ナビ式言語聴覚士国家試験対策室

第13回 言語聴覚士国家試験過去問

問1~問50 │ 問51~問100 │ 問101~問150 │ 問151~問200

第1問 ICF(国際生活機能分類)の構成要素でないのはどれか。
1. 活動
2. 環境因子
3. 参加
4. 社会的不利
5. 心身機能・身体構造

解答<4>


第2問 体幹の骨の数で誤っているのはどれか。
1. 頸椎 - 7個
2. 胸椎 - 10個
3. 胸骨 - 1個
4. 腰椎 - 5個
5. 仙骨 - 1個

解答<2>


第3問 ヒトの発生について正しいのはどれか。
1. 胚芽期は受精後0~2週である。
2. 胚芽期には臓器の形成が行われる。
3. 胎芽期は受精後12週までである。
4. 神経系は内胚葉から発生する。
5. 神経管の癒合は尾部から始まる。

解答<1>


第4問 運動単位の構成要素はどれか。
a.運動野
b.皮質脊髄路
c.運動ニューロン
d.筋線維
e.Ⅰa型求心線維
1. a、b
2. a、e
3. b、c
4. c、d
5. d、e

解答<4>


第5問 誤っている組み合せはどれか。
1. 一次運動野 - 中心溝前方
2. 体性感覚野 - 頭頂葉
3. 聴覚野 - 前頭葉
4. ウェルニッケ野 - 側頭葉
5. 視覚野 - 後頭葉

解答<3>


第6問 肺炎の原因となるのはどれか。
1. 胃内細菌数減少
2. 口腔内細菌数減少
3. 心房細動
4. 不顕性誤嚥
5. 鉄欠乏性貧血

解答<4>


第7問 正しい組み合せはどれか。
1. インスリンーグリコ - ゲン分解促進
2. 黄体化ホルモン - エストロゲン分泌促進
3. コルチゾール - 血圧低下
4. プロラクチン - 卵胞の成熟促進
5. 副甲状腺ホルモン - 血中カルシウム濃度上昇

解答<5>


第8問 乳児期の運動発達の遅れの原因となるのはどれか。
a.先天性ミオパチー
b.ダウン症候群
c.小児欠心発作
d.重症筋無力症
e.水頭症
1. a、b、c
2. a、b、e
3. a、d、e
4. b、c、d
5. c、d、e

解答<2>


第9問 誤っているのはどれか。
1. 麻疹の予防接種は乳児期1回でよい。
2. 麻疹では肺炎の合併がある。
3. ムンプス感染は難聴の原因となる。
4. 水痘では急性小脳失調症の合併がある。
5. 突発性発疹は乳児期の疾患である。

解答<1>


第10問 神経性大食症について正しいのはどれか。
1. 血中電解質値は正常である。
2. 月経周期は正常である。
3. 体重は標準以上である。
4. 身体イメージの歪みはない。
5. 自己誘発性の嘔吐がみられる。

解答<5>


第11問 職種と業務との組み合せで適切でないのはどれか。
1. 医師 - リハビリテーション処方
2. 理学療法士 - 温熱療法
3. 作業療法士 - 上肢スプリント作製
4. 看護師 - 自己導尿法の指導
5. 介護支援専門員 - 経鼻胃管交換

解答<5>


第12問 脳梗塞の患者に用いられない評価法はどれか。
1. FIM
2. Barthel Index
3. NIHSS
4. ASIA機能評価尺度
5. STEF

解答<4>


第13問 図は鼻腔の冠状断CTのトレースである。嗅上皮のある部位はどれか。
1. A
2. B
3. C
4. D
5. E

解答<2>


第14問 気道異物により呼吸困難があるが、完全閉塞していないとき最も適切な処置はどれか。
1. 気管切開
2. 口ー口喚気(mouth to mouth)
3. ハイムリッヒ法
4. 気管支鏡で摘出
5. 頭を下にして背中をたたく

解答<4>


第15問 正しい組み合せはどれか。
a.一過性脳虚血発作 - 内頸動脈狭窄
b.心原性脳塞栓症 - 心房細動
c.脳出血 - 脂質異常
d.ラクナ梗塞 - 大動脈弁閉鎖不全
e.アテローム血栓性脳梗塞 - 喫煙
1. a、b、c
2. a、b、e
3. a、d、e
4. b、c、d
5. c、d、e

解答<2>


第16問 交通事故による外傷性脳損傷の評価について正しいのはどれか。
1. FABは記憶の評価に用いる。
2. GCSは小脳機能を反映する。
3. IQは前頭葉機能を反映する。
4. JCSは点数が大きいほど重症である。
5. エックス線CTはびまん性軸索損傷の評価に用いる。

解答<4>


第17問 歯根膜について誤っているのはどれか。
1. 歯胚の歯乳頭から発生する。
2. 線維性結合組織である。
3. シャーピー線維が存在する。
4. マラッセの上皮遺残を有する。
5. 咬合圧の緩衝作用を行う。

解答<1>


第18問 エプーリスの原因となるのはどれか。
1. ガルバニー電流
2. カンジダ感染症
3. 再発性アフタ
4. 不適合義歯
5. 喫煙

解答<4>


第19問 横隔膜について正しいのはどれか。
1. 構成する筋は横紋筋である。
2. 支配神経は迷走神経である。
3. 息こらえで活動する。
4. 声の高さの調節に関与している。
5. 変声期で急激に大きくなる。

解答<1>


第20問 パラトグラフィでわかるのはどれか。
1. 喉頭挙上
2. 咬合の状態
3. 軟口蓋の運動
4. 舌と口蓋との接触
5. 嚥下第1相の食塊の動き

解答<4>


第21問 正しいのはどれか。
a.外耳道には共鳴作用がある。
b.外耳道皮膚には自浄作用がある。
c.外耳道の外側1/3を骨部という。
d.外耳道骨部には皮脂腺と耳垢線とがある。
e.外耳道の知覚は三叉神経と迷走神経とに支配される。
1. a、b、c
2. a、b、e
3. a、d、e
4. b、c、d
5. c、d、e

解答<2>


第22問 関連のある組み合せはどれか。
a.半規管 - 重力
b.耳石器 - 角加速度
c.血管条 - 蝸牛内静止電位
d.外有毛細胞 - 周波数弁別
e.上オリーブ核 - 方向覚
1. a、b、c
2. a、b、e
3. a、d、e
4. b、c、d
5. c、d、e

解答<5>


第23問 側頭葉に位置しないのはどれか。
a.ブローカ野
b.ヘシュル回
c.扁桃体
d.海馬
e.被殻
1. a、b
2. a、e
3. b、c
4. c、d
5. d、e

解答<2>


第24問 三叉神経の機能はどれか。
a.涙の分泌
b.顔面の感覚
c.咀嚼筋の運動
d.舌前方部の味覚
e.眼瞼の挙上
1. a、b
2. a、e
3. b、c
4. c、d
5. d、e

解答<3>


第25問 感覚について誤っているのはどれか。
1. 筋の緊張感覚は自己受容感覚の一つである。
2. 刺激閾とは、それより弱くすると検知できない刺激強度である。
3. 視覚刺激が除去された後も刺激と同質の感覚が残存する現象を陽性残像という。
4. 感覚から色覚が生じるような現象を異感覚という。
5. 嗅覚は視覚より順応しやすい。

