ナビ式言語聴覚士国家試験対策室

第11回 言語聴覚士国家試験過去問

問1~問50 │ 問51~問100 │ 問101~問150 │ 問151~問200

第1問 正しいのはどれか。

  1. コホート研究は後向き研究である。
  2. コホート研究は追跡調査である。
  3. コホート研究はまれな疾患を対象とする。
  4. 患者・対照研究は相対危険度を直接計算できる。
  5. 患者・対照研究は前向き研究である。
解答<2>

第2問 咀嚼・嚥下に関連しないのはどれか。

  1. 第Ⅴ脳神経
  2. 第Ⅵ脳神経
  3. 第Ⅸ脳神経
  4. 第?脳神経
  5. 第?脳神経
解答<2>

第3問 レム睡眠で正しいのはどれか。

  1. 夢をみない。
  2. 筋緊張は亢進する。
  3. 脈拍数は減少する。
  4. 血圧は低下する。
  5. 眼球は急速に運動する。
解答<5>

第4問 運動によって増加しないのはどれか。

  1. 1回換気量
  2. 呼吸回数
  3. ヘモグロビンの酸素親和性
  4. 心拍出量
  5. 肺循環血液量
解答<3>

第5問 変性疾患でないのはどれか。

  1. アルツハイマー病
  2. 筋萎縮性側索硬化症
  3. ギラン・バレー症候群
  4. パーキンソン病
  5. 前頭側頭型認知症
解答<3>

第6問 二次性高血圧の原因でないのはどれか。

  1. 原発性アルドステロン症
  2. 腎動脈狭窄
  3. 褐色細胞腫
  4. プロラクチン産生腫瘍
  5. クッシング症候群
解答<4>

第7問 肝硬変で見られないのはどれか。

  1. 黄疸
  2. 腹水
  3. 浮腫
  4. 高アンモニア血症
  5. 高アルブミン血症
解答<5>

第8問 アテローム血栓性脳梗塞の危険因子はどれか。

  1. 血清総コレステロール低値
  2. 血清HDLコレステロール高値
  3. 血清LDLコレステロール高値
  4. 血清ヘモグロビンAlc低値
  5. 血清中性脂肪低値
解答<3>

第9問 難聴をきたすのはどれか。

a.聴神経腫瘍

b.多発筋炎

c.筋萎縮性側索硬化症

d.重症筋無力症

e.ミトコンドリア脳筋症

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<2>

第10問 正しい組み合わせはどれか

  1. 神経梅毒 - 言語蹉跌
  2. トゥレット症候群 - 反響言語
  3. コルサコフ症候群 - 滞続言語
  4. アルツハイマー病 - 緘黙
  5. 前頭側頭型認知症 - 語間代
解答<1and2>

第11問 アスペルガー症候群でみられるのはどれか。

  1. 知能障害
  2. 記憶障害
  3. 言語障害
  4. 睡眠障害
  5. 社会性の障害
解答<5>

第12問 重症心身障害児の合併症でないのはどれか。

  1. 胃食道逆流症
  2. てんかん
  3. 易骨折性
  4. 誤嚥性肺炎
  5. 肥厚性幽門狭窄症
解答<5>

第13問 正しいのはどれか。

a.単純型熱性痙攣は家族性にみられることが多い。

b.軽症下痢に引き続いて起こる痙攣の予後は良好である。

c.欠伸発作では知的障害を合併することが多い。

d.ランドー・クレフナー症候群の予後は良好である。

e. 乳児重症ミオクロニーてんかんでは知的発達は正常である。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<1>

第14問 正しいのはどれか。

  1. 重度障害者はリハビリテーションの適応外である。
  2. リハビリテーションの到達目標は医療者が決定する。
  3. リハビリテーションは障害の固定後に開始する。
  4. ノーマライゼーションは障害者間の心の交流を主目的とする。
  5. ノーマライゼーションは障害者の社会的自立を促進する。
解答<5>

