ナビ式言語聴覚士国家試験対策室

第5回 言語聴覚士国家試験過去問

問1~問50 │ 問51~問100 │ 問101~問150 │ 問151~問200

第1問日常診療の場で推奨されないのはどれですか。

  1. 患者との共同作業
  2. 患者の自己決定権
  3. 患者の自己選択権
  4. インフォームドコンセント
  5. パターナリズム
解答例<5>

第2問正しいのはどれか。

  1. 環境的要因をシミレーションして検討を行うのは臨床疫学である。
  2. 病態を対象として検討を行うのは理論疫学である。
  3. 疫学は結論に関与する要因の究明に役立つ。
  4. 因果関係の推定に最も強い根拠となるのは分析疫学の後向き研究である。
  5. コホート研究はまれな疾患が調査可能な介入研究である。
解答例<3>

第3問顔面の表在感覚を支配しているのはどれか。

  1. 第V脳神経
  2. 第VII脳神経
  3. 第IX脳神経
  4. 第X脳神経
  5. 第XII脳神経
解答例<1>

第4問聴覚の伝達経路に含まれないのはどれか。

  1. 内側膝状体
  2. 下丘
  3. 内側毛帯
  4. 上オリーブ核
  5. 蝸牛神経核
解答例<3>

第5問外胚葉から発生するのはどれか。

  1. 神経系
  2. 骨・軟骨系
  3. 筋肉系
  4. 血液・リンパ系
  5. 甲状腺
解答例<1>

第6問基本味に含まれないのはどれか。

  1. 酸味
  2. 塩味
  3. 苦味
  4. 辛味
  5. 甘味
解答例<4>

第7問横隔膜について誤っているのはどれか。

  1. 胸腔と腹腔との境界にある。
  2. 下部肋骨、胸骨下端、脊椎から起始する。
  3. 筋線維は中央の腱部に集合し、上方に凸のドーム状となる。
  4. 吸息時にドームは下降する。
  5. 平滑筋である。
解答例<5>

第8問伴性劣性遺伝する疾病はどれか。

  1. フェニールケトン尿症
  2. Duchenne型筋ジストロフィー
  3. ゴーシュ病
  4. ダウン症
  5. ポンペ病
解答例<2>

第9問抗体を産生するのはどれか。

  1. マクロファージ
  2. 好酸球
  3. 好中球
  4. 形質細胞
  5. Tリンパ球
解答例<4>

第10問巨赤芽球性貧血の原因はどれか。

  1. 鉄欠乏
  2. ビタミンB12欠乏
  3. 慢性腎不全
  4. 消化管出血
  5. 月経過多
解答例<2>

第11問甲状腺機能亢進症で出現しない症状はどれか。

  1. 貧脈
  2. やせ
  3. 便秘
  4. 発汗
  5. 振戦
解答例<3>

第12問正しいのはどれか。 

a.在胎32週の分娩は満期産である。 

b.在胎43週の分娩は過期産である。 

c.正常新生児の体重は約3kgである。 

d.正常新生児の身長は約50cmである。 

e.正常新生児の頭位は約25cmである。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例< >

第13問3歳児について誤っているのはどれか。

  1. コップから水を飲める。
  2. 簡単な手伝いができる。
  3. 2語文が話せる。
  4. 階段を昇ることができる。
  5. 縄跳びができる。
解答例<5>

第14問意識消失発作の診断に必要な検査はどれか。

a.脳波 

b.筋電図 

c.体性感覚誘導電位 

d.頭部MRI 

e.血糖値

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答例<3>

第15問パーキンソン病について誤っているのはどれか。

  1. 日本での有病率は10万対100前後である。
  2. 高齢になるほど有病率は高くなる。
  3. 振戦、筋強剛、無動、姿勢反射障害を四代徴候という。
  4. エルドーパ、ドーパミン受容体作動薬が主な治療薬である。
  5. 特定疾患認定を受けられるのはHoehn&Yahr分類II度以上である。
解答例<5>

第16問DSM-Ⅳの身体表現性障害でないのはどれか。

  1. 身体化障害
  2. 転換性障害
  3. 乖離性障害
  4. 疼痛性障害
  5. 身体醜形性障害
解答例<3>

第17問統合失調症(精神分裂病)について誤っているのはどれか。

  1. 有病率は0.1%である。
  2. 破瓜型は自閉傾向を主症状とする。
  3. 妄想型は妄想を主症状とする。
  4. 緊張型は精神運動障害を主症状とする。
  5. 治療は薬物療法を主とする。
解答例<1>

第18問神経症でないのはどれか。

  1. 心気症
  2. 恐怖症
  3. 離人症
  4. 心身症
  5. ヒステリー
解答例<4>

第19問自閉症について正しいのはどれか。

a.運動発達が遅れる。

b.言語発達が遅れる。

c.マークを覚えるのが得意である。

d.ひもなどに愛着を示す。

e.難聴がある。

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答例<4>

第20問自己記入方式評価法はどれか。

  1. WAIS
  2. Barthel Index
  3. SDS
  4. MMSE
  5. HDS
解答例<3>

第21問誤っているのはどれか。

  1. 脳損傷の原因疾患では脳血管障害が高率にみられる。
  2. 小児の筋ジストロフィーではDuchenne型が多くを占める。
  3. パーキンソン病は神経変性疾患である。
  4. 筋萎縮性側索硬化症の四肢筋の萎縮は近位から始まる。
  5. 外傷性脊髄損傷では膀胱直腸障害をきたす。
解答例<4>

第22問アレルギー性鼻炎で正しいのはどれか。

  1. 特異的ige抗体が陽性
  2. 血中好中球の増加
  3. 鼻孔粘膜の発赤腫脹
  4. 粘膿性の鼻汁
  5. 副鼻腔炎との合併が高頻度
解答例<1>

第23問術後性上顎膿胞で正しいのはどれか。

  1. 手術後3年以内に出現する。
  2. 膿胞内に血液が貯留する。
  3. 骨破壊をきたす。
  4. 鼻出血を伴う。
  5. 顔面神経麻痺を伴う。
解答例<3>

第24問正しいのはどれか。

  1. 頭部外傷は嗅覚障害の原因になる。
  2. 鼻中隔弯曲症では鼻内の乾燥を伴なう。
  3. 慢性副鼻腔炎は前頭洞に頻発する。
  4. 口蓋扁桃肥大は滲出性中耳炎の原因になる。
  5. 静脈性嗅覚検査法としてステロイドを用いる。
解答例<1>

第25問誤っている組み合わせはどれか。

  1. メニエール病  ーー  左右側方注視眼振
  2. 良性発作性頭位めまい症  ーー  回旋性眼振
  3. 聴神経腫瘍  ーー  めまい
  4. ハント症候群  ーー  水疱形成
  5. 上咽頭腫瘍  ーー  滲出性中耳炎
解答例<1>

第26問遺伝性疾患はどれか。

a.歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症

b.ジョセフ病

c.多発性硬化症

d.シャイ・ドレーガー症候群

e.フリードライヒ病

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答例<2>

第27問誤っている組み合わせはどれか。

  1. クロイツフェルト-ヤコブ病  ーー  プリオン
  2. エイズ脳症  ーー  hiv
  3. クリプトコックス髄膜炎  ーー  真菌
  4. 進行性麻痺  ーー  スピロヘータ
  5. 進行性多巣性白質脳症  ーー  ヘルペスウィルス
解答例<5>

第28問誤っている組み合わせはどれか。

  1. 大脳皮質  ーー  脳梗塞
  2. 内包  ーー  脳挫傷
  3. 脳幹  ーー  多発性硬化症
  4. 脊髄  ーー  椎間板ヘルニア
  5. 神経筋接合部   ーー  重症筋無力症
解答例<2>

第29問口蓋裂手術の目的でないのはどれか。

  1. 鼻咽腔閉鎖機能の獲得
  2. 口蓋筋群の再建
  3. 経口摂取の改善
  4. 軟口蓋の良好な動き
  5. 口輪筋の再建
解答例<5>

第30問鼻咽腔閉鎖機能不全に対して用いられるのはどれか。

a.hotz床

b.瘻孔閉鎖床

c.パラタルリフト

d.スピーチエイド

e.舌側弧線装置

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<4>

第31問口唇顎口蓋裂患者に多くみられるのはどれか。
a.上顎前突
b.歯丘の叢生
c.交叉咬合
d.下顎前突
e.開咬

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答例<5>

第32問口腔の構造について正しいのはどれか。

  1. 歯のセメント質は上部歯髄腔に付着する。
  2. 歯根膜は歯と顎骨とも結合する歯周組織である。
  3. 口蓋粘膜は粘膜下層を有する。
  4. 咬筋は開口筋である。
  5. 舌骨には閉口筋が付着する。
解答例<2>

第33問下顎前突疾患者で異常を示す構音はどれか。

a.両唇音

b.歯音

c.硬口蓋音

d.軟口蓋音

e.咽頭音

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<3>

第34問義歯の不良で生じないのはどれか

  1. 開鼻声
  2. 口蓋化構音
  3. 歯音の異常
  4. 軟口蓋音の異常
  5. 両唇音の異常
解答例<1>

第35問正しいのはどれか。

a.成人の1日の唾液分泌量は約300mlである。

b.全唾液の約60%が舌下腺から分泌される。

c.耳下腺管は咬筋の内側を通って臼歯部に開口する。

d.唾石は耳下腺より顎下腺に多くできる。

e.唾液分泌量の減少はう蝕の原因となる。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<5>

第36問内耳について誤っているのはどれか。

  1. 迷路とも呼ばれる。
  2. 蝸牛、半規管、耳石器がある。
  3. 生後3ヶ月で完成する。
  4. 内・外リンパで満たされている。
  5. 音、温度、身体の回転で刺激される。
解答例<3>

第37問正しいのはどれか。

  1. 耳介は集音装置としての働きが大きい。
  2. 鼓膜が穿孔してもインピーダンス整合には支障はない。
  3. 中耳の音圧増強作用には耳小骨の重量差が関係する。
  4. 蝸牛有毛細胞は機械的エネルギーを電気的エネルギーに変える。
  5. 音の感覚の認知は脳幹で行われる。
解答例<4>

第38問誤っているのはどれか。

  1. 純音聴力検査では気導と骨導とを測る。
  2. 気導閾値は○と×とで記入する。
  3. 感音性障害では気導閾値と骨導閾値とが同程度上昇する。
  4. 伝音性障害では気骨導差が見られる。
  5. 混合性障害では気導閾値に比べ骨導閾値の上昇が大きい。
解答例<5>

第39問鼓膜の穿孔について誤っているのはどれか。

  1. 振動面積が小さくなる。
  2. 蝸牛層への相殺作用が起こる。
  3. 全欠損では約40dBの難聴となる。
  4. 伝音性障害が起こる。
  5. 補充現象が陽性になる。
解答例<5>

第40問大脳辺縁系に属するのはどれか。

a.黒質

b.小脳扁桃

c.海馬

d.帯状回

e.扁桃体

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答例<5>

第41問脳脊髄液を産出するのはどれか。

  1. アストロサイト
  2. 上衣細胞
  3. シュワン細胞
  4. 脈絡叢
  5. オリゴデンドロログリア
解答例<4>

第42問人の錐体路について正しいのはどれか。

  1. 一次運動野に由来する。
  2. 中脳で左右が交差する。
  3. 腰髄までは達していない。
  4. 脊髄後索内に存在する。
  5. 顔面筋の随意運動を支配する。
解答例<1>

第43問神経伝達物質でないのはどれか。

a.アドレナリン

b.インスリン

c.セロトニン

d.ドーパミン

e.ノルアドレナリン

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例< >

第44問正しいのはどれか。

  1. 声帯の層構造は胎生後期に完成する。
  2. 声道の長さは思春期に最大となる。
  3. 男子では変声期に甲状軟骨下縁が突出する。
  4. 女性では閉経後声域上限が低下する。
  5. 変声は第一次性徴の一つである。
解答例<4>

第45問間接喉頭鏡検査で被験者に「エー」と発声させる目的はどれか。

  1. 絞扼反射の抑制
  2. 咽頭腔の拡大
  3. 咽頭の挙上
  4. 舌根の後退
  5. 声帯の伸長
解答例<2>

第46問正しいのはどれか。

  1. 喉頭蓋谷の前壁は喉頭蓋舌面である。
  2. 梨状陥凹の底部は喉頭室につながる。
  3. 輪状甲状筋は食道入口部閉鎖機能を持つ。
  4. 仮声帯の最後部は声門下腔にある。
  5. 声帯突起は披裂軟骨の一部である。
解答例<5>

第47問開鼻声をきたすのはどれか。

  1. 両側口蓋帆張筋麻痺
  2. 純口蓋垂裂
  3. 粘膜下口蓋裂
  4. 両側後鼻孔閉鎖
  5. アデノイド増殖
解答例<3>

第48問適切でない組み合わせはどれか。

  1. 暗所視  ーー   色彩識別機能
  2. ウェーバー比  ーー   相対弁別閾
  3. 共通運命の要因  ーー   プレグナンツ
  4. 相対的位置  ーー   奥行き知覚
  5. 自己受容感覚  ーー   身体運動
解答例<1>

第49問正しいのはどれか。

  1. 仮現運動の感覚体験は身体運動の際生じる。
  2. 多義図形では図と地との反転現象が生じる。
  3. 陰性残像では刺激光と同色の残像が生じる。
  4. 主観的輪郭の視覚体験は幻覚時に生じる。
  5. 視覚マスキングは2刺激継時提示では生じない。
解答例<2>

第50問適切でない組み合わせはどれか。

  1. 新近効果  ーー   短期記憶
  2. プライミング  ーー   潜在記憶
  3. 情報の精緻化  ーー   長期記憶
  4. 一般的知識  ーー   意味記憶
  5. アクションリサーチ  ーー   作動記憶
解答例<5>

問1~問50 │ 問51~問100 │ 問101~問150 │ 問151~問200

第51問思考過程について誤っているのはどれか。

  1. 試行錯誤による解決は問題解決の初期段階で生じる。
  2. 回り道による解決には認知の再体制化が必要である。
  3. 成人では非逆転学習より逆転学習の方が困難である。
  4. 習慣的構えによって問題解決の可逆性が低下する。
  5. 心的回転課題の問題解決にはイメージが利用される。
解答例<3>

第52問適切でない組合わせはどれか。

  1. 潜在学習  ーー   潜在意識
  2. 忘却曲線  ーー   節約率
  3. 等価反応  ーー   初歩的概念
  4. 情報の記銘  ーー   符号化
  5. 図式(スキーマ)  ーー   文脈効果
解答例<1>

第53問被験者にとって次に提示される刺激が予知できない測定法はどれか。

  1. 調整法
  2. 恒常法
  3. 極限法
  4. 適応法
  5. 等現間隔法
解答例<2>

第54問正しい組み合わせはどれか。

  1. 間隔尺度の構成  ーー   極限法
  2. 比率尺度の構成  ーー   順位法
  3. 情緒的意味の測定  ーー   Semantic Differential(SD)法
  4. 刺激閾値の測定  ーー   Magnitude Production(MP)法
  5. 名義尺度の構成  ーー   調整法
解答例<3>

第55問誤っているのはどれか。

  1. 社会調査では質問の順序が結果に影響する。
  2. 社会調査ではサンプルの数が多いほど正確な結果が得られる。
  3. 反応バイアスを避けるため賛成方向と反対方向との質問項目を用意する。
  4. 多次元尺度法を社会調査に用いることができる。
  5. 質問紙に評定尺度を用いた場合、平均値、標準偏差を算出できる。
解答例<5>

第56問誤っているのはどれか。

  1. 名義尺度上の測定値にX 2検定に適用できる。
  2. 序数尺度上の測定値から中央値を求めることができる。
  3. 間隔尺度上の測定値から平均値、標準偏差を求めることができる。
  4. 序数尺度上の測定値にt検定を適用できる。
  5. 比率尺度上の測定値では四則演算が可能である。
解答例<4>

第57問テストについて誤っているのはどれか。

  1. 内容妥当性が高ければ表面的妥当性は低くてもよい。
  2. 基準関連妥当性の側度として外部基準との相関係数を用いることができる。
  3. 妥当性の高いテストは信頼性も高い。
  4. 構成概念妥当性とは測定対象の概念について適切に測定しているか否かを示す指標をいう。
  5. 構成概念妥当性を示すのに因子負荷量を用いることができる。
解答例<1>

第58問実験計画法に関係ないのはどれか。

  1. ラテン方格法
  2. 水準
  3. 分散分析法
  4. 一元配置法
  5. 原点
解答例<5>

第59問人格検査でないのはどれか。

  1. MMPI
  2. WCST
  3. EPPS
  4. SCT
  5. TAT
解答例<2>

第60問正しいのはどれか。

  1. Wolpe  ーー   サイコドラマ
  2. ADLer  ーー   認知行動療法
  3. Kanner  ーー   老年精神医学
  4. Maslow  ーー   人間性心理学
  5. Erikson  ーー   現象学的心理学
解答例<4>

第61問正しいのはどれか。

  1. 田中・ビネー式知能検査では精神年齢修正表を用いる。
  2. SCTでは被験者に物語を完成させる。
  3. 投影法では被験者の反応の自由度が低い。
  4. ウェクスラー式知能検査では知能偏差値を求める。
  5. Y-Gテストでは20個の性格特性を測定できる。
解答例<4>

第62問行動療法の技法で正しいのはどれか。

a.暴露法

b.抵抗分析

c.共感的理解

d.自由連想法

e.自律訓練法

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<2>

第63問うつ病の症状でないのはどれか。

  1. 早朝覚醒
  2. 食欲減退
  3. 思考制止
  4. 心気症
  5. 常道行動
解答例<5>

第64問正しい組み合わせはどれか。

  1. Lewin  ーー   臨床心理学
  2. Pavlov  ーー   条件反射
  3. Piaget  ーー   老年学
  4. Vygotsky  ーー   学力検査
  5. Gibson,E.J.  ーー   知能検査
解答例<2>

第65問誤っている組み合わせはどれか。

  1. 乳児期  ーー   基本的信頼
  2. 幼児期  ーー   第一反抗期
  3. 学童期(6~15歳)  ーー   ギャング・エイジ
  4. 青年期(16~19歳)  ーー   自我の芽生え
  5. 成人期  ーー   社会的責任
解答例<4>

第66問誤っているのはどれか。

  1. 高齢者の記憶力は訓練によって改善される。
  2. 高齢者でも自己は重要な働きをする。
  3. 70歳を過ぎても発達する知的能力がある。
  4. 高齢者では人間関係への関心が減少する。
  5. 社会的知能は加齢に伴って進歩する。
解答例<4>

第67問正しい組み合わせはどれか。

  1. Alport  ーー   夢判断
  2. Bowlby  ーー   自己同一性
  3. Hull  ーー   自己受容
  4. Kretschmer  ーー   性格類型
  5. Wertheimer  ーー   比較行動
解答例<4>

第68問正しいのはどれか。

  1. 両眼立体視の機能は生後徐々に発達していく。
  2. 自己鏡映像認知は生後1ヶ月以内に成立する。
  3. 音声弁別能力は発話開始と同時に発言する。
  4. 保存の概念は前操作期までには形成されない。
  5. 対象物永続性の概念は児童期になって成立する。
解答例< >

第69問知覚・認知発達について適切な組合わせはどれか。

  1. 新生児模倣(共鳴動作)  ーー   象徴機能
  2. 遅延反応  ーー   反応時間
  3. 感覚運動的知能  ーー   脱中心化
  4. 幼児期健忘  ーー   発達障害
  5. 刷り込み  ーー   初期学習
解答例<5>

第70問パラトグラムで構音点が観察できる子音はどれか。

a.両唇音

b.歯茎音

c.側面音

d.軟口蓋音

e.声門音

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<3>

第71問破裂音でない国際音声字母はどれか。

  1. [b]
  2. [v]
  3. [g]
  4. [q]
  5. [c]
解答例<2>

第72問日本語の子音音素でないのはどれか。

  1. 無声歯茎音
  2. 無声声門音
  3. 無声接近音
  4. 有声口蓋化音
  5. 有声鼻音
解答例<3>

第73問日本語に生じる副次構音はどれか。

a.母音の声門化

b.母音の軟口蓋化

c.母音の無声化

d.子音の円唇化

e.子音の咽頭化

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例< >

第74問日本語(東京方言)の3モーラ名詞のアクセント型の種類で正しいのはどれか。

  1. 1種類
  2. 2種類
  3. 3種類
  4. 4種類
  5. 5種類
解答例<4>

第75問45dB増幅し25dB減衰させると0dBSPLになる音の音圧はどれか。

  1. 90μPa
  2. 70μPa
  3. 40μPa
  4. 20μPa
  5. 2μPa
解答例<5>

第76問連続スペクトルになるのはどれか。

a.トーンバースト

b.純音

c.周期音

d.雑音

e.過渡音

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答例<3>

第77問音声分析におけるサンプリング周波数について正しいのはどれか。

  1. 分析可能な最高周波数に一致する。
  2. 2倍以下の周波数範囲が分析対象となる。
  3. 1/2以下の周波数範囲が分析対象となる。
  4. 1/5以下の周波数範囲が分析対象となる。
  5. 分析可能な周波数範囲に関係がない。
解答例<3>

第78問声門が閉じ唇が開いている長さ17cmの一様な声道の共鳴周波数で正しいのはどれか。

  1. 第1、第2共鳴周波数とも1kHz以下に低下する。
  2. 第1共鳴周波数は300Hz以下、第2共鳴周波数は2kHz以上になる。
  3. 第1共鳴周波数は約500Hzで、その奇数倍の共鳴周波数を持つ。
  4. 第1共鳴周波数は約1kHzで、その偶数倍の共鳴周波数を持つ。
  5. 第1、第2共鳴周波数とも1kHz以上になる。
解答例<3>

第79問鼻腔のような分岐のある声道について正しいのはどれか。

  1. 音波とエネルギーが吸収される周波数がある。
  2. 鼻腔と口腔で共鳴が2倍に増強される。
  3. 鼻腔と口腔で音波が2分され半分に減衰する。
  4. 分岐があっても共鳴特性は変化しない。
  5. 分岐の内部で新たな音波が生成される。
解答例<1>

第80問半母音の音源となるのはどれか。

  1. 構音の速さ
  2. 声帯の振動
  3. 狭めでの摩擦
  4. 狭めでの破裂
  5. 狭めでの破擦
解答例<2>

第81問1kHz、40dBSLの純音の2倍の大きさに聞こえる音はどれか。

  1. 43dBSL
  2. 46dBSL
  3. 50dBSL
  4. 53dBSL
  5. 60dBSL
解答例<3>

第82問1kHz、40dBSLの純音の2倍の高さに聞こえる周波数はどれか。

  1. 約1kHz
  2. 約1.5
  3. 約2
  4. 約3
  5. 約4
解答例<4>

第83問音源に対する水平方向の弁別で正しいのはどれか。

  1. 距離弁別は正面に対して左右45度の方向が最も悪い。
  2. 距離弁別は正面方向が最も悪い。
  3. 距離弁別は正面に対して左右90度の方向が最も悪い。
  4. 方向弁別は正面方向が最も悪い。
  5. 方向弁別は正面に対して左右90度の方向が最もよい。
解答例<2>

第84問音の到達時間差によって音像が移動する現象はどれか。

  1. ハース効果
  2. カクテルパーティー効果
  3. ドプラ効果
  4. ベルヌーイ効果
  5. 音韻修復効果
解答例<1>

第85問日本語の形態素の例で正しいのはどれか。

  1. /s/
  2. 「しろ(白)」の「し」
  3. 「しろ(白)」
  4. 「しろさ(白さ)」
  5. 「しろくま(白熊)」
解答例<3>

第86問言語の二重分節性について正しいのはどれか。

  1. 線条性と階層性との二つの観点からの分節
  2. 音声レベルでの分節と文字レベルでの分節
  3. 音素への分節と音節への分節
  4. 形態素への分節と音素への分節
  5. 統語論と意味論との二つの観点からの分節
解答例<4>

第87問「太郎が花子に指輪を贈る」の「太郎が」「花子に」「指輪を」の役割の区別を表す用語はどれか。

  1. テンス
  2. アスペクト
  3. モダリティー
  4. ヴォイス
解答例<5>

第88問日本語の音素の種類の数として正しいのはどれか。

  1. 5
  2. 約10
  3. 約20
  4. 約50
  5. 約100
解答例<3>

第89問日本語のモーラ(拍)の例で正しいのはどれか。

  1. きゅ
  2. きゅん
  3. きゅっ
  4. きゅう
  5. きゅうん
解答例<1>

第90問言語の変種の例として適切でないのはどれか。

  1. 現代のことばと江戸時代のことば
  2. 若者のことばと老人のことば
  3. 男性のことばと女性のことば
  4. 場面によることばの違い
  5. 地域によることばの違い(方言)
解答例<1>

第91問日本語の2音節語の典型的な音配列はどれか。

  1. VCVC
  2. CVCC
  3. CVVC
  4. CVCV
  5. CCCV
解答例<4>

第92問2歳児が犬だけでなく馬を指して「ワンワン」というのはどれですか。

  1. プロトワード
  2. スクリプト
  3. 脱文脈化
  4. 意味的汎用
  5. 延滞模倣
解答例<4>

第93問語彙が急激に増加し始める時期はどれか。

  1. 新生児期
  2. 感覚運動期
  3. 前操作期
  4. 具合的操作期
  5. 形式的操作期
解答例<2>

第94問正しいのはどれか。

a.地域権利擁護事業の対象者は精神障害者と知的障害者である。

b.市町村地域福祉計画は都道府県地域福祉計画の支援の下に策定される。

c.支援費支給制度は身体障害、知的障害および精神障害の各領域で制度化される。

d.都道府県運営適正化委員会は社会福祉事業の経営適正実施のために設置される。

e.国民健康保険団体連合会は介護保険制度における苦情処理を行う。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<5>

第95問医療保険で正しいのはどれか。

  1. 保険医療機関と保険医の双方指定が保険診療には必要である。
  2. 詐欺または不正な目的で診療を受けても給付は受けられる。
  3. 健康保険は国民健康保険と同じく地域保険である。
  4. 療養の給付は正しくは任意給付と呼ばれる。
  5. 国民健康保険は法定の事業所に使用されている労働者を被保険者とする。
解答例<1>

第96問社会福祉法人の事業運営上で誤っているのはどれか。

  1. 自ら行うサービスについて質の評価を行う。
  2. 提供するサービスの利用にあたって書面交付を行う。
  3. 利用者からの苦情に対してその解決に努めなければならない。
  4. 同一年次に寄付金の募集を行い、共同募金の受配を受ける。
  5. 社会福祉事業外の収益事業を行う。
解答例<4>

第97問精神保健及び精神障害者福祉に関する法律で正しいのはどれか。

  1. 精神作用物質の薬物依存は精神障害者と定義される。
  2. 市及び特別区は精神病院を設置しなければならない。
  3. 保護者には患者に対する自傷他害防止義務がある。
  4. 精神保健指定医5年毎の研修を受けるよう努めなけばならない。
  5. 任意入院の場合でも指定医の診察により48時間に限り担任延期ができる。
解答例<1>

第98問個別援助技術の原則として正しいのはどれか。

a.「個別化」

b.意図的な感情表出

c.積極的な情緒関与

d.葛藤解決の経験

e.援助者の自己活用

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<1>

第99問新たな国際障害分類の説明として誤まっているのはどれか。

  1. 機能障害を「心身機能・構造」とし、否定的側面を「機能障害」という。
  2. 能力障害を「活動」とし、否定的側面を「活動制限」という。
  3. 社会的不利を「参加」とし、否定的側面を「参加制約」という。
  4. 環境因子として212項目設定した。
  5. 人間と環境との関係を相互作用モデルから独立変数モデルに変えた。
解答例<5>

第100問正しいのはどれか。

  1. リハビリテーションに関する立法は第一次世界大戦から数多くなされていた。
  2. アメリカでは1940年代前半に職業リハビリテーション法(スミス・フェス法)が制定された。
  3. 施設中心主義のノーマライゼーションの思想は1960年代に高まった。
  4. 1990年代前半に「障害のあるアメリカ人法(ADA)」が制定された。
  5. 国際連合は1991年から2000年を「国際障害者の10年」と位置づけた。
解答例<4>

問1~問50 │ 問51~問100 │ 問101~問150 │ 問151~問200

第101問誤っている組み合せはどれか。

  1. del`Epee  ーー  聾唖学校の創設
  2. Kanner  ーー  自閉症の概念
  3. Wechsler  ーー  知能検査方の開発
  4. Schuell  ーー  認知神経心理学的モデル
  5. Chomsky  ーー  統語理論
解答例<4>

第102問診断の過程で経過についての情報収集に用いられる方法はどれか。

a.面接 

b.言語検査 

c.行動観察 

d.質問紙 

e.自分史

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答例<3>

第103問呼吸機能の障害と関連する発音の異常がみられるのはどれか。

  1. 脳性麻痺
  2. 失語症
  3. 吃音
  4. 発語失行症
  5. 特異的言語発達障害
解答例<1>

第104問正しい組み合わせはどれか。

a.MEG  ーー   脳磁図検査 

b.VF  ーー   嚥下造影検査

c.ABR  ーー   中耳機能検査 

d.WAB  ーー   構文理解検査

e.GRBAS  ーー   嗄声度の判定

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答例<2>

第105問AACについて正しいのはどれか。

a.視覚系のコミュニケーション手段である。

b.文字を用いるコミュニケーション手段は含まれない。

c.音声による言語表出の可能性が少しでもあれば導入しない。

d.残存能力を最大限に活かしたメッセージ発信の手段である。

e.重度の知的障害者にも有効である。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<5>

第106問言語指導・訓練について正しいのはどれか。

a.先天性の障害と後天性の障害とでは訓練のアプローチが異なる。

b.集団訓練では障害の特性や障害児(者)に合わせた指導ができる。

c.成人では障害された機能や能力の維持訓練が中心となる。

d.小児では障害児への訓練と養育者への指導とを行う。

e.言語指導・訓練は対象児(者)の全体像を考慮して行う。

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答例<3>

第107問言語聴覚士が実施できない行為はどれか。

  1. 心因性障害に対する精神療法
  2. 重症心身障害児の摂食指導
  3. 脳性麻痺児の発声時体位の調整
  4. 痴呆患者のコミュニケーション機能の維持指導
  5. 進行性疾患患者のコミュニケーション機能の維持指導
解答例<1>

第108問失語について正しいのはどれか。

a.大脳の損傷が原因である。

b.構音器官の損傷が原因である。

c.心理的なものが原因である。

d.先天的に生じる言語機能の異常である。

e.後天的に生じる言語機能の異常である。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<2>

第109問発話における失文法が特徴とされているのはどれか。

  1. ブローカ失語
  2. ウェルニッケ失語
  3. 伝導失語
  4. 健忘失語
  5. 超皮質性失語
解答例<1>

第110問言語性聴覚的理解能力に影響しないのはどれか。

  1. 意識障害
  2. 失語
  3. 痴呆
  4. 健忘
  5. 注意障害
解答例<4>

第111問ブローカ失語について正しいのはどれか。

a.復唱は可能である。

b.自発語はジャルゴンになる。

c.発話量が減少する。

d.発語に努力がいる。

e.呼称は良好である。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<4>

第112問ウェルニッケ失語で障害されないのはどれか。

  1. 復唱
  2. 自発語
  3. 構音
  4. 言語理解
  5. 呼称
解答例<3>

第113問超皮質性失語について正しいのはどれか。

a.ブローカ領域周辺の病巣で生じる。

b.ウェルニッケ領域周辺の病巣で生じる。

c.言語劣位半球の病巣で生じる。

d.ブローカ領域とウェルニッケ領域との中間の病巣で生じる。

e.大脳皮質以外の病巣で生じる。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<1>

第114問右利きの人の失語について誤っている組み合わせはどれか。

  1. 右半球損傷  ーー   交叉性失語
  2. 左前頭葉損傷  ーー   ブローカ失語
  3. 左側頭葉損傷  ーー   ウェルニッケ失語
  4. 左頭頂葉損傷  ーー   伝導失語
  5. 左後頭葉損傷  ーー   超皮質性運動失語
解答例<5>

第115問失語症の全体像の評価に必要な検査で優先順位の低いのはどれか。

  1. 実用コミュニケーション能力検査
  2. 非言語音の認知・弁別検査
  3. 非言語的認知能力の検査
  4. 総合的失語症検査
  5. 掘り下げ検査
解答例<2>

第116問適切でない組み合わせはどれか。

  1. 単語のモーラ分解・抽出検査  ーー   音韻操作能力
  2. 重度失語症検査  ーー   非言語的代償手段
  3. トークンテスト  ーー   軽度の聴覚的理解障害
  4. 類義語判断検査  ーー   意味システムの活性化
  5. 語彙判断検査  ーー   出力辞書の活性化
解答例<5>

第117問予後に関連する失語症者側の要因でないのはどれか。

  1. 年齢
  2. 職業
  3. 発症後経過月数
  4. 脳損傷の部位と広がり
  5. 失語症の重症度とタイプ
解答例<2>

第118問障害された機能単位を言語情報処理モデル上に特定するのはどれか。

  1. 刺激・促通法
  2. 言語行動変容法
  3. モダリティ別訓練法
  4. 認知心理学的アプローチ法
  5. 機能システム間再編成法
解答例<4>

第119問失語症に対するAAC訓練の一般的特徴でないのはどれか。

  1. 音声言語の補助としての文字の使用
  2. ジェスチャーや描画の使用
  3. ハイテク・エイドの使用
  4. Yes-No反応の確立
  5. 図版や記号の使用
解答例<3>

第120問後天性小児失語症について誤っているのはどれか。

  1. 言語症状は脳損傷部位と対応する。
  2. 成人の失語症タイプが認められる。
  3. 非言語性の認知機能障害が認められる。
  4. 言語症状の改善には脳の可塑性の貢献度が高い。
解答例<1>

第121問一側の大脳半球病巣で起こるのはどれか。

  1. Balint症候群
  2. Korsakoff症候群
  3. Gerstmann症候群
  4. Kluver-Bucy症候群
  5. Anton症候群
解答例<3>

第122問神経心理学的検査でないのはどれか。

  1. 長谷川式簡易知能評価スケール(HDS)
  2. Mini-Mental State Examination(MMSE)
  3. Clinical Dementia Rating(CDR)
  4. Rey聴覚言語性学習検査(RAVLT)
  5. Wisconsin Card Sorting Test(WCST)
解答例<3>

第123問症状と障害される日常生活活動との組み合わせで正しいのはどれか。

  1. 半側空間無視 ーー 着衣
  2. 観念運動失行  ーー   移乗
  3. 口顔面失行  ーー   食事
  4. 構成障害  ーー   歩行
  5. 相貌失認  ーー   整容
解答例<1>

第124問初期に前向性健忘が目立つのはどれか。

  1. ピック病
  2. アルツハイマー病
  3. クロイツフェルト-ヤコブ病
  4. パーキンソン病
  5. ビンスワンガー病
解答例<2>

第125問連合型視覚失認患者が物品をみて述べられないのはどれか。

a.形態 

b.大小 

c.名称 

d.用途 

e.個数

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<4>

第126問右片麻痺患者が左手で「おいでおいで」をうまくできないとき考えられるのはどれか。

  1. 運動無視
  2. 拮抗失行
  3. 観念失行
  4. 肢節運動失行
  5. 観念運動失行
解答例<5>

第127問健忘でよくみられるのはどれか。

  1. 迂言
  2. 作話
  3. 錯語
  4. 錯聴
  5. 語漏
解答例<2>

第128問DSM-IVのコミュニケーション障害に含まれないのはどれか。

  1. 読字障害
  2. 表出性言語障害
  3. 受容-表出混合性言語障害
  4. 音韻障害
  5. 吃音
解答例<1>

第129問言語発達で誤っている組み合せはどれか。

  1. 生後6ヶ月  ーー   発話を真似する
  2. 生後12ヶ月  ーー   有意語を一つ言える
  3. 1歳6ヶ月  ーー   有意語を三つ言える
  4. 2歳6ヶ月  ーー   2語文を話す
  5. 3歳6ヶ月  ーー   3語文を話す
解答例<1>

第130問音声観察で高度難聴の徴候が認められる段階はどれか。

  1. 叫喚発声
  2. クーイング
  3. 過渡的喃語
  4. 基準的喃語
  5. 初語
解答例<4>

第131問言語の発達段階を示す指標として適切でないのはどれか。

  1. 基準的喃語が出る。
  2. 指差しをする。
  3. 「バイバイ」ということばが分かる。
  4. 初語が出る。
  5. 「カ」の発音ができる。
解答例<5>

第132問ダウン症の言語発達について正しいのはどれか。

a.表出より受容が遅れる。

b.聴力障害はリスク因子である。

c.構音障害は筋低緊張が影響している。

d.てんかんの合併は発達を遅らせる。

e.コミュニケーション意欲が乏しい。

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答例<4>

第133問脳性麻痺の原因で多いのはどれか。 

a.チアノーゼ性心奇形 

b.性染色体異常症 

c.胎内感染症 

d.脳室周囲白質軟化症 

e.先天性胆道閉鎖症

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<4>

第134問脳性麻痺の標準的経過でないのはどれか。

  1. 重度の痙直型では早期に股関節脱臼が起こる。
  2. アテトーゼ型では学童期から脊柱変形が始まる。
  3. 2歳で坐位可能な痙直型では独歩が可能である。
  4. 母指内転は痙直型麻痺にみられる。
  5. 重度のアテトーゼ型は頸椎症を合併する。
解答例< >

第135問新生児について誤っているのはどれか。

  1. 眠っているとき大きな音がすると目を開ける。
  2. 話し掛けにニコニコして喜ぶ。
  3. ABRは中等度以上の難聴を検出する。
  4. 突然の音にビクッと手を動かす。
  5. 突然の音に眼瞼がギュッと閉じる。
解答例<2>

第136問誤っているのはどれか。

  1. SLI:特異的言語発達障害
  2. CA:生活年齢
  3. MLU:最大発話長
  4. ABR:聴性脳幹反応
  5. LD:学習障害
解答例<3>

第137問乳児の聴覚障害の原因となるのはどれか。

a.胎内感染症 

b.高ビリルビン血症 

c.新生児低血糖症 

d.新生児痙攣 

e.無酸素性脳症

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答例<2>

第138問言語性学習障害でないのはどれか。

  1. 知能障害タイプ
  2. 理解障害タイプ
  3. 発語障害タイプ
  4. 読み書き障害タイプ
  5. 意味・語用障害タイプ
解答例<1>

第139問誤っているのはどれか。

  1. ITPA  ーー  言語学習年齢
  2. PVT  ーー  語彙年齢
  3. K-ABC  ーー  継次処理能力
  4. WISC-Ⅲ  ーー  群指数
  5. WAB  ーー  精神年齢
解答例<5>

第140問音韻意識の異常を疑わせる徴候はどれか。

a./s/の歯間音化がある。

b.語の発音時に構音探索動作がある。

c.語の音形が不確実である。

d.語の音節省略がある。

e.しりとりができない。

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答例<5>

第141問単語獲得期の指導として適切でないのはどれか。

  1. 日常生活の中の要求表出場面を利用して発語経験を積み重ねる。
  2. 身辺自立の援助の中でことば掛けを多くする。
  3. 生活場面でよく経験する活動や遊びの内容を言語化して聞かせる。
  4. 絵本の読み聞かせや身体の動きを伴なう歌あそびを取り入れる。
  5. はっきり構音するよう指導する。
解答例<5>

第142問脳性麻痺の言語指導で誤っているのはどれか。

  1. 緊張を強めて発声を促す。
  2. AACを導入する。
  3. 過敏性の改善のため徐々に口唇に触れる。
  4. 意味、音韻を指導する。
  5. 母親を援助し母子関係を育成する。
解答例<1>

第143問知的障害児への言語訓練法として適切でないのはどれか。

  1. AAC
  2. ポーテージ・プログラム
  3. 遅延フィードバック法
  4. 伝達場面設定型指導法
  5. 弁別学習型言語訓練法
解答例<3>

第144問自由な遊びや会話を通して子どもと大人が相互に反応し合うアプローチはどれか。

  1. マカトン法
  2. インリアル法
  3. サイクル法
  4. PACE
  5. TEACCH
解答例<2>

第145問〈S-S〉法の見方で正しい順序はどれか。

  1. ふるい分け→機能的操作→身振りによる選択→音声による選択
  2. ふるい分け→身振りによる選択→機能的操作→音声による選択
  3. 機能的操作→身振りによる選択→ふるい分け→音声による選択
  4. 機能的操作→ふるい分け→身振りによる選択→音声による選択
  5. 身振りによる選択→ふるい分け→機能的操作→音声による選択
解答例<4>

第146問重度の知的障害児への指導原則として誤っているのはどれか。

  1. 非言語的表現(視線、動作、発声)を伝達の芽生えとして捉える。
  2. 人とのやり取りの楽しさを味わえる機会を増やす。
  3. 意味を捉えにくい子どもの反応には応答を控える。
  4. 子どもの周りで起きている事柄を言語化して聞かせる。
  5. 将来AACを用いる可能性も念頭に置いておく。
解答例<3>

第147問言語発達障害児の保護者への助言として適切でないのはどれか。

  1. 障害の受容を考慮しながら状態と原因とを分かりやすく説明する。
  2. 遅れをどう理解し対処すればよいか具体的に説明する。
  3. 発達の弱い側面をどう改善させるか説明し家庭で実施させる。
  4. 今後の見通しについて分かりやすく説明する。
  5. どのような養育態度で働きかけていくか日常生活に即して説明する。
解答例<3>

第148問音声障害をきたす疾患で女性に多いのはどれか。

  1. 甲状腺癌
  2. 食道癌
  3. 喉頭癌
  4. 胸部大動脈瘤
  5. 披裂軟骨脱臼
解答例<1>

第149問喉頭乳頭腫について正しいのはどれか。

  1. 一側の声帯に生じることが多い。
  2. ヘビースモーカーに多発する。
  3. 変声期に多発する。
  4. 職業性が認められる。
  5. 再発しやすい。
解答例<5>

第150問ポリープ様声帯について正しいのはどれか。

a.中年の喫煙者に多発する。

b.職業性が認められる。

c.低い声が出なくなる。

d.音響分析で最終診断ができる。

e.呼吸困難の原因となる。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<2>

問1~問50 │ 問51~問100 │ 問101~問150 │ 問151~問200

第151問発声時声帯振動について正しいのはどれか。

a.正常な振動では粘膜波動を伴なう。

b.振動の振幅が声の高さに関係する。

c.振動の振幅は声帯遊離縁で最も小さい。

d.喉頭筋電図で観察できる。

e.喉頭ストロボスコピーは有効な検査法である。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<2>

第152問軟性喉頭ファイバースコープによる発声時の喉頭の観察で正しいのはどれか。

a.鼻腔経由で行われる。

b.仰臥位で行う必要がある。

c.6時間前から飲食を禁じる。

d.乳幼児には禁忌である。

e.普通光源とストロボ光源とを用いる。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<2>

第153問音声治療の対象にならないのはどれか。

  1. 声帯結節
  2. 喉頭乳頭腫
  3. 性同一性障害
  4. 痙攣性発声障害
  5. 喉頭肉芽腫
解答例<2>

第154問電気式人工喉頭の訓練として適切なのはどれか。

a.声の強さの変化

b.語句の区切り方の工夫

c.構音の明瞭化

d.呼吸の訓練

e.発声持続時間の延長

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答例<4>

第155問正しい組み合せはどれか。

  1. 口蓋化構音  ーー   構音点の後方移動
  2. 側音化構音  ーー   鼻孔閉鎖
  3. 鼻咽腔構音  ーー   口腔内圧不足
  4. 声門破裂音  ーー   舌根部での構音
  5. 咽頭摩擦音  ーー   口唇の偏位
解答例<1>

第156問音韻発達の未熟さを表す組み合せはどれか。

a.うち  ーー   

b.コップーー

c.ごはんーー

d.テレビーー

e.ラッパーー

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答例<5>

第157問機能性構音障害の訓練について誤っているのはどれか。

a.音節レベルの訓練では前後の母音を考慮する。

b.訓練開始時期は一般に4~5歳である。

c.異常構音は見つけ次第、訓練を開始する。

d.般化は訓練終了後に自然にできる。

e.固定習慣化例では舌の過緊張が多い。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<4>

第158問構音訓練の適用について考慮すべき条件はどれか。

a.適応性効果

b.誤りの一貫性

c.音の完成時期

d.発話明瞭度

e.発話速度

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答例<4>

第159問[r]を正しく構音させるための指示として適切なのはどれか。

a.舌先を挙上させ、全体をやや反り舌の形にする。

b.舌先を上の歯茎部に接触させる。

c.構音動作は舌全体をリラックスさせておく。

d.舌先で歯茎部を圧してから勢いよく振り下ろす。

e.舌先を軽く反転させてから弾くように振り下ろす。

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答例<2>

第160問鼻咽腔閉鎖機能について正しいのはどれか。

a.初回口蓋裂術後の判断は4歳前後に行う。

b.閉鎖不全の成立要因は単一である。

c.鼻咽腔ファイバースコープで咽頭口蓋間の距離を測定する。

d.子音発声時の閉鎖はブローイングより強い。

e.Nasometer検査は開鼻声の客観的測定法である。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<2>

第161問口蓋裂の発話について正しいのはどれか。

a.異常構音は1歳前半でも出現する。

b.口蓋化構音が起こるのは子音である。

c.声門破裂音は摩擦音には起こらない。

d.系統的な構音訓練は就学直前に開始する。

e.開鼻声の程度は/i/より/a/で顕著である。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<1>

第162問核上性麻痺の症状はどれか。

a.筋萎縮

b.筋緊張亢進

c.クローヌス

d.病的反射

e.線維束性収縮

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<4>

第163問正しい組み合せはどれか。

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答例<4>

第164問運動障害性構音障害について誤っているのはどれか。

  1. 原因疾患によって特徴的な症状群が現れる。
  2. 偽性球麻痺では抑揚の障害は軽微である。
  3. 小脳変性症では構音の誤り方の不規則性が著明である。
  4. パーキンソン病では気息性が高頻度である。
  5. 筋萎縮性側索硬化症では口蓋帆挙上不全による症状が著しい。
解答例<2>

第165問痙性構音障害の訓練で必要ないのはどれか。

  1. 姿勢の矯正
  2. 発話呼吸運動
  3. 構音筋の筋力増強
  4. 構音筋の緊張状態のコントロール
  5. 個々の器官の運動分離
解答例<3>

第166問誤嚥に対する処置で誤っているのはどれか。

  1. 食物の粘度を下げる。
  2. 喉頭全摘を行う。
  3. 喉頭挙上を図る。
  4. 声門閉鎖を行う。
  5. 嚥下姿勢を修正する。
解答例<1>

第167問嚥下運動について誤っている組み合せはどれか。

  1. 喉頭挙上  ーー   甲状舌骨筋
  2. 声門閉鎖  ーー   随意運動
  3. 咽頭期嚥下  ーー   舌咽神経
  4. 鼻咽腔閉鎖  ーー   嚥下
  5. 食道入口部弛緩  ーー   輪状咽頭筋
解答例<3>

第168問誤嚥した食塊が肺胞レベルに達したときの清浄作用はどれか。

a.咳発作

b.粘液輸送運動

c.食細胞作用

d.リンパ球作用

e.気管支筋の収縮

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<4>

第169問咽頭期嚥下時の喉頭ファイバースコピーの観察項目で誤っているのはどれか。

  1. 咽頭への早期流入
  2. 嚥下中の誤嚥
  3. 梨状陥凹の食物残渣貯留
  4. 口蓋帆の挙上
  5. 随意的咳
解答例<2>

第170問嚥下造影検査について誤っているのはどれですか。

  1. 照射野を絞り被爆対策をする。
  2. エックス線テレビ録画は診断に有用である。
  3. 不顕性誤嚥の有無が診断できる。
  4. 正面像は側面像より診断的価値が高い。
  5. 誤嚥が高度であれば血管造影剤を用いる。
解答例<4>

第171問嚥下訓練開始の条件として誤っているのはどれか。

  1. 意識が清明である。
  2. 訓練者との意志の疎通ができる。
  3. 嚥下時にむせない。
  4. 自力で咳ができる。
  5. 全身状態が良好である。
解答例<3>

第172問嚥下訓練で正しい組み合せはどれか。

  1. /t/、/d/の構音訓練  ーー   舌による食塊の移送
  2. pushing exercise  ーー   呼吸と嚥下のリズム
  3. /k/、/g/の構音訓練  ーー   声門閉鎖
  4. 顎引き嚥下  ーー   口腔内圧保持機能
  5. 息こらえ嚥下  ーー   相対的喉頭挙上
解答例<1>

第173問気管切開後の嚥下について誤っているのはどれか。

  1. 嚥下運動の遂行には不利である。
  2. 誤嚥の症状は助長される。
  3. 喉頭挙上は障害される。
  4. 誤嚥防止にはカフ付カニューレが有用である。
  5. 嚥下訓練はカフを膨張させて行う。
解答例<5>

第174問獲得性吃音について正しいのはどれか。

a.適応効果がある。

b.マスキングで改善される。

c.一貫性がない。

d.機能語にも非流暢性が認められる。

e.話すことへの不安が少ない。

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答例<5>

第175問幼児の吃音の発話サンプルを得る方法で誤っているのはどれか。

a.遊び場面での自由会話

b.絵単語呼称

c.質問応答

d.早口ことばの模唱

e.モノローグ

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<5>

第176問吃音に対する発話の流暢性促進訓練で用いるのはどれか。

a.明瞭に構音する。

b.軟起声を用いる。

c.句の間に休止を入れる。

d.発話速度を下げる。

e.指を折りながら話す。

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答例< >

第177問新生児聴覚スクリーニング後の判断として正しいのはどれか。

  1. 自動聴性脳幹反応検査でパスしなかったので難聴がある。
  2. 自動耳音響放射検査でパスしなかったので難聴がある。
  3. 聴性脳幹反応検査で反応不良であったので難聴がある。
  4. 1回の検査では難聴と判断できない。
  5. 自動聴性脳幹反応が正常であったので今後難聴になることはない。
解答例<4>

第178問乳幼児聴力検査について正しいのはどれか。

  1. モロー反射は生後3ヶ月ころに用いる。
  2. 眼瞼反射は生後3ヶ月ころに用いる。
  3. 聴性行動反応検査は乳幼児に用いる。
  4. 条件詮索反応検査は新生児期から用いる。
  5. 遊戯聴力検査は生後6ヶ月ころから用いる。
解答例<3>

第179問他覚的聴力検査の判定指標として適切なのはどれか。

  1. 聴性脳幹反応の第?波
  2. 聴性脳幹反応の第?波
  3. 聴性中間反応のpb成分
  4. 脳波のα波
  5. 脳波のβ波
解答例<2>

第180問ムンプス難聴について正しいのはどれか。

  1. 両側難聴である。
  2. ワクチン接種で予防できる。
  3. 伝音難聴である。
  4. 難聴は治療によって改善する。
  5. 成人は罹患しない。
解答例<2>

第181問小児聴覚障害をきたすリスクファクターはどれか。

a.出生時仮死

b.出生体重が1500g以下

c.出生体重が2000g以下

d.マクロライド系抗菌薬の投与

e.母親の急性中耳炎罹患

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<1>

第182問高度難聴児の発声、構音で誤っているのはどれか。

  1. 音声は鼻音化する。
  2. 母音のホルマントは維持される。
  3. 音節の長短は保たれる。
  4. 話声位が不安定となる。
  5. 摩擦音の構音が障害される。
解答例<2>

第183問キュードスピーチについて正しいのはどれか。

  1. 構音の手掛かりを示しながら話す方法
  2. 速読法の一種
  3. 指文字を示しながら話す方法
  4. 構音障害を補いながら話す方法
  5. 助詞を補いながら話す方法
解答例<1>

第184問重複障害者に対する聴覚の初期評価として適切でないのはどれか。

  1. 知的障害の評価
  2. 対人関係の評価
  3. BOAによる聴力検査
  4. 家族のコミュニケーション状況の聴取
  5. 語音明瞭度検査
解答例<5>

第185問補聴システムでないのはどれか。

a.ハウリング

b.磁気誘導ループ

c.FM装置

d.赤外線装置

e.イヤモールド

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<2>

第186問補聴器適合検査として優先順位の低いのはどれか。

  1. 純音聴力検査
  2. 語音聴力検査
  3. 不快レベル検査
  4. 音場検査
  5. ティンパノメトリー
解答例<5>

第187問標準純音聴力検査について正しいのはどれか。

  1. 気導聴力は上昇法によって、骨導聴力は下降法によって行う。
  2. 両耳の聴力に差がある場合、良聴耳を先に検査する。
  3. 非検耳には30dB程度のマスキングをする。
  4. 骨導聴力の両耳間移行減衰量は30dBである。
  5. 骨導聴力は額正中部で測定する。
解答例<2>

第188問語音聴力検査について正しいのはどれか。

  1. 語音明瞭度検査の結果はdBで表す。
  2. 語音聴取閾値は平均聴力レベルより30dB上昇する。
  3. スピーチオージオグラムの縦軸は語音明瞭度を示す。
  4. 検査用の標準語表は77語表、87語表を用いる。
  5. 非検耳のマスキングは行わない。
解答例<3>

第189問内耳機能検査として適切なのはどれか。

a.事象関連電位テスト

b.一過性閾値上昇テスト

c.ティンパノメトリー

d.SISIテスト

e.バランステスト

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<5>

第190問語音明瞭度が最も良好なのはどれか。

  1. 先天性難聴
  2. 風疹による難聴
  3. ムンプス難聴
  4. 耳硬化症
  5. 聴神経腫瘍
解答例<4>

第191問成人の難聴で誤っているのはどれか。

  1. 先天ろうに対しては人工内耳が第一選択となる。
  2. 中途失聴者では構音の歪みがすくない。
  3. 先天性難聴者の発話ではピッチの異常がみられる。
  4. 高度の難聴は感音または混合難聴である。
  5. 伝音難聴は補聴器の適応となる。
解答例<1>

第192問老人性難聴で誤っているのはどれか。

a.語音聴取能はよい

b.水平型オージオグラムを示す

c.痴呆を伴う例は補聴器の適応が乏しい。

d.両側性の難聴である。

e.後迷路の障害が含まれる。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<1>

第193問読話について誤っているのはどれか。

a.聴覚的了解度が高いほどよくできる。

b.文脈的手掛かりを用いる。

c.唇の動きを手掛かりとする。

d.訓練によって有声・無声の弁別は可能となる。

e.破裂音は読話しやすい。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<5>

第194問聴覚障害者向け環境調整機器でないのはどれか。

  1. 文字放送デコーダー
  2. 受話音量アンプ
  3. 意志伝達装置
  4. フラッシュベル
  5. 屋内信号装置
解答例<3>

第195問補聴器のフィッティングで誤っているのはどれか。

  1. 難聴が高度の場合、挿耳式より耳掛け式の方がよい。
  2. 両耳に中等度以上の難聴がある場合、両耳の補聴器装用がよい。
  3. ハウリングは大きな利得を必要とする場合に生じやすい。
  4. 挿耳型補聴器ではハウリングが生じにくい。
  5. 乳児では耳掛け式を改造して用いる。
解答例<4>

第196問補聴器装用で誤っているのはどれか。

  1. 両側外耳道の閉鎖例には骨導補聴器を試みる。
  2. 耳漏がある場合は補聴器の装用を休止する。
  3. 本のページをめくる音がうるさいときは高音部の利得を上げる。
  4. 騒音下では全体の利得を下げる。
  5. 箱型補聴器では遊具との接触音に注意する。
解答例<3>

第197問人工内耳のコード化法で誤っているのはどれか。

  1. スピーチプロセッサは語音の周波数分析を行う。
  2. 周波数情報を電極位置によって伝える。
  3. SAS方式はアナログ波形を用いる。
  4. デジタル方式の方がアナログ方式より聴取成績がよい。
  5. CIS法では時間情報が重視される。
解答例<4>

第198問小児人工内耳の評価と指導で誤っているのはどれか。

a.摩擦音の聞き取りが不良である。

b.口蓋音の獲得が遅れる。

c.遊びや話しかけの機会を増やすことが指導につながる。

d.構音獲得の順序は、健聴耳と同じコースをたどる。

e.補聴器との併用は避ける。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<2>

第199問コミュニケーションモードを使い続けられる場合はどれか。

  1. 弱視を伴なう中等度難聴者の成人後失聴
  2. 弱視者の成人後失聴
  3. 難聴者の成人後失明
  4. 先天盲者の成人後失聴
  5. 弱視を伴なう先天ろう者の成人後失明
解答例<3>

第200問後天性盲ろう者の初期対応として正しいのはどれか。

a.聴力の評価

b.聴能訓練

c.点字指導

d.手のひら文字の指導

e.視力の評価

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答例<3>

inserted by FC2 system