解答<4>


第26問 意味記憶はどれか。
1. 暗算をするとき繰り上がりを覚えている。
2. ピアノがうまく弾ける。
3. 今日の予定を思い出す。
4. 成人式で何をしたか覚えている。
5. 明治維新の年号を覚えている。

解答<5>


第27問 記憶に関係ないのはどれか。
1. 系列予言法
2. 節約法
3. 部分報告法
4. 再構成法
5. 上下法

解答<5>


第28問 正しい組み合せはどれか。
1. 調整法 - 主観的等価点の測定
2. 極限法 - 刺激のランダムな提示
3. 順位法 - 絶対閾の測定
4. 恒常法 - 被験者による刺激の変更
5. SD法 - 弁別閾の測定

解答<1>


第29問 授業方法Aの効果を検討するためにAの実施群と通常授業群とを設けて授業の前後でテストを実施した。効果を検討するのに適切なのはどれか。
1. 分散分析
2. 回帰分析
3. 因子分析
4. 相関分析
5. クラスター分析

解答<1>


第30問 自己愛性人格障害について誤っているのはどれか。
1. 賞賛されたいという欲求が強い。
2. 普通でない知覚体験がある。
3. 特権意識を持っている。
4. 他者を不当に利用する。
5. 自分が特別な存在であると信じている。

解答<2>


第31問 WAIS-Ⅲにおいて処理速度の下位検査はどれか。
1. 単語
2. 符号
3. 算数
4. 数唱
5. 理解

解答<2>


第32問 精神分析療法について正しいのはどれか。
1. Jung,C.Gによって創始された。
2. エクスポージャー法を主に用いる。
3. 学習理論に基づいた介入を行う。
4. 共感的理解によって変化をもたらす。
5. 自由連想法によって無意識を顕在化させる。

解答<5>


第33問 新生児に適用可能なのはどれか。
a.選好注視法
b.ソシオメトリー法
c.ストレンジ・シチュエーション法
d.SD法
e.馴化・脱馴化法
1. a、b
2. a、e
3. b、c
4. c、d
5. d、e

解答<2>


第34問 Vygotsky,L.Sの発達理論に関係ないのはどれか。
a.発達の現在の水準
b.表象的思考段階
c.階段登りの実験
d.発達の最近接領域
e.教育の能動的役割
1. a、b
2. a、e
3. b、c
4. c、d
5. d、e

解答<3>


第35問 Erikson,E.Hが設定した成人前期の発達課題はどれか。
1. 自律性
2. 勤勉性
3. 親密性
4. 自主性
5. 統合性

解答<3>


第36問 同じ構音の場所で作られる破裂音と摩擦音との組み合せはどれか。
1. [][]
2. [][]
3. [][]
4. [][]
5. [][]

解答<5>


第37問 「フ」の子音として現れ得るのはどれか。
1. a、b
2. a、e
3. b、c
4. c、d
5. d、e

解答<5>


第38問 共通語(東京方言)において有声性のみが違う組み合せがどれか。

解答<3>

第39問 第2ホルマント周波数が1500Hzの成人女性の母音の声道形状を変えないで、声道長だけ一様に20%長くした場合の第2ホルマント周波数がどれか。
1. 1000Hz
2. 1250Hz
3. 1500Hz
4. 1750Hz
5. 1800Hz

解答<2>


第40問 半母音の音響特徴として正しいのはどれか。
1. ホルマントが時間的に変化する。
2. アンチホルマントが時間的に変化する。
3. 高周波帯域に弱い雑音が存在する。
4. 低周波帯域に弱い雑音が存在する。
5. 連続スペクトル構造をもつ。

解答<1>


第41問 下線部の発音で口腔内に音源をもつのはどれか。
1. がっしょう(合唱)
2. ざっとう(雑踏)
3. しゅっちょう(出張)
4. はっぴょう(発表)
5. らっきょう

解答<1>


第42問 50dBSLにおける音の強さの弁別閾で正しいのはどれか。
1. 周波数が高くなるほど小さくなる。
2. 周波数が低くなるほど小さくなる。
3. 周波数による差は、ほどんどない。
4. 1000Hz付近で最も小さくなる。
5. 1000Hz付近で最も大きくなる。

解答<3>


第43問 「約束しております」を形態素に分けたのはどれか。
1. 「約束して」「おります」
2. 「約束」「して」「おります」
3. 「約束」「しており」「ます」
4. 「約束」「して」「おり」「ます」
5. 「約束」「し」「て」「おり」「ます」

解答<5>


第44問 下線部が異形態の関係にないのはどれか。
1. おおあめ(大雨) - こさめ(小雨)
2. あめもよう(雨模様) - こううりょう(降雨量)
3. あまやどり(雨宿り) - あめふり(雨降り)
4. さかや(酒屋) - さけかす(酒粕)
5. さかむし(酒蒸し) - あまざけ(甘酒)

解答<2>


第45問 SOVタイプの言語の説明として適切でないのはどれか。
a. 後置詞をもつことが多い。
b. 連体修飾が名詞の後ろに置かれることが多い。
c. 接頭辞による屈折や派生が一般的なことが多い。
d. 複合語の主要部が最後に来ることが多い。
e. 日本語は通時的にみてもこのタイプに属する。
1. a、b
2. a、e
3. b、c
4. c、d
5. d、e

解答<3>


第46問 1〜2歳児の言語発達で正しいのはどれか。
1. 初語獲得直後から語彙が急速に増加する。
2. 語彙の習得過程には個人差がない。
3. 指さしの頻度は1語文期が最も高い。
4. 初期の表出語は定着性が高い。
5. 語の般用は2語文期に急速に増加する。

解答<3>


第47問 前言語期のコミュニケーション行動に関係しないのはどれか。
1. 共同注意の成立
2. 手段ー目的関係の理解
3. 愛着の成立
4. 心の理論の獲得
5. 三項関係の成立

解答<4>


第48問 ノーマライゼーションの具体化でないのはどれか。
1. ホスピタリズム
2. QOL
3. IL運動
4. 自己決定
5. エンパワーメント

解答<1>


第49問 障害者自律支援法が規定する自立支援給付の対象はどれか。
a.補装具
b.介護
c.教育
d.在宅
e.訓練
1. a、b、c
2. a、b、e
3. a、d、e
4. b、c、d
5. c、d、e

解答<2>


第50問 「障害者」を定義する規定がないのはどれか。
1. 障害者基本法
2. 障害者自立支援法
3. 知的障害者福祉法
4. 身体障害者福祉法
5. 発達障害者支援法

解答<3>


第51問 正しい組み合せはどれか。
1. 遮断除去法 - 嚥下障害
2. キュードスピーチ - 機能性構音障害
3. 流暢性促進訓練 - 言語発達障害
4. TEACCH - 聴覚障害
5. LSVT - 音声障害

解答<5>


第52問 正しいのはどれか。
1. A-B-A-B型の実験計画では、Bがベースライン期にあたる。
2. ノンパラメトリック検定では標準偏差を求める。
3. F検定は間隔尺度に適用できる。
4. 基準関連妥当性は反復測定の一致度を評価する。
5. 相関係数は2事象間の因果関係を明らかにする。

解答<3>


第53問 国家資格でないのはどれか。
1. 精神保健福祉士
2. 視能訓練士
3. 保育士
4. 臨床心理士
5. 介護福祉士

解答<4>


第54問 誤っている組み合せはどれか。
1. 吃音 - ナゾメータ
2. 失語症 - WAB
3. 構音障害 - パラトグラフィ
4. 口蓋裂 - ブローイング検査
5. 言語発達障害 - LCスケール

解答<1>


第55問 失語症と認知症の鑑別に役立つのはどれか。
1. 意識レベル
2. 書字の能力
3. 計算の能力
4. 言語性記憶
5. 視覚性記憶

解答<5>


第56問 失語症において非流暢な発語の特徴はどれか。
1. 発話量が多い。
2. 文レベルで話す。
3. 錯語が多い。
4. 適切な韻律で話す。
5. 構音動作を探索する。

解答<5>


第57問 後天性小児失語症について誤っているのはどれか。
1. 聴覚的理解力の程度はさまざまである。
2. 無言症との鑑別が必要である。
3. 文法障害がある。
4. 成人の失語症候群が認められる。
5. 原因は脳血管疾患が多い。

解答<5>


第58問 誤っている組み合せはどれか。
1. 観念性失行 - 頭頂葉
2. 観念運動性失行 - 後頭葉
3. 肢節運動失行 - 中心前・後回
4. 拮抗失行 - 脳梁
5. 歩行失行 - 前頭葉

解答<2>


第59問 自動車の運転技能に最も関係するのはどれか。
1. エピソード記憶
2. 作業記憶
3. 意味記憶
4. 手続き記憶
5. 展望記憶

解答<4>


第60問 誤っているのはどれか。
a.統覚型視覚性失認では物品の分類ができる。
b.アルツハイマー病で生じる失語症はブローカ失語が多い。
c.病態失認は左片麻痺者に多い。
d.ピック病では人格障害が生じる。
e.前脳基底部病変の記憶障害では再認が良好である。
1. a、b
2. a、e
3. b、c
4. c、d
5. d、e

解答<1>


第61問 言語非優位半球損傷でみられるのはどれか。
a.感情的プロソディ障害
b.隠喩の理解障害
c.単語の理解障害
d.仮名の書字障害
e.ユーモアの理解障害
1. a、b、c
2. a、b、e
3. a、d、e
4. b、c、d
5. c、d、e

解答<2>


第62問 混合型超皮質性失語と全失語との鑑別点はどれか。
1. 復唱
2. 聴覚的理解
3. 読解
4. 書字
5. 自発話

解答<1>


第63問 呼称検査における触覚ヒントで鑑別できるのはどれか。
1. 観念運動性失行
2. 視覚性失認
3. 手続記憶障害
4. 構成障害
5. 遂行機能障害

解答<2>


第64問 シュールの刺激法について誤っているのはどれか。
1. 刺激に対し反応を引き出す。
2. 反応の誤りを矯正する。
3. 刺激を繰り返し与える。
4. 豊富な刺激を用いる。
5. 聴覚刺激を重視する。

解答<2>


第65問 DSM-Ⅳ-TRで広汎性発達障害に含まれないのはどれか。
1. 自閉性障害
2. レット障害
3. 小児期崩壊性障害
4. アスペルガー障害
5. 行為障害

解答<5>


第66問 1歳6ヶ月健康診断で、名前を呼んでも反応しない健聴児に疑われるのはどれか。
a.知的障害
b.広汎性発達障害
c.構音障害
d.流暢性障害
e.特異的言語発達障害
1. a、b
2. a、e
3. b、c
4. c、d
5. d、e

解答<1>


第67問 自閉症に合併するてんかんについて正しいのはどれか。
1. 有病率は約5%である。
2. レノックスーガストー症候群が多い。
3. 自然治癒傾向を示す。
4. 言語発達遅滞が重度だと発症率が高い。
5. 乳児期の発症が多い。

解答<4>


第68問 正しい組み合せはどれか。
1. フロスティッグ視知覚発達検査 - 目と手の協応運動
2. 絵画語い発達検査 - 言語伝達力
3. WPPSI知能診断検査 - 継次処理能力
4. DN-CAS評価認知システム - 言語性IQ
5. 遠城寺式乳幼児分析的発達検査法 - 認知能力

解答<1>


第69問 小学2年生の女児。主訴は「平仮名の読み書きが遅れている」。優先順位の低い検査はどれか。
1. 単語の速読検査
2. 文章の音読検査
3. Reyの複雑図形テスト
4. DENVERⅡデンバー発達判定法
5. K-ABC心理・教育アセスメントバッテリー

解答<4>


第70問 注意欠陥/多動性障害の注意欠陥症状を評価するのに適切なのはどれか。
1. ストループテスト
2. 持続遂行試験(CPT)
3. フロスティッグ視知覚発達検査
4. ラピッドネーミングテスト
5. ウィスコンシン・カードソーティングテスト

解答<1or2or5>


第71問 脳性麻痺について誤っているのはどれか。
1. 発生頻度は約10000人に1人である。
2. 受胎から新生児期までに生じた脳の病変である。
3. 運動と姿勢の異常は変化し得る。
4. 出生期要因が最も多い。
5. PVLは早産低出生体重児に多く認められる。

解答<1>


第72問 前言語期の指導で適切でないのはどれか。
1. 人・物・音への興味・関心を育てる。
2. 物を持つ、振る、叩くなど手を使わせる。
3. 単音を復唱させる。
4. 日常物品の操作を模倣させる。
5. 色合わせ・形合わせをさせる。

解答<3>


第73問 注意欠陥/多動性障害への対応で適切でないのはどれか。
a.トークンエコノミー法を行う。
b.不適切行動に対してタイムアウト法を行う。
c.衝動的な行動をしたら厳しく制する。
d.転導性が高いので教室の左右に教材を展示する。
e.教室では全体を医渡せるように中央に座らせる。
1. a、b、c
2. a、b、e
3. a、d、e
4. b、c、d
5. c、d、e

解答<5>


第74問 2〜3語文の理解が可能な言語発達遅滞児。保護者への絵本の見方の助言として適切でないのはどれか。
1. 本文が長い場合は、わかりやすい表現に変える。
2. 内容に合わせて劇遊びをする。
3. 食べるまねや飛行機の軌跡をたどる動作をする。
4. 子どもに本文を暗唱させる。
5. 寝る前など決まった時間に一緒に見ることを習慣とする。

解答<4>


第75問 正しい組み合せはどれか。
a.声帯結節 - 出血
b.ポリープ様声帯 - 喫煙
c.喉頭乳頭腫 - ウィルス感染
d.声帯ポリープ - 細菌感染
e.声帯嚢胞 - 外傷
1. a、b
2. a、e
3. b、c
4. c、d
5. d、e

解答<3>


第76問 音声治療の適応でないのはどれか。
1. 声帯嚢胞
2. 声帯結節
3. 心因性失声症
4. 喉頭肉芽腫
5. 痙攣性発声障害

解答<1>


第77問 気管食道瘻発声に関して適切でないのはどれか。
1. シャント増設手術 - 天津法
2. ボイスプロテーゼ - 逆流防止弁
3. 駆動力 - 呼気
4. 振動源 - 咽頭食道粘膜
5. 気管から食道への漏れ - 誤嚥

解答<5>


第78問 構音の評価として適切でないのはどれか。
1. 単語検査
2. 文章検査
3. 会話の観察
4. 語音弁別検査
5. 構音類似運動検査

解答<4>


第79問 機能性構音障害の訓練の進め方について正しいのはどれか
1. 構音操作の難易度を考慮する。
2. 単語レベルに達してから自己音声の評価を行う。
3. 集中的訓練終了の目安は文章音読課題である。
4. 5割達成できた課題を自習課題とする。
5. 音節訓練では速やかに文字を導入する。

解答<1>


第80問 口蓋化構音について正しいのはどれか。
a.機能性構音障害では発現しない。
b.舌尖音、歯茎音に発現しやすい。
c.舌の中央部と硬口蓋後端で音を産出する。
d.呼気は鼻腔から流出する。
e.口蓋裂術後にはみられない。
1. a、b
2. a、e
3. b、c
4. c、d
5. d、e

解答<3>


第81問 カルナンの3徴候はどれか。
a.口蓋垂裂
b.軟口蓋麻痺
c.軟口蓋短縮
d.硬口蓋後縁のV字型欠損
e.軟口蓋正中の透光性亢進
1. a、b、c
2. a、b、e
3. a、d、e
4. b、c、d
5. c、d、e

解答<3>


第82問 舌・中咽頭癌術後の構音機能について誤っているのはどれか。
1. 舌根部1/2以上の切除によって不良となる。
2. 舌亜全摘術後の再建では、移植皮弁と扁平にすると良好である。
3. 中咽頭前壁と上壁との切除によって不良となる。
4. 中咽頭癌の広汎切除後では軟口蓋音の障害が最も多い。
5. 中咽頭上側壁の再建目標は鼻咽腔閉鎖不全の防止である。

解答<2>


第83問 末梢神経障害による運動障害性構音障害にみられないのはどれか。
1. 筋力低下
2. 筋緊張異常
3. 筋萎縮
4. 運動速度低下
5. 病的反射

解答<5>


第84問 鼻咽腔閉鎖不全
a.最長発声持続時間の測定
b.鼻副鼻腔CT
c.口腔視診
d.内視鏡検査
e.セファログラム
1. a、b、c
2. a、b、e
3. a、d、e
4. b、c、d
5. c、d、e

解答<5>


第85問 嚥下運動に関与しないのはどれか。
1. 鼓索神経
2. 三叉神経
3. 舌咽神経
4. 迷走神経
5. 舌下神経

解答<1>


第86問 嚥下内視鏡検査で観察できるのはどれか。
a.軟口蓋の挙上
b.舌根の後退
c.梨状陥凹の唾液貯留
d.喉頭の挙上
e.食道の蠕動
1. a、b、c
2. a、b、e
3. a、d、e
4. b、c、d
5. c、d、e

解答<1>


第87問 嚥下機能評価において言語聴覚士が行えるのはどれか。
a.摂食試行
b.段階的水飲み検査
c.嚥下造影検査
d.食道内圧測定
e.嚥下内視鏡検査
1. a、b
2. a、e
3. b、c
4. c、d
5. d、e

解答<1>


第88問 吃音について誤っているのはどれか。
1. 小児期の発症が多い。
2. 男女比は約8:1である。
3. 家族性がある。
4. 発症率は約5%である。
5. 自然治癒がある。

解答<2>


第89問 自動ABRの再検査でreferの結果が得られた場合の適切な対応はどれか。
1. ABRを実施する。
2. OAEを実施する。
3. BOAを実施する。
4. 経過観察とする。
5. 難聴と判断する。

解答<1>


第90問 小学校入学前児。聞き返しがあり発音が不明瞭である。優先順位の低い検査はどれか。
1. 純音聴力検査
2. ティンパノメトリ
3. 言語発達検査
4. 視知覚検査
5. 口腔内の形態と機能の検査

解答<4>


第91問 聴覚障害乳児への接し方で適切でないのはどれか。
1. 視線を合わせる。
2. 口形をはっきりさせる。
3. 音節ごとに区切る。
4. 表情を豊かにする。
5. 抑揚をつける。

解答<3>


第92問 高度難聴児の補聴器装用後の聴性行動について、最も多く反応が観察されるのはどれか。
1. 物の落下音
2. ドアの閉鎖音
3. 自動車の通過音
4. 犬の吠え声
5. 人の呼び声

解答<5>


第93問 語音聴力検査についてただしいのはどれか。
1. 仮名を筆記できない児には実施できない。
2. 通常、感音難聴耳では閾値上40dB以上で最高語音明瞭度を示す。
3. 伝音難聴では提示レベルを上げると語音明瞭度は低下する。
4. 通常、単音より単語の検査の方が成績が良い。
5. 語音聴取閾値と純音聴力レベルは相関しない。

解答<4>


第94問 急性に両耳の中途失調をもたらす成人の疾患はどれか。
1. メニエール病
2. ハント症候群
3. フォン・レックリングハウゼン病
4. ウィルス性脳炎
5. 細菌性髄膜炎

解答<5>


第95問 老人性難聴者とのコミュニケーションを補助する方法として一般的なのはどれか。
a.キーワードを筆記する。
b.文字盤をさす。
c.指文字で綴る。
d.手話を用いる。
e.口もとを見させる。
1. a、b
2. a、e
3. b、c
4. c、d
5. d、e

解答<2>


第96問 重度聴覚障害者の書記言語で少ないのはどれか。
1. 機能語の誤用
2. 動詞活用の誤り
3. 隠喩的語義の誤用
4. 日常生活語彙の誤用
5. 異なり語率の低下

解答<4>


第97問 成人の補聴器選択の検査として適切でないのはどれか。
1. 純音聴力検査
2. 語音聴力検査
3. 不快レベル検査
4. 快適レベル検査
5. 聴性誘発反応検査

解答<5>


第98問 補聴器について正しいのはどれか。
a.最大出力音圧レベルを測定するには入力として90dBSPLを使う。
b.補聴器特性測定装置ではベントによる特性を測定することはできない。
c.最大出力音圧レベルを不快閾値未満にすれば補聴器による音響外傷を避けられる。
d.装用利得の初期目標としては各周波数の聴力レベルの値を用いる。
e.補聴器適合検査ではボリューム設定を最大にして特性を測定する。
1. a、b
2. a、e
3. b、c
4. c、d
5. d、e

解答<1>


第99問 人工内耳の適応とならない難聴の原因はどれか。
1. 内耳奇形
2. 内耳炎
3. 中耳奇形
4. ストレプトマイシン
5. 髄膜炎

解答<3>


第100問 視覚聴覚二重障害の原因となるのはどれか。
a.アッシャー症候群
b.サイトメガロウイルス症候群
c.ハント症候群
d.ワールデンブルグ症候群
e.糖尿病
1. a、b、c
2. a、b、e
3. a、d、e
4. b、c、d
5. c、d、e

解答<2>


第101問 インフォームドコンセントについて正しいのはどれか。
1. 混乱を避けるために他の治療法の説明はしない。
2. 患者のために医師が判断の主導権を握る。
3. 医師・患者間の問題なので言語聴覚士は関与しない。
4. 治療法に伴う危険性についても詳しく説明する。
5. 患者は承諾書署名後は治療法の変更を要求できない。

解答<4>


第102問 内頸動脈から分岐しないのはどれか。
1. 眼動脈
2. 前大脳動脈
3. 中大脳動脈
4. 後交通動脈
5. 後下小脳動脈

解答<5>


第103問 鼓膜から最も離れて存在する耳小骨はどれか。
1. 鋤骨
2. ツチ骨
3. 蝶形骨
4. アブミ骨
5. キヌタ骨

解答<4>


第104問 健常成人の覚醒時脳波でみられないのはどれか。
a.α波 
b.β波 
c.δ波 
d.紡錘波 
e.頭頂鋭波
1. a、b、c
2. a、b、e
3. a、d、e
4. b、c、d
5. c、d、e

解答<5>


第105問 メタボリック症候群の診断基準に含まれないのはどれか。
1. 中性脂肪
2. 空腹時血糖
3. HDLコレステロール
4. 腹囲
5. 拡張期血圧

解答<なし>


第106問 誤っているのはどれか。
1. 食物アレルギーは乳児期に多い。
2. アレルギーは気管支喘息の原因となる。
3. アナフィラキシー発症時は救急対応が必要である。
4. アナフィラキシーにはエピネフリンの注射が有効である。
5. 薬物アレルギーは薬物服用後24時間以内に症状が見られる。

解答<5>


第107問 初期の認知症患者の介護者への助言として正しいのはどれか。
1. 情報は簡潔に伝えてください。
2. 外へは出させないようにしてください。
3. 家事はさせないようにしてください。
4. ありえないことを言ったらすぐに訂正してください。
5. 内服薬は自己管理させてください。

解答<1>


第108問 統合失調症でみられるのはどれか。
1. 人前でスピーチするのを怖がる。
2. 人の話しを聞かずに話し続ける。
3. 人ごみに出ると息苦しくなる。
4. 人が自分の悪口を言っていると訴える。
5. 死んだはずの人が部屋の中にいると訴える。

解答<4>


第109問 末梢性顔面神経麻痺で障害されるのはどれか。
1. 追視
2. 閉瞼
3. 唾液分泌
4. 舌の運動
5. 咽頭反射

解答<2>


第110問 リハビリテーションの適応でないのはどれか。
1. 両側性前庭障害
2. 脊髄小脳変性症
3. メニエール病発作期
4. 前庭神経炎後の平衡障害
5. アミノ配糖体系抗生物質による平衡障害

解答<3>


第111問 咽頭摘出術後の後遺症でないのはどれか。
1. 便秘
2. 口渇
3. 嗅覚障害
4. 音声喪失
5. 喀痰増加

解答<2>


第112問 内頸動脈狭窄の診断に有用なのはどれか。
1. 左右上肢の血圧測定
2. ABI(足首・上腕血圧比)
3. 頸部血管雑音
4. 負荷心電図
5. 眼圧測定

解答<3>


第113問 プリオン感染症はどれか。
1. アルツハイマー病
2. ハンチントン病
3. ミトコンドリア脳筋症
4. ギラン・バレー症候群
5. クロイツフェルト・ヤコブ病

解答<5>


第114問 口唇裂一次手術において再建されるのはどれか。
1. 口輪筋
2. 口蓋咽頭筋
3. 口蓋帆挙筋
4. 咽頭収縮筋
5. オトガイ舌骨筋

解答<1>


第115問 耳前部の切創で損傷されるのはどれか。
1. 副神経
2. 顔面神経
3. 舌下神経
4. 動眼神経
5. 迷走神経

解答<2>


第116問 顎関節症について誤っているのはどれか。
1. 関節円板の変形がみられる。
2. 開口時に雑音が生じる。
3. 小下顎症様顔貌を呈する。
4. 若年者に好発する。
5. 構音障害の原因となる。

解答<3>


第117問 急性根尖性歯周炎の続発症でないのはどれか。
1. 顎骨骨髄炎
2. 口蓋膿瘍
3. 辺縁性歯周炎
4. 骨膜下膿瘍
5. 口底蜂窩織炎

解答<3>


第118問 すべての無声子音生成時に活動するのはどれか。
1. オトガイ舌骨筋
2. 披裂筋
3. 口蓋帆張筋
4. 口輪筋
5. 後輪状披裂筋

解答<5>


第119問 喉頭ストロボスコピーについて正しいのはどれか。
1. 二重声の発現メカニズムの検討に有効である。
2. ファイバースコープは使用できない。
3. 麻酔が必要である。
4. 喉頭麻痺の原因検索に必要である。
5. 声帯の硬化性病変の診断に有効である。

解答<5>


第120問 8歳の女児。学校健診で両側難聴を指摘され来院した。日常生活で聞こえなくて不便を感じたことはなかった。初診時のオージオグラムを図に示す。確定診断のために有用でないのはどれか。
1. 耳音響放射検査
2. 聴性脳幹反応検査
3. アブミ骨筋反射検査
4. SISI検査
5. 自記オージオメトリ

解答<4>


第121問 音圧増幅で正しい組み合わせはどれか。
1. 耳小骨筋の収縮 - 約45dB
2. 外耳道の共鳴効果 - 約40dB
3. 蝸牛窓の相殺効果 - 約35dB
4. ツチ骨とキヌタ骨とのてこ比 - 30dB
5. 鼓膜とアブミ骨底板との面積比 - 約25dB

解答<5>


第122問 中大脳動脈の灌流域でないのはどれか。
1. 視床
2. 被殼
3. 視放線
4. 一次聴覚野
5. ウェルニッケ野

解答<1>


第123問 健忘症候群について誤っているのはどれか。
a.健忘失語を伴う。
b.短期記憶が障害される。
c.前向性健忘がみられる。
d.海馬の病巣によって生じる。
e.視床の病巣によって生じる。
1. a、b
2. a、e
3. b、c
4. c、d
5. d、e

解答<1>


第124問 ウェーバーの法則について誤っているのはどれか。
a.丁度可知差異を物理量で除したものをウェーバー比という。
b.ウェーバー比は物理量を動かしてもある範囲内で一定である。
c.感覚の大きさは物理量に比例する。
d.ウェーバー比はさまざまな感覚もダリティにおいて同じである。
e.フェヒナーの法則に発展した。
1. a、b
2. a、e
3. b、c
4. c、d
5. d、e

解答<4>


第125問 動機づけについて誤っているのはどれか。
a.要求水準の設定は回避・回避コンフリクト事態と考えられる。
b.達成動機の低い人は中程度の困難度の課題を選択する。
c.達成動機の高い人は実現可能な範囲で高く要求水準を設定する。
d.過去の課題達成度は要求水準の設定に影響を与える。
e.生育歴はその人の達成動機づけのレベルに大きな影響を与える。
1. a、b
2. a、e
3. b、c
4. c、d
5. d、e

解答<1>


第126問 短期記憶について正しいのはどれか。
1. 保持時間は1秒に満たない。
2. 容量は限定されている。
3. エピソード記憶はこれに含まれる。
4. 内容を言語化することはできない。
5. 性差が大きい。

解答<2>


第127問 正しいのはどれか。 1. 折半法は内容的妥当性を確認する方法である。
2. 妥当性は測定値と真の値との相関である。
3. 信頼性の高いテストは妥当性も高い。
4. 信頼性は測定値の分散に占める真の値の分散の割合である。
5. 因子負荷量によって構成概念妥当性を確認できる。

解答<4>


第128問 比率尺度を直接構成するのはどれか。
1. 多次元尺度構成法
2. 評定尺度法
3. 一対比較法
4. 順位法
5. マグニチュード推定法

解答<5>


第129問 パニック障害について正しいのはどれか。
1. 行動範囲が拡大する。
2. 生理的変化がみられる。
3. 洗浄強迫が顕著である。
4. 薬物療法は無効である。
5. 男性に多い。

解答<2>


第130問 投影法による心理検査はどれか。
1. CMI
2. MAS
3. MPI
4. SCT
5. SDS

解答<4>


第131問 プレイセラピーについて正しいのはどれか。
1. 1回の時間制限を設けない。
2. セラピストが遊びを選択する。
3. 情緒的不適応の問題に有効である。
4. 遊びに集中するために、ことばを用いない。
5. グループでは行わない。

解答<3>


第132問 前操作期の子どもが失敗し、具体的操作期の子どもが成功するのはどれか。
a.誤信念課題
b.てんびん問題
c.三つ山問題
d.保存課題
e.4枚カード問題
1. a、b
2. a、e
3. b、c
4. c、d
5. d、e

解答<4>


第133問 乳児が見知らぬ事象に出会ったときに、養育者の反応から自分の行動の手がかりを得ることを何と呼ぶか。
1. 内的作業モデル
2. 前概念的思考
3. 社会的参照
4. 同化
5. 信頼性の獲得

解答<3>


第134問 正しいのはどれか。 a.Portmann,A.は人の乳児期を「子宮外の胎児期」と呼んだ。
b.Gesell,A.L.は成熟説の立場から学習準備性を唱えた。
c.Lorenz,K.Z.は発達課題を設定した。
d.Bandura,A.は視覚的断崖装置を用いて乳児の奥行き知覚を調べた。
e.Chomsky,N.A.は観察学習の重要性を指摘した。
1. a、b
2. a、e
3. b、c
4. c、d
5. d、e

解答<1>


第135問 円唇性をもつのはどれか。
a.[p]
b.[m]
c.[ɯ]
d.[u]
e.[w]
1. a、b
2. a、e
3. b、c
4. c、d
5. d、e

解答<5>


第136問 有声音のみからなる語はどれか。
1. ウミガメ
2. コバンザメ
3. ニジマス
4. ボタンエビ
5. マナガツオ

解答<1>


第137問 音節とモーラ数との差が最も大きいのはどれか。
1. パイナップル
2. マンゴー
3. パッションフルーツ
4. スターアップル
5. グレープフルーツ

解答<3>


第138問 共通語(東京方言)の4モーラ名詞にみられないアクセント型はどれか。
1. 低高高高
2. 低高高低
3. 低高低低
4. 高低低高
5. 高低低低

解答<4>


第139問 [w]の音源位置について正しいのはどれか。
1. 口唇
2. 軟口蓋
3. 声門
4. 口唇と軟口蓋
5. 口唇と軟口蓋と声門

解答<3>


第140問 日本語破裂音のVOTで正しいのはどれか。
a.有声/無声を弁別する音響特徴である。
b.無声破裂音では負にならない。
c.有声破裂音では正にならない。
d.有気音化すると短くなる。
e.語頭の場合、通常発話では[k]より[p]の方が長い。
1. a、b
2. a、e
3. b、c
4. c、d
5. d、e

解答<1>


第141問 広帯域サウンドスペクトログラムについて正しいのはどれか。
a.数ミリ秒の短い分析窓を用いる。
b.周波数分析能がよい。
c.ホルマント周波数の測定に用いる。
d.倍音の時間変化の様子が観察できる。
e.鼻音区間の長さの測定に適している。
1. a、b
2. a、e
3. b、c
4. c、d
5. d、e

解答<2>


第142問 正しいのはどれか。
1. 平均律で12半音階高い音は基の音の2倍の高さに感じる。
2. 1オクターブ高い音は基の音の2倍の高さに感じる。
3. 1000メル、2ソンの純音は、1000メル、1ソンの2倍の高さに感じる。
4. 2000メル、1ソンの純音は、1000メル、1ソンの2倍の高さに感じる。
5. 2000Hz、1ソンの純音は、1000Hz、1ソンの2倍の高さに感じる。

解答<4>


第143問 漢字の特徴として誤っているのはどれか。
1. 漢字全体の約7割を占めているのは象形文字である。
2. 「上」のように抽象概念を図案化したものを指事文字という。
3. 「林」のように象形文字を組み合わせたものを会意文字という。
4. 1時が1語に相当するので表語文字とも呼ばれる。
5. 漢字の意味に相当する和語を当てる手法を訓読みという。

解答<1>


第144問 「ら抜き言葉」でないのはどれか。
1. 考えれる
2. 切れる
3. 食べれる
4. 見れる
5. 寝れる

解答<2>


第145問 下線部「た」の用法が他と異なるのはどれか。
1. あ、あっちから車が来たよ。
2. 明日出張だったっけ?
3. 危ない!どいたどいた!
4. ご飯、もう食べちゃったよ。
5. このカバン、あなたのだったよね。

解答<4>


第146問 学童期に明確になる会話の特徴はどれか。
1. 相手の発話を自分の立場から理解する。
2. 相手と共有する経験や知識への依存度が高い。
3. 相手によって話す内容を選択する。
4. 相手に情報が伝わらないと同じ表現を繰り返す。
5. 相手の反応に関係なく会話する。

解答<3>


第147問 誤っているのはどれか。
1. 医学リハビリテーションとは、医学の知識や方法で障害の除去・軽減を図ることを言う。
2. 教育リハビリテーションとは、特別支援学校において実施されるものを言う。
3. 職業リハビリテーションでは、就業の場を得、かつそれを継続できるようにする。
4. 社会的リハビリテーションは、社会生活力を高めることを目的とする。
5. 地域リハビリテーションでは、在宅生活を実現・継続できるよう支援する。

解答<2>


第148問 身体障害者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を行う国家資格はどれか。
1. 社会福祉士
2. 介護支援相談員
3. 身体障害者相談員
4. 身体障害者福祉司
5. 紹介者相談支援従事者

解答<1>


第149問 介護保険の第2号被保険者となる年齢区分はどれか。
1. 20歳以上60歳未満
2. 40歳以上60歳未満
3. 40歳以上65歳未満
4. 60歳以上
5. 65歳以上

解答<3>


第150問 民間企業に勤める一般の被用者が加入するのはどれか。
a.国民健康保険
b.健康保険
c.厚生年金保険
d.国民年金保険
e.共済保険
1. a、b
2. a、e
3. b、c
4. c、d
5. d、e

解答<3>


第151問 言語聴覚士法について誤っているのはどれか。
1. 対象者の個人情報を漏らした場合、50万円以下の罰金に処せられる。
2. 絶対的欠格事由が規定されている。
3. 他職種との連携の必要性が明示されている。
4. 業務上の守秘義務は退職後も継続する。
5. 対象者に主事の医師がある場合、言語聴覚士はその指導を受ける。

解答<2>


第152問 正しいのはどれか。
1. 純音聴力検査では骨導閾値は250Hzから8000Hzで測定する。
2. 田中ビネー知能検査Ⅴでは言語性および動作性知能を求める。
3. 新版K式発達検査では養育者が回答する。
4. トークンテストでは理解語彙年齢を求める。
5. 反復唾液嚥下テストは30秒を評価単位とする。

解答<5>


第153問 正しいのはどれか。
1. 最頻値は正規化した標準得点である。
2. 素点は標準偏差が10になるように変換されている。
3. 分散は最大値と最小値との差である。
4. パーセンタイル順位が50である得点は中央値に等しい。
5. ヒストグラムは測定値が正規分布するよう構成する。

解答<4>


第154問 後大脳動脈領域梗塞の症状でないのはどれか。
1. 健忘
2. 相貌失認
3. 純粋語唖
4. 純粋失読
5. 地誌的失見当

解答<3>


第155問 ウェルニッケ失語と伝導失語との鑑別で重要なのはどれか。
a.聴覚的理解障害
b.喚語困難
c.音韻性錯語
d.発語失行(失構音)
e.接近行為
1. a、b
2. a、e
3. b、c
4. c、d
5. d、e

解答<2>


第156問 キーワード法の仮名文字訓練で必要な検査はどれか。
a.トークンテスト
b.失語症構文検査
c.モーラ抽出検査
d.呼称検査
e.語彙性判断検査
1. a、b
2. a、e
3. b、c
4. c、d
5. d、e

解答<4>


第157問 正しい組み合わせはどれか。
1. 前頭葉 - 運動
2. 側頭葉 - 視覚
3. 頭頂葉 - 聴覚
4. 後頭葉 - 触覚
5. 小脳 - 味覚

解答<1>


第158問 誤っているのはどれか。
a.純粋失読は文字数効果を示す。
b.音韻性錯書は仮名文字に多い。
c.失読失書で運動覚性促通がみられる。 d.脳梁離断で右手の失書が生じる。
e.左頭頂葉性純粋失書で漢字と仮名とが障害される。
1. a、b
2. a、e
3. b、c
4. c、d
5. d、e

解答<4>


第159問 純粋語聾について正しいのはどれか。
a.純音聴力レベルは正常範囲か軽度閾値上昇にとどまる。
b.語音弁別が困難となる。
c.書き取りが障害される。
d.環境音の聞き取りが困難となる。
e.メロディーの同定が障害される。
1. a、b、c
2. a、b、e
3. a、d、e
4. b、c、d
5. c、d、e

解答<1>


第160問 失語症の会話能力の評価において重要でないのはどれか。
1. 役割交替
2. 音韻形式
3. 伝達手段
4. 発話意欲
5. 情報伝達度

解答<2>


第161問 失語症の予後について誤っているのはどれか。
1. 年齢は若い方が良好である。
2. 原因疾患によって異なる。
3. 機能回復は1年以内に限られる。
4. 病巣範囲が関係する。
5. 喚語困難は長期に残存する。

解答<3>


第162問 連合型視覚性失認について正しいのはどれか。
a.線画の模写ができる。
b.線画を見て名前を言える。
c.線画に正しい色を塗れる。
d.線画の異同弁別ができる。
e.線画のマッチングができる。
1. a、b、c
2. a、b、e
3. a、d、e
4. b、c、d
5. c、d、e

解答<3>


第163問 一過性全健忘について正しいのはどれか。
1. 逆向性健忘を認める。
2. 即時記憶が障害される。
3. 知能障害を伴う。
4. 意識障害を伴う。
5. 数日間進行する。

解答<1>


第164問 誤っている組み合せはどれか。
1. 学習障害 - 就学前後から気づかれる。
2. 脳性麻痺 - 1歳ころまでに気づかれる。
3. 自閉症スペクトラム障害 - 3歳以前に発症する。
4. 特異的言語発達障害 - 6歳過ぎに気づかれる。
5. 注意欠陥/多動性障害 - 7歳以前に発症する。

解答<4>


第165問 知的障害の原因にならないのはどれか。
1. ヌーナン症候群
2. ギラン・バレー症候群
3. 脆弱X症候群
4. 5pモノソミー(猫なき症候群)
5. レノックスーガストー症候群)

解答<2>


第166問 アスペルガー障害の特徴はどれか。
a.比喩を理解しにくい。
b.場の雰囲気を読み取りにくい。
c.計算方法を理解しにくい。
d.文法を理解しにくい。
e.他者の感情を理解しにくい。
1. a、b、c
2. a、b、e
3. a、d、e
4. b、c、d
5. c、d、e

解答<2>


第167問 「コップ」を「ポック」と言い誤るのと同じ性質の誤りはどれか。
1. ごはん - オワン
2. がんばれ - バンガレ
3. たんぽぽ - パンポポ
4. ひこうき - コーキ
5. エレベーター - エベベーター

解答<2>


第168問 家族内集積性があるのはどれか。
a.ダウン症候群
b.自閉症スペクトラム障害
c.注意欠陥/多動性障害
d.ディスレキシア(発達性読み書き障害)
e.脳性麻痺
1. a、b、c
2. a、b、e
3. a、d、e
4. b、c、d
5. c、d、e

解答<4>


第169問 K-ABC心理・教育アセスメントバッテリーの下位検査はどれか。
a.ことばの類推
b.表現語彙
c.数唱
d.絵の統合
e.絵画配列
1. a、b、c
2. a、b、e
3. a、d、e
4. b、c、d
5. c、d、e

解答<4>


第170問 5歳の男児。主訴は「発音がうまくできない。」適切な検査はどれか。
a.CADL
b.PEP-Ⅲ
c.MMPI
d.WPPSI
e.ピープショウ検査
1. a、b
2. a、e
3. b、c
4. c、d
5. d、e

解答<5>


第171問 幼児期のダウン症児への対応として優先順位の低いのはどれか。
1. 身振りサインを使用して言語理解を促す。
2. 聴力検査を実施する。
3. ADL面の指導を行う。
4. 通園施設や保育園・幼稚園への入園を勧める。
5. 早期から構音訓練を実施する。

解答<5>


第172問 5歳の高機能自閉症児への指導として適切でないのはどれか。
1. 概念を拡大するためにカテゴリー分類課題を行う。
2. 課題の内容と順序を絵や文字で示す。
3. 表出課題より、相手の話を聞く理解課題を多く行う。
4. 状況絵を用いて現前事象の質問応答課題を行う。
5. 文の復唱課題によって発語を促す。

解答<5>


第173問 ウェルドニッヒ・ホフマン病のAACとして適切でないのはどれか。
1. 透明文字盤
2. 光電タッチスイッチ
3. キーボードによるパソコン
4. 1スイッチによるパソコン
5. スクリーンリーダー

解答<3>


第174問 片側喉頭麻痺について誤っているのはどれか。
1. 声域の制限
2. 気息性嗄声
3. 声量の低下
4. 最長発声持続時間の短縮
5. 発声時平均呼気流率の低下

解答<5>


第175問 外転型痙攣性発声障害で不随意運動が起こるのはどれか。
1. 輪状咽頭筋
2. 後輪状披裂筋
3. 外側輪状披裂筋
4. 甲状披裂筋
5. 披裂筋

解答<2>


第176問 喉頭内視鏡検査について誤っているのはどれか。
1. 電子内視鏡はファイバースコープより解像度が高い。
2. 内視鏡が鼻咽腔を通過しにくい際はマ行音を言わせる。
3. 声帯振動を見る時は「エー」と発声させる。
4. 喉頭ストロボスコピーでは実際の声帯振動が見える。
5. 喉頭の知覚検査が可能である。

解答<4>


第177問 電気式人口喉頭の訓練初期に必要でないのはどれか。
1. 圧定位置と保持
2. 呼吸調節
3. オンオフと発話のタイミング
4. 子音の強調
5. 発話速度の上昇

解答<4or5>


第178問 機能性構音障害の訓練として適切でないのはどれか。
1. 構音操作に近い動作を教える。
2. 代償構音を教える。
3. 構音位置を図示する。
4. 既習得音を利用する。
5. 音を模倣させる。

解答<2>


第179問 眼球運動のみ可能な筋萎縮性側索硬化症例の代償コミュニケーション手段はどれか。
1. 50音読み上げ(聴覚走査法)
2. 空書
3. VOCA
4. ペーシングボード
5. コミュニケーションノート

解答<1>


第180問 8歳の男児。開鼻声と声門破裂音があり発話不明瞭。対応として適切でないのはどれか。
1. スピーチエイドの作製
2. 咽頭弁形成術
3. ブローイング訓練
4. 構音訓練
5. 音声訓練

解答<5>


第181問 正しい組み合わせはどれか。
1. 痙性構音障害 - 筋力低下
2. 弛緩性構音障害 - 深部反射亢進
3. 運動低下性構音障害 - 運動開始困難
4. 運動過多性構音障害 - 測定障害
5. 失調性構音障害 - 不随意運動

解答<3>


第182問 運動障害性構音障害の訓練について正しいのはどれか。
a.構音器官の筋力強化訓練は短時間に頻回に行う。
b.認知面の障害の影響を考慮する。
c.バイトブロックで下顎のジストニーを制限する。
d.構音器官の運動機能の改善がプラトーに達したら発話の訓練に移る。
e.進行性疾患の場合は発話の訓練を行わない。
1. a、b、c
2. a、b、e
3. a、d、e
4. b、c、d
5. c、d、e

解答<1>


第183問 老化に伴う生理的変化はどれか。
a.食道入口部開大時間の延長
b.唾液分泌の低下
c.安静時喉頭位の下降
d.咽喉頭感覚の低下
e.咽頭残留の減少
1. a、b、c
2. a、b、e
3. a、d、e
4. b、c、d
5. c、d、e

解答<4>


第184問 摂食・嚥下機能評価について誤っている組み合わせはどれか。
1. 喉頭挙上開始遅延 - 嚥下造影検査
2. 食物残留 - 内視鏡検査
3. 湿性嗄声 - 頸部聴診法
4. silent aspiration - 水飲みテスト
5. 随意嚥下運動 - 反復唾液嚥下テスト

解答<4>


第185問 嚥下障害への対応について誤っている組み合わせはどれか。
1. 食塊移送不全 - 体幹後傾位
2. 一側の咽頭通過障害 - 頭部回旋
3. 食道入口部開大不全 - 顎突出
4. 前咽頭期型誤嚥 - 頸部伸展
5. 咽頭残留 - 交互嚥下

解答<4>


第186問 嚥下障害に対する手術について誤っている組み合わせはどれか。
1. 咽頭弁形成術 - 咽頭内圧上昇
2. 輪状咽頭筋切断術 - 食道内圧上昇
3. 甲状軟骨舌骨固定術 - 喉頭挙上
4. 声帯内方移動術 - 喉頭閉鎖強化
5. 喉頭気管分離術 - 誤嚥防止

解答<2>


第187問 吃音に対する文章音読検査の評価項目として誤っているのはどれか。
1. 出現頻度
2. 音読所要時間
3. 被刺激性
4. 随伴症状
5. 適応性

解答<3>


第188問 吃音児に提示する「楽な発話モデル」について正しいのはどれか。
1. 質問の多用
2. テンポよい応答
3. ゆっくりした発話
4. 大きな声
5. 明瞭な歯切れの良い発話

解答<3>


第189問 難聴のリスクファクターでないのはどれか。
1. 血清総ビリルビン値2mg/dl
2. 近親結婚
3. 出生時仮死
4. 母体のウィルス感染
5. 顎・顔面の形成異常

解答<1>


第190問 両側の小耳症・外耳道閉鎖症を伴うのはどれか。
1. アルポート症候群
2. コケイン症候群
3. ハンター症候群
4. トリーチャー・コリンズ症候群
5. ターナー症候群

解答<4>


第191問 先天性難聴児の良聴耳平均聴力レベルの音声への影響について誤っている組み合わせはどれか。
1. 30~39dB - 特に影響はない。
2. 41~69dB - 話声が大きい。
3. 70~89dB - 声質の障害か多く認められる。
4. 90~109dB - 子音の置換・脱落が多く認められる。
5. 110dB以上 - 発話速度の低下が認められる。

解答<3>


第192問 トップダウン処理による聴覚学習の課題として適切なのはどれか。
1. 文を聴取して文字で書き取る。
2. 文章を聴取してキーワードを拾う。
3. 助詞の違いに着目して文を聴取する。
4. 単語を聴取して50音表から文字を選択する。
5. 単音節を聴取して復唱する。

解答<2>


第193問 老人性難聴について誤っているのはどれか。
1. 50歳代から始まる。
2. 高音域から始まる。
3. 語音明瞭度が低下する。
4. 発生頻度に性差がある。
5. 障害認識度が低い。

解答<1>


第194問 テレコミュニケーション指導に関連がないのはどれか。
1. キュードスピーチの活用
2. 通話シナリオの活用
3. 数字列を用いた聴取
4. 補聴装置のマイクロホン位置の確認
5. 質問構成法の導入

解答<1>


第195問 難聴者が聴取しやすい条件はどれか。
a.複数話者
b.冗長性のある文章
c.平易な文法構造
d.遅すぎるくらいの話速
e.心像性の低い語彙
1. a、b
2. a、e
3. b、c
4. c、d
5. d、e

解答<3>


第196問 コミュニケーション手段として手話を用いる可能性が最も低い成人聴覚障害者はどれか。
1. 先天性高度難聴者
2. Blind-based deaf
3. Deaf-based blind
4. ろう者
5. 中途失聴者

解答<2>


第197問 1歳未満児における1000Hzの実耳挿入利得をA、2ccカプラ利得をBとすると、A-Bの値に最も近いのはどれか。
1. −10dB
2. −5dB
3. 0dB
4. +5dB
5. +10dB

解答<5>


第198問 人工内耳のスピーチプロセッサが修理不能になったときに、新たな交付を受ける根拠となる制度はどれか。
1. 身体障害者福祉法
2. 障害者自立支援法
3. 生活扶助
4. 特定保険医療材料
5. 障害者基本法

解答<4>


第199問 人工内耳小児症例のマッピングにおいて指標となる行動で誤っている組み合わせはどれか。
1. 親の顔を見る - Tレベル
2. 自分の顔に手を触れる - Tレベル
3. 発声する - Tレベル
4. 目をつむる - Cレベル
5. 親に抱っこを求める - Cレベル

解答<3>


第200問 指点字について正しいのはどれか。
1. 人さし指で発信する。
2. 手の平で受信する。
3. キューサインを用いる。
4. ローマ字式がある。
5. 五十音に対応している。

解答<5>

inserted by FC2 system