第15問 両耳に感音難聴を起こすのはどれか。

  1. 老人性難聴
  2. 外耳道閉鎖症
  3. ムンプス難聴
  4. ハント症候群
  5. 良性発作性頭位めまい症
解答<1>

第16問 褥瘡の発症要因でないのはどれか。

  1. 肥満
  2. 脊髄損傷
  3. 寝たきり状態
  4. 四肢関節拘縮
  5. 貧血
解答<1>

第17問 顎義歯の装着で改善しないのはどれか。

  1. 咀嚼障害
  2. 嚥下障害
  3. 知覚障害
  4. 構音障害
  5. 顔貌変形
解答<3>

第18問 口腔にメラニン色素沈着を起こすのはどれか。

  1. 扁平苔癬(たいせん)
  2. ベーチェット病
  3. 顎放線菌症
  4. 帯状疱疹
  5. アジソン病
解答<5>

第19問 音圧を増強しないのはどれか。

  1. 外耳道の共鳴作用
  2. 耳小骨のテコ作用
  3. 鼓膜とアブミ骨底板との面積比
  4. 鼓膜張筋の収縮
  5. 正円窓の遮蔽効果
解答<4>

第20問 関連性が低い組み合わせはどれか。

  1. 耳管 - 口蓋帆張筋
  2. 正円窓 - 鼓室階
  3. 内耳道 - 前庭神経
  4. アブミ骨 - 卵円窓
  5. 鼓索神経 - 顔面神経膝部
解答<1>

第21問正しいのはどれか。

a. 喉頭の知覚神経は三叉神経の分枝である。

b. 後輪状披裂筋は嚥下時に収縮する。

c. 輪状甲状筋は声の高さの調節に関与している。

d. 甲状披裂筋は発声時に活動する。

e. 喉頭室に分泌腺は存在しない。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<4>

第22問中咽頭にあるのはどれか。

a.喉頭蓋谷

b.後口蓋弓

c.咽頭扁桃

d.梨状陥凹

e.舌下腺

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<1>

第23問中大脳動脈の灌流領域に含まれないのはどれか。

  1. 角回
  2. 視放線
  3. 被殻
  4. 視床
  5. 島回
解答<4>

第24問機能的MRIについて正しいのはどれか。

  1. 造影剤を用いる。
  2. 放射性薬剤を用いる。
  3. 脳に磁気刺激を行う。
  4. 脳血流の変化を画像化する。
  5. 脳の微小電位を画像化する。
解答<4>

第25問知覚の恒常性と関係があるのはどれか。

  1. 直観像
  2. 閾下知覚
  3. 月の錯視
  4. プルキンエ現象
  5. 主観的輪郭
解答<3>

第26問弁別学習に関係ないのはどれか。

  1. 誤反応要因説
  2. 行動対比
  3. 移行学習
  4. 見本合せ法
  5. 再学習法
解答<5>

第27問短期記憶の容量として適切なのはどれか。

  1. 3±1項目
  2. 7±2項目
  3. 12±2項目
  4. 15±2項目
  5. 20±2項目
解答<2>

詳細第11回

第28問PSEの測定に適するのはどれか。

  1. 一対比較法
  2. 順位法
  3. 評定尺度法
  4. 調整法
  5. ME法
解答<4>

詳細第11回

第29問尺度の信頼性の指標として適切なのはどれか。

  1. ファイ係数
  2. アルファ係数
  3. 回帰係数
  4. 因子得点
  5. 標準得点
解答<2>

詳細第11回

第30問測定値間の差を求めることができるのはどれか。

a.序数尺度

b.比率尺度

c.間隔尺度

d.名義尺度

e.順序尺度

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<3>

詳細第11回

第31問正しいのはどれか。

  1. Spearman,Cは認知課題の成績を支配する単一の共通能力があるとした。
  2. Guilford,J.Pの知能モデルでは12の因子が想定されている。
  3. 成人では、流動性知能は結晶性知能より加齢による低下が緩やかである。
  4. 創造性は発散的思考より収束的思考との関係が深い。
  5. Wallas,Gによる創造的思考の過程は準備、孵化、検証の3段階である。
解答<1>

詳細第11回

第32問Eysenck,H.J.によるパーソナリティの階層構造で最上位の水準はどれか。

  1. 類型
  2. 特性
  3. 特殊反応
  4. 一般的反応
  5. 習慣的反応
解答<1>

詳細第11回

第33問自己愛性パーソナリティ障害について誤っているのはどれか。

  1. 自己の重要性に関する誇大な感覚を有する。
  2. ほとんどいつも孤立した行動を選択する。
  3. 自分自身の目的を達成するために他人を利用する。
  4. しばしば他人が自分に嫉妬していると思い込む。
  5. 過剰な賞賛を求める。
解答<2>

詳細第11回

第34問発達の最近接領域について正しいのはどれか。

  1. Bruner,J.Sが提唱した。
  2. 発達の現在の水準を示す。
  3. 教育の能動的役割を重視する。
  4. 形式的操作段階の特徴である。
  5. 子どもが独力で解ける課題の範囲を指す。
解答<3>

第35問正しいのはどれか。

  1. 生後2ヶ月ころには追視をする。
  2. 3歳ころに二語文を話し始める。
  3. 4歳ころに保存の概念を獲得する。
  4. 6歳ころに社会的参照が盛んになる。
  5. 9歳ころに他者の行動を解釈し始める。
解答<1>

第36問母音[i]を発音するときの舌の形状はどれか。 解答例<3>第11回

第37問声門の状態が他と異なるのはどれか。

  1. [f]
  2. [h]
  3. [s]
  4. [∫]
  5. [x]
解答<2>

第38問音節数が最も少ない語はどれか。

  1. サンドイッチ
  2. たぬきうどん
  3. とんこつラーメン
  4. ハンバーガー
  5. めだまやき
解答<4>

第39問1000Hz、 20mPaの純音を20dB増幅したときの音圧レベルはどれか。

  1. 20dB
  2. 40dB
  3. 60dB
  4. 80dB
  5. 100dB
解答<4>

第40問日本語促音の主要な音響的性質として正しいのはどれか。

a.無声破裂音の無音区間が長くなる。

b. 無声破裂音の破裂の長さが長くなる。

c.無声破裂音の気息性区間が長くなる。

d.無声破擦音の摩擦性区間が長くなる。

e.無声摩擦音の摩擦性区間が長くなる。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<2>

第41問デジタル音響分析で正しいのはどれか。

a. 標本化周期を短くするほどデータ量は増える。

b.量子化ビット数を大きくするほどデータ量は増える。

c.標本化周波数を高くするほど周波数分解能は良くなる。

d. 量子化ビット数を大きくするほど量子化雑音は増える。

e. 1000Hzの純音は1000Hzの標本化周波数で標本化してもょい。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<1>

第42問健聴耳で1ソーンのラウドネスとなる音圧が最も大きいのはどれか。

  1. 125Hz
  2. 250Hz
  3. 500Hz
  4. 1000Hz
  5. 2000Hz
解答<1>

第43問漢字「晴」「請」「清」に共通する特徴はどれか。

  1. 音読みしたとき長さが1モーラである。
  2. 訓読みしたとき同じ音である。
  3. 意符と音符のうち音符が同一である。
  4. 会意文字と呼ばれる成り立ちをしている。
  5. 象形文字なので形と意味とが合致している。
解答<3>

第44問日本語の音節構造について正しいのはどれか。

  1. 閉音節が語末の位置に現れることはない。
  2. 音節頭の位置で子音は3つまで連続できる。
  3. モーラと音節は事実上同じ単位とみなされる。
  4. 促音は母音の前に来ることができる。
  5. 引き音(「ー」)は撥音より前に来る。
解答<5>

第45問「読まれなかったらしい」を文法的要素に分解して並べたとき後ろから3番目はどれか。

  1. 否定
  2. テンス
  3. ヴォイス
  4. アスペクト
  5. モダリティ
解答<1>

第46問意味発達の指標はどれか。

  1. 喃語(babbling)の発達
  2. 汎用(over-generalization)の出現
  3. 共同注意(joint-attention)の成立
  4. 心の理論(theory of mind)の理解
  5. 音韻意識(phonological awareness)の成立
解答<2>

第47問日本におけるリテラシーの発達について正しいのはどれか。

  1. 就学後から発達する。
  2. 気持ちの共有が発達の前提である。
  3. 話しことばの発達とは関連しない。
  4. 文字と音との連合が発達の基盤である。
  5. 模写の繰り返しが発達の鍵である。
解答<4>

第48問身体障害者手帳を交付するのはどれか。

  1. 保健所長
  2. 区市町村長
  3. 都道府県知事
  4. 厚生労働大臣
  5. 障害者支援施設長
解答<3>

詳細第11回

第49問社会手当について正しいのはどれか。

  1. 拠出が給付要件である。
  2. 最低生活保障を目的とする。
  3. 資力調査がある。
  4. 現金給付である。
  5. 保険料を財源とする。
解答<4>

詳細第11回

第50問発達障害者支援法で規定する障害はどれか。

a.自閉症

b.うつ病

c.神経症

d.統合失調症

e.注意欠陥/多動性障害

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<2>

問1~問50 │ 問51~問100 │ 問101~問150 │ 問151~問200

第51問正しいのはどれか。

a.単一事例研究法にはA-B-Aデザインがある。

b. 系統的脱感作は行動療法の一技法である。

c.遊戯療法は応用行動分析に基づく。

d. SSTは感覚統合のプログラムである。

e.バイオフィードバック法は精神分析療法である。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<1>

第52問正しいのはどれか。

  1. スクリーニング検査の目的は重症度の判定である。
  2. 性別や年齢は障害の重症度の判定に影響を及ぼさない。
  3. 評価内容は検査時の課題への取り組み態度を含む。
  4. 総合的検査を実施すれば掘り下げ検査は不要である。
  5. 評価結果の取り扱いは言語聴覚士の判断に委ねられる。
解答<3>

第53問徐々に始まった話しにくさを主訴とする成人の評価として適切なのはどれか。

a.diadochokinesis課題

b.VRA

c.WPPSI

d.PVT-R

e.WAB

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<2>

第54問正しいのはどれか。

  1. 語彙年齢は統語的発達の指標である。
  2. GRBAS評価は音響分析によって求める。
  3. MPTは発語明瞭度を評価する。
  4. 斉唱課題で語用論的能力を評価する。
  5. 聴性脳幹反応は他覚的聴覚検査である。
解答<5>

第55問前方言語領域に含まれるのはどれか。

  1. 上側頭回前部
  2. 上側頭回後部
  3. 中前頭回脚部
  4. 下前頭回弁蓋部
  5. 下前頭回眼窩部
解答<4>

第56問純粋語聾で障害されるのはどれか。

  1. 純音聴力
  2. 音源定位
  3. 音楽の認知
  4. 語音の認知
  5. 環境音の認知
解答<4>

第57問ブローカ失語の症状はどれか。 

a.接近行為 

b.反響言語 

c.電文体発話 

d.構文理解障害 

e.発語失行(失構音)

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<5>

第58問構文の聴覚的理解に影響しないのはどれか。

  1. 語順
  2. 注意
  3. 文構造
  4. 意味可逆性
  5. 近時記憶
解答<5>

第59問誤っている組合わせはどれか。

  1. 仮名文字訓練  ーー  キーワード
  2. 語彙訓練  ーー  心像性
  3. 会話訓練  ーー  役割交代
  4. 構文訓練  ーー  理解ストラテジー
  5. AAC  ーー  話題管理
解答<5>

第60問純粋型の発語失行と弛緩性構音障害との鑑別点でないのはどれか。

  1. 語想起
  2. 誤りの一貫性
  3. 共鳴
  4. 筋力低下
  5. 意図性と自動性の乖離
解答<1>

第61問記銘力障害をきたす病巣部位はどれか。

a.前頭前野

b.島回

c.内包

d.視床

e.海馬

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<5>

第62問正しい組み合せはどれか。

a.前頭側頭型認知症  ーー  立ち去り行動

b.アルツハイマー病  ーー  もの盗られ妄想

c.レビー小体型認知症  ーー  幻視

d.ハンチントン病  ーー  呼称障害

e.正常圧水頭症  ーー  相貌失認

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<1>

第63問アルツハイマー病初期患者で誤っているのはどれか。

a. 状況にそぐわない応答をする。

b. 復唱が重度に障害される。

c. 統語的誤りが目立つ。

d. 語彙が減少する。

e. 同じことを繰り返して言う。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<3>

第64問高次脳機能障害の訓練について誤っているのはどれか。

  1. 観念性失行では多くの物品を呈示して訓練する。
  2. 相貌失認には声を利用する。
  3. 半側空間無視では無視側への注意を喚起する。
  4. 地誌的見当識障害では道順を言語化する。
  5. 遂行機能障害では作業過程を確認する。
解答<1>

第65問発達障害について誤っているのはどれか。

a. 中枢神経系の問題に起因する。

b. 学童期に発症する。

c. 治癒する。

d. 学習障害(LD)を含む。

e. 選択性緘黙を含む。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<3>

第66問脳室周囲白質軟化症(PVL)の症状はどれか。

a.片麻痺

b.アテトーゼ型脳性麻痺

c.痙性麻痺

d.視覚認知障害

e.聴覚障害

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<4>

第67問正しいのはどれか。

a.ベビーサインは聴覚障害児に出現する。

b.マザリーズは言語発達に寄与しない。

c.幼児の他者への注視はコミュニケーション行為ではない。

d.生後初めて言う意味のあることばを機能語という。

e.喃語は6ヶ月ころから出現する。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<2>

第68問誤っている組み合せはどれか。

  1. 田中ビネ一知能検査V  ーー  精神年齢
  2. WISC-Ⅲ知能診断検査  ーー  偏差IQ
  3. K-ABC心理・教育アセスメントバッテリー  ーー  標準得点
  4. ITPA言語学習能力診断検査  ーー  語彙年齢
  5. 新版K式発達検査  ーー  発達年齢
解答<4>

第69問3~4カ月の乳児で難聴を疑うのはどれか。

a. 大きな声に反応しない。

b. 人の声がする方に向かない。

c. 人に向かって声を出さない。

d. 遠くから名前を呼んでも這って来ない。

e. 「だめ」 と言われても手を引っ込めない。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<1>

第70問話しことばのある自閉症児の言語特徴について誤っているのはどれか。

a.自分の興味があることはよく話す。

b. 共感的言語表現が乏しい。

c.コミュニケーション意欲は発達しない。

d. 初期に獲得される語彙は健常児と同様である。

e. 会話での間合いの取り方がずれる。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<4>

第71問平成14年6月27日生まれの児童に平成21年2月23日にWISC-Ⅲ知能診断検査を行った場合、本児の生活年齢として採用するのはどれか。

  1. 6歳
  2. 6歳半
  3. 7歳
  4. 6歳7カ月
  5. 6歳8カ月
解答<4>

第72問3歳の特異的言語発達障害児の指導で適切でないのはどれか。

a. 単語の復唱練習を行う。

b. 語彙の拡大を促進する。

c. ジェスチャーによる表現を認める。

d.形や文字などの同定課題を行う。

e. 要求時には音声で表現させる。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<2>

第73問落ち着きのない幼児の指導で適切なのはどれか。

  1. 課題は分かりやすく反応しやすいものから始める。
  2. 立ち上がらないよう絶えず制止する。
  3. 周囲にはアニメのキャラクターの絵を貼っておく。
  4. ゆっくりとした働きかけをする。
  5. 用意した課題をすべて行ってから遊びを入れる。
解答<1>

第74問難聴を合併する音声受信未習得の3歳ダウン症児の指導で適切でないのはどれか。

a.補聴器のフィッティングと装用指導を行う。

b. 身振り記号を導入する。

c. 実物と写真を用いた予告を行う。

d. 文字を用いた要求表現を促す。

e.成人語音声の模倣を促す。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<5>

第75問話声位が低くなるのはどれか。

  1. ポリープ様声帯
  2. 片側反回神経麻痺
  3. パーキンソン病
  4. 声帯溝症
  5. 変声障害
解答<1>

第76問片側反回神経麻痺による音声障害の治療として誤っているのはどれか。

a.声帯外方移動術

b.甲状軟骨形成術

c.披裂軟骨内転術

d.声帯内注入術

e.気管切開術

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<2>

第77問無喉頭音声について正しいのはどれか。

a. 食道発声は胃に入れた空気を使う。

b. ボイスプロテーゼは定期的な交換が必要である。

c.笛式人工喉頭ではリードが音源である。

d. 電気式人工喉頭では構音訓練は不要である。

e. 代用音声の種類は咽頭再建の術式によって決定される。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<3>

第78問習得時期が最も遅いのはどれか。

  1. 口唇をとがらす。
  2. 左右の頬を交互に膨らます。
  3. 舌の出し入れを繰り返す。
  4. 舌を左右口角に交互につける。
  5. /pa ta ka/と言える。
解答<2>

第79問小児の構音訓練について正しいのはどれか。

  1. 口蓋化構音の訓練には聴覚刺激法が有効である。
  2. 訓練開始前から誤り音を自覚させる。
  3. 声門破裂音の訓練では二重構音に注意する。
  4. 文の音読が正しくできると日常会話に般化する。
  5. 言語発達障害の合併例では構音訓練から始める。
解答<3>

第80問開鼻声を生じないのはどれか。

a.口唇裂

b.粘膜下口蓋裂

c.上顎全摘出術

d.中咽頭切除術

e.アデノイド増殖症

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<2>

第81問口蓋裂について正しいのはどれか。

  1. 胎生12週ころに生じる。
  2. 他の奇形を合併することはまれである。
  3. 生後1歳ころに手術を行う。
  4. 術後の構音訓練は2歳ころから行う。
  5. 歯科矯正は5歳ころから行う。
解答<3>

第82問舌亜全摘術後の再建に用いないのはどれか。

  1. 前胸壁有茎皮弁
  2. 大胸筋皮弁
  3. 腹直筋皮弁
  4. 前腕皮弁
  5. 前外側大腿皮弁
解答<1>

第83問正しい組み合わせはどれか

  1. 開鼻声  ーー  失調性構音障害
  2. 声の大きさの変動  ーー  弛緩性構音障害
  3. 発話速度の低下  ーー  痙性構音障害
  4. 断綴性発話  ーー  運動低下性構音障害
  5. 気息性嗄声  ーー  運動過多性構音障害
解答<3>

第84問気息性嗄声に対する訓練法として適切でないのはどれか。

  1. プッシング法
  2. カイザー・グッツマン法
  3. リー・シルバーマン法
  4. 視覚的フィードバック
  5. 喉頭圧迫による発声介助
解答<2>

第85問嚥下咽頭期に起きないのはどれか。

  1. 喉頭蓋の後傾
  2. 披裂喉頭蓋ヒダの収縮
  3. 仮声帯の内転
  4. 食道入口部の収縮
  5. 耳管の開大
解答<4>

第86問喉頭挙上期型誤嚥に対する訓練法として適切でないのはどれか。

a.ブローイング

b.交互嚥下

c.息止め嚥下

d.顎引き嚥下

e.ロ腔咽頭冷却刺激

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<1>

第87問口腔咽頭期嚥下障害患者に適さないのはどれか。

  1. みかん
  2. バナナ
  3. 卵豆腐
  4. ヨーグルト
  5. ムース
解答<1>

第88問吃音の中核症状でないのはどれか。

a. 音の繰り返し

b. 音の引き伸ばし

c. 挿入

d. 語の繰り返し

e. ブロック

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<4>

第89問耳小骨の発生に関係するのはどれか。

  1. 第1鰓弓と第1鰓溝
  2. 第2鰓弓と第1鰓溝
  3. 第3鰓弓と第2鰓溝
  4. 第1鰓弓と第2鰓弓
  5. 第2鰓弓と第3鰓弓
解答<4>

第90問遊戯聴力検査で誤っているのはどれか。

  1. 音が聞こえたら玩具などを移動するように条件づけを行う。
  2. 適応年齢は3歳以上の乳幼児である。
  3. 聴性行動反応検査用のスピーカーシステムを用いる。
  4. 受話器を用いると左右耳の聴力を別々に検査できる。
  5. 検査音呈示の間隔は一定にする。
解答<5>

第91問高度難聴児の発声行動で、補聴器装用後早期に最も多く観察されるのはどