3. 拮抗失行
  4. 無動性無言
  5. 道具の強迫的使用
解答<1>

第126問顔の絵を見て顔と分からないのはどれか。

  1. 身体部位失認
  2. 視覚失認
  3. 相貌失認
  4. 病態失認
  5. 半側空間無視
解答<2>

第127問手続きの言語化が代償に有効なのはどれか。

  1. Balint症候群
  2. 口部顔面失行
  3. 病態失認
  4. 連合型視覚失認
  5. 地誌的見当識障害
解答<5>

第128問自閉性障害でDSM-Ⅳにないのはどれか。

  1. 注意の質的な障害
  2. 話しことばの質的な障害
  3. 相互反応における質的な障害
  4. 意志伝達の質的な障害
  5. 行動、興味および活動の質的な障害
解答<1>

第129問知的障害の原因になりにくいのはどれか。

  1. ダウン症候群
  2. 猫なき症候群
  3. マルファン症候群
  4. フェニールケトン尿症
  5. クレチン症
解答<3>

第130問脳性麻痺で誤っているのはどれか。

  1. 原因として近年脳室周囲白室軟化症(PVL)が多くなっている。
  2. 痙直型では視知覚認知に問題を持つ者が多い。
  3. 正期患児に比べ早期産の方が脳障害を残すことが多い。
  4. 1歳以降に生じることもある。
  5. アテトーゼ型では感音難聴を合併する者が多い。
解答<4>

第131問重症心身障害について誤っているのはどれか。

  1. 重症心身障害児とは大島の分類で1~4に該当する。
  2. 18歳以上でも福祉的判定や処遇の責任は児童相談所にある。
  3. ADLの介護だけでなくQOLも考慮する。
  4. 摂食・嚥下訓練は重要な領域である。
  5. AACよりスキンシップを使った全体発達訓練が適切である。
解答<5>

第132問聴覚障害の原因になりやすいのはどれか。

a.ダウン症候群

b.先天性風疹症候群

c.核黄疸

d.ターナー症候群

e.脆弱X症候群

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<1>

第133問正しいのはどれか。

a.早期発見システムとして乳児・1歳6か月児・3歳児・5歳児健康診査がある。

b.発達障害児の援助システムとして障害児保育、障害児施設、普通校特殊学級、養護学校などがある。

c.発達障害児の家族支援は集団的にも行われる必要があり、親同士の相互作用は有益である。

d.発達障害児の教育の考え方でインクルージョンに代わって近年インテグレーションが広まった。

e.言語発達障害への言語聴覚士の指導、訓練は臨界期に終了する。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<3>

第134問1歳6ヶ月児健康診査の項目で要観察になるのはどれか。

  1. 3歩以上歩行可能である。
  2. 指さしがある。
  3. 積木を2つ重ねる。
  4. 有意語は1語である。
  5. 簡単な命令を理解する。
解答<4>

第135問3歳児健康診査の項目で誤っているのはどれか。

  1. 階段を1段ずつ交互に昇ることができる。
  2. 三輪車をこぐことができる。
  3. まねして丸が描ける。
  4. 自分の年齢、名前が分かる。
  5. 片足とびができる。
解答<5>

第136問言語発達遅滞が疑われるのはどれか。

a.1歳で動詞を理解できない。 

b.2歳で有意語が出ない。 

c.3歳で2語文が出ない。 

d.4歳で会話ができない。 

e.5歳で文字が読めない。

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<4>

第137問幼児の検査で最も簡便なのはどれか。

  1. 新版K式発達検査
  2. 遠城寺式乳幼児分析的発達検査表
  3. 乳幼児精神発達質問紙
  4. 田中ビネー知能検査
  5. WPPSI知能検査法
解答<2>

第138問生活年齢が4歳4ヶ月、精神年齢が2歳7ヶ月の子どもの知的障害の重症度はどれか

  1. 最重度
  2. 重 度
  3. 中 度
  4. 軽 度
  5. 正 常
解答<4>

第139問K-ABCの継次処理尺度はどれか。

a.手の動作

b.数唱

c.語の配列

d.顔さがし

e.魔法の窓

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<1>

第140問誤っている組み合せはどれか。

  1. WISC-III  ーー  動作性と言語性
  2. PVT  ーー  表現語彙と理解語彙
  3. ITPA  ーー  表象水準と自動水準
  4. <S-S法>  ーー  言語記号と基礎的プロセス
  5. INREAL  ーー  意味と語用
解答<2>

第141問特異的言語発達障害児の特徴はどれか。

a.指示に従えない。

b.エコラリアが多い。

c.身振りの使用が多い。

d.語彙と文法形態素とがうまく使えない。

e.言語の使用が特異である。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<4>

第142問理解、表現とも2語文レベルの4歳児への指導、訓練で優先順位の高いのはどれか。

a.文字

b.語彙

c.統語

d.会話

e.音韻

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<3>

第143問5歳児の高機能自閉症児の指導で誤っているのはどれか。

  1. 指導内容と順番とを文字で示す。
  2. 表出課題より、相手の話を聞く理解課題を多く行う。
  3. 状況絵などを用いて現前事象の質問応答課題を行う。
  4. カテゴリー分類などによって概念を拡大する。
  5. 興味を広げるために部屋に多くの玩具を置いておく。
解答<5>

第144問知的障害の発語訓練・指導について正しいのはどれか。

a.語の理解や音節数に配慮して聴覚的弁別を行う。

b.4歳半程度の言語発達水準に達したら開始する。

c.取り上げる音声の単位は単語である。

d.表現・会話の機会を多くする。

e.視覚的な手がかりを利用する。

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<3>

第145問原始反射はどれか。

a.パラシュート反応

b.立ち直り反射

c.非対称性緊張性頸反射

d.モロー反射

e.平衡反応

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<4>

第146問平仮名を読めない小学2年生への指導開始前の検査で重要でないのはどれか。

  1. 平仮名の文字弁別検査
  2. WISC-III知能検査
  3. 平仮名の模写検査
  4. 単語の逆唱検査
  5. 単語の呼称検査
解答<4>

第147問直接的アプローチを重視する指導法はどれか。

a.INREAL

b.〈S-S法〉

c.マカトン法

d.TEACCH

e.ポーテージプログラム

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<1>

第148問深呼吸時に活動が増強する筋はどれか。

  1. 甲状披裂筋
  2. 外側輪状披裂筋
  3. 後輪状披裂筋
  4. 甲状咽頭筋
  5. 輪状咽頭筋
解答<3>

第149問正しいのはどれか。

  1. 両側喉頭麻痺では失声となる。
  2. 声帯結節は保存的治療では治らない。
  3. 痙攣性発声障害は自然治癒が期待できる。
  4. 声帯溝症では最長発声持続時間が短縮する。
  5. 小児嗄声は女児に多い。
解答<4>

第150問正しいのはどれか。

  1. 正常者の母音持続発声時の平均呼気流率は300ml/秒前後である。
  2. 最長発声持続時間が5秒以上であれば日常会話に支障がない。
  3. ストロボスコープを用いると実際の声帯振動を観察できる。
  4. 正常者では声帯振動1周期に声門閉鎖がみられる。
  5. 電気グロトグラフィで声帯振動の周期が分かる。
解答<4>

問1~問50 │ 問51~問100 │ 問101~問150 │ 問151~問200

第151問声の検査について正しいのはどれか。

  1. 声域の検査では地声の発声を促す。
  2. APQは周波数の揺らぎを表す尺度である。
  3. 喉詰め発声では呼気流率が高い。
  4. 最長発声持続時間の検査では無声区間は含めない。
  5. GRBAS評価は5段階で評価する。
解答<4>

第152問音声外科の対象とならないのはどれか。

  1. 声帯ポリープ
  2. 一側性喉頭麻痺
  3. 本態性音声振戦
  4. 声帯溝症
  5. ポリープ様声帯
解答<3>

第153問声質の改善を主な目的としないのはどれか。

  1. 硬起声
  2. ハミング発声
  3. Kayser-Gutzmann法
  4. あくび・ため息法
  5. プッシング法
解答<3>

第154問喉頭摘出者について正しいのはどれか。

  1. 食道音声の音源は胸部食道の粘膜である。
  2. 食道音声に熟練すると痰を出しやすくなる。
  3. シャント発声は食道音声の障害になる。
  4. 健常者と同じように構音できる。
  5. 便秘しやすくなる。
解答<5>

第155問食道音声の訓練について正しいのはどれか。

  1. 注入法より吸引法の方が一回の空気摂取量が多い。
  2. 声を大きくするには呼気圧の上昇が有効である。
  3. 「おはよう」より「おやすみ」の方が発声しにくい。
  4. 訓練初期には口腔囁語を併用する。
  5. 訓練中は電気式人工喉頭を使用しない。
解答<1>

第156問鼻咽腔閉鎖機能検査でないのはどれか。

a.ブローイング検査

b.鼻咽腔ファイバースコピー

c.鼻腔通気度検査

d.パラトグラフィ

e.鼻息鏡検査

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<4>

第157問幼児の構音の評価について正しいのはどれか。

  1. 単語検査は復唱で行う。
  2. 単語検査では発話明瞭度も評価する。
  3. 構音検査には客観的な評価基準がある。
  4. 単音節復唱検査では被刺激性の有無が確認できる。
  5. 検査時より録音音声の方が正確に評価できる。
解答<4>

第158問機能性構音障害をきたす要因と考えられるのはどれか。

a.音韻発達の障害

b.語音弁別能力の低下

c.知的発達の遅れ

d.鼻咽腔閉鎖機能不全

e.構音器官の運動障害

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<1>

第159問/s/が/h/に置換している5歳児の初診時の対応で適切なのはどれか。

a.6歳になってから再来するように指示する。

b.口腔器官の視診を行う。

c.聴覚検査を行う。

d.内視鏡検査を依頼する。

e.仮名文字を教える

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<3>

第160問声門破裂音の構音訓練で正しいのはどれか。

a.構音点が喉頭から遠い音から訓練を始める。

b.鼻咽腔機能不全があると効果が上がりにくい。c.文章の訓練では音を一つ一つはっきりと構音させる。

d./t、d/の訓練では舌の脱力を誘導する必要がある。

e.二重構音が存在する場合、喉頭の過緊張を除去する必要がある。

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<4>

第161問誤っているのはどれか。

  1. 巨舌症では歯音と歯茎音とが歯間音化する。
  2. 小舌症では舌尖音の産生が困難になる。
  3. 軽度舌小帯短縮症も外科的治療の適応となる。
  4. 舌癌の術後構音障害には再建材料が影響する。
  5. 粘膜下口蓋裂では、硬口蓋後端の骨欠損を触知する。
解答<3>

第162問鼻咽腔閉鎖不全にみられないのはどれか。

a.最長発声持続時間の短縮

b.嚥下時の咽頭圧の低下

c.開鼻声

d.飲食物の鼻腔流入

e.側音化構音

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<2>

第163問重症筋無力症にみられるのはどれか。

a.音節の繰り返し

b.声の大きさの不規則な乱れ

c.母音の無声化

d.湿性嗄声

e.開鼻声

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<5>

第164問誤っている組み合せはどれか。

  1. 球麻痺   ーー   弛緩性麻痺性構音障害
  2. 偽性球麻痺   ーー   失調性構音障害
  3. パーキンソン病   ーー   運動低下性構音障害
  4. ジストニア   ーー   運動過多性構音障害
  5. 筋萎縮性側索硬化症   ーー   混合性構音障害
解答<2>

第165問正しい組み合せはどれか。

  1. 舌前2/3の味覚   ーー   舌咽神経
  2. 喉頭蓋喉頭面の知覚   ーー   上喉頭神経
  3. 舌の挺出   ーー   舌神経
  4. 軟口蓋の挙上   ーー  三叉神経
  5. 喉頭の挙上   ーー   迷走神経
解答<2>

第166問重度運動障害性構音障害患者が使用するAACで適切でないのはどれか。

a.文字盤

b.VOCA

c.意志伝達装置

d.電気式人工喉頭

e.パラタルリフト

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<5>

第167問嚥下咽頭期について正しいのはどれか。

  1. 呼吸が約0.2秒間停止する。
  2. 要する時間は0.5秒以下である。
  3. 終了直後に吸気が始まる。
  4. 甲状咽頭筋が弛緩する。
  5. 喉頭が1/2椎体分挙上する。
解答<2>

第168問加齢による嚥下障害の原因でないのはどれか。

a.唾液分泌低下

b.咽頭の知覚低下

c.喉頭下垂

d.循環機能の低下

e.嗅覚の低下

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<5>

第169問誤嚥を示唆しないのはどれか。

  1. 食後の咳込み
  2. 体重減少
  3. 肺炎の既往
  4. 流涎
  5. 胸やけ
解答<5>

第170問喉頭挙上期誤嚥の検出に有効なのはどれか。

  1. 下咽頭食道造影
  2. 喉頭ファイバースコピー
  3. 嚥下圧検査
  4. 喉頭筋電図検査
  5. 超音波断層法
解答<1>

第171問嚥下口腔期に咽頭流入がある患者に適切な指導法はどれか。

a.軟口蓋音の構音訓練

b.ブローイング

c.舌突出嚥下

d.体幹後傾位

e.一口量の減量

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<2>

第172問喉頭挙上不全によって咽頭残留を生じている患者に適切な摂食訓練法はどれか。

a.息止め嚥下

b.バルン・ストレッチ法

c.メンデルゾーン法

d.複数回嚥下

e.顎引き嚥下

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<5>

第173問誤嚥に対する手術でないのはどれか。

  1. 咽頭弁形成術
  2. 輪状咽頭筋切除術
  3. 喉頭挙上術
  4. 喉頭気管分離術
  5. 喉頭全摘出術
解答<1>

第174問小児の吃音症状で正しいのはどれか。

a.随伴症状は学童期以降に出現する。

b.場面による差は成人より少ない。

c.初期に多発するのは音の繰り返しである。

d.軽度の場合は直接的な発話訓練は行わない。

e.消失後は年に一回の経過観察を行う。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<4>

第175問吃音について誤っているのはどれか。

a.思春期以降でも発症する。

b.回避行動によって見掛け上の吃頻度の低下が起こる。

c.発話訓練と心理療法とを併用するのは有効である。

d.音節の引き伸ばしは渋面を伴う。

e.遅延聴覚反応を使用すると発話速度が上がる。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<5>

第176問適切な組み合せはどれか。

a.早口症   ーー   発話に対する不安の存在

b.Tourette症候群   ーー   ドパミン減少

c.症候性吃音   ーー   適応効果が低い

d.パーキンソン病   ーー   加速現象

e.発語失行   ーー   自己修正

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<5>

第177問ピープショウ検査について正しいのはどれか。

  1. 3歳以上の幼児は適応となる。
  2. 両耳聴の検査である。
  3. 光刺激を先行させる。
  4. 情緒障害の発見に役立つ。
  5. 音は受話器を用いないで聞かせる。
解答<1>

第178問f1が2000Hz、f2が2400Hzの場合の歪成分耳音響放射の周波数はどれか。

  1. 1000Hz
  2. 1,200Hz
  3. 1,400Hz
  4. 1,600Hz
  5. 1,800Hz
解答<4>

第179問感音難聴の原因遺伝子でないのはどれか。

  1. GJB2(Cx26)
  2. PAX3
  3. OTOF
  4. PDS
  5. PLP
解答<5>

第180問先天性高度難聴児で定頸や独立歩行が遅れる原因はどれか。

  1. 半規管・耳石器障害
  2. 前庭神経障害
  3. 前庭神経核障害
  4. 小脳障害
  5. 大脳基底核障害
解答<1>

第181問乳児の聴性反応でないのはどれか。

  1. 驚愕反応
  2. 傾聴反応
  3. 詮索反応
  4. 連合反応
  5. 定位反応
解答<4>

第182問0歳代の高度難聴児の学習・指導方法で適切でないのはどれか。

  1. 共感的模倣
  2. 感覚運動的学習
  3. 共同注視的学習
  4. 習慣的学習
  5. 習慣的学習
解答<4>

第183問系列的な聴覚スキルアプローチの順序で正しいのはどれか。

  1. 検出→弁別→識別→理解
  2. 検出→識別→弁別→理解
  3. 弁別→検出→識別→理解
  4. 弁別→識別→検出→理解
  5. 識別→検出→弁別→理解
解答<1>

第184問SISIの検査音の音圧増強分で正しいのはどれか。

  1. 1dB
  2. 2dB
  3. 3dB
  4. 4dB
  5. 5dB
解答<1>

第185問推奨されている純音聴力検査法で最初に提示する検査音はどれか。

  1. 125Hz
  2. 500Hz
  3. 1000Hz
  4. 2000Hz
  5. 4000Hz
解答<3>

第186問自記オージオメトリについて正しいのはどれか。

  1. 音を被検者聞かせながら閾値を自動的に測定できる。
  2. 音が聞こえている間はスイッチを押さない。
  3. 鋸歯状波形振幅は中枢障害の判定に参考となる。
  4. 測定波形の振幅が3dB以内は脳幹レベルの障害である。
  5. 一過性閾値上昇は記録できない。
解答<1>

第187問骨導聴力検査で最も閾値が低いのはどれか。

  1. 前額正中部
  2. 同側乳突部
  3. 下顎骨正中部
  4. 同側頬骨弓
  5. 後頭正中部
解答<2>

第188問インピーダンスオージオメトリについて正しいのはどれか。

  1. 耳漏があっても疼痛がなければ検査を行う。
  2. 外耳道入口部を見て適当な大きさの耳栓を選ぶ。
  3. 音が聞こえたら速やかに応答するように説明する。
  4. 検査中、一定間隔で嚥下運動をするよう説明する。
  5. 検査中、圧迫感があったら手を上げるように説明する。
解答<2>

第189問聴性誘発反応検査について正しい組み合せはどれか。

  1. 蝸電図   ーー   非検耳のマスキングは必要ない。
  2. 聴性脳幹反応   ーー   潜時30msec以上に認められる。
  3. 聴性中間反応   ーー   睡眠時に安定した反応が記録できる。
  4. 聴性頭頂部緩反応   ーー   音刺激以外の入力では記録できない。
  5. 聴性筋原性反応   ーー   10~30dBの音刺激で出現しやすい。
解答<1>

第190問抗がん剤で感音難聴を生じるのはどれか。

  1. 5FU
  2. ビンクリスチン
  3. ブレオマイシン
  4. マイトマイシン
  5. シスプラチン
解答<5>

第191問詐聴症例で異常所見がみられるのはどれか。

  1. 語音聴力検査
  2. 耳小骨筋反射
  3. 聴性脳幹反応
  4. 蝸電図
  5. 耳音響放射
解答<1>

第192問中途失聴者について適切でない組み合せはどれか。

a.ショック期   ーー   臨床的カウンセリングの提供

b.諦観期   ーー   新たなコミュニケーション手段の導入

c.再適応への萌芽期   ーー   指導者との心理的交流の促進

d.再適応への努力期   ーー   新たなコミュニケーション手段の習熟の支援

e.最適応期   ーー   社会活動に必要な資源や情報の提供

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<3>

第193問読話に影響を及ぼす要因でないのはどれか。

  1. 表情
  2. 身ぶり
  3. アクセント
  4. 構音運動
  5. 声の大きさ
解答<3>

第194問身体障害者福祉法に規定される両耳の平均聴力レベルで6級に該当するはどれか。

  1. 50dB
  2. 60dB
  3. 70dB
  4. 80dB
  5. 90dB
解答<3>

第195問補聴器の装用で正しいのはどれか。

a.聴力レベルの程度に関係なくデジタル方式がよい。

b.両側性難聴ではデジタル方式がよい。

c.良聴耳の平均聴力レベルが40dB程度では適応となる。

d.本人が使用しやすいタイプから試す。

e.試用は3日以内とする。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<4>

第196問術後の耳型採型で印象剤が取れなくなることがあるのはどれか。

  1. 鼓室形成術
  2. アブミ骨手術
  3. 外耳道形成術
  4. 中耳奇形手術
  5. 中耳根治手術
解答<5>

第197問人工内耳埋込術の適応を考えるのはどれか。

  1. 補聴器を用いて言葉を聞き取れない高度難聴者
  2. プロモントリーテストで聴神経に異常が認められる者
  3. 両耳の平均聴力レベルが70dBの小児
  4. 語音弁別能が両耳共40%に満たない者
  5. 聴性誘発反応検査で無反応の者
解答<1>

第198問人工内耳埋込術の適応でないのはどれか。

  1. 髄膜炎に伴う難聴
  2. 梅毒性迷路炎に伴う難聴
  3. アミノグルコシド系薬剤による難聴
  4. Auditory Neuropathy
  5. 神経線維腫瘍
解答<5>

第199問先天性全盲ろう児に導入するコミュニケーション・モードはどれか。

  1. ローマ字式指文字触読
  2. キュードスピーチ
  3. 50音式指文字触読
  4. タドマ法
  5. 指点字
解答<5>

第200問発症直後の後天性盲ろう者に導入するコミュニケーション・モードはどれか。

  1. 空書
  2. 指文字
  3. 指点字
  4. 手話触読
  5. 手書き文字
解答<5>

inserted by FC2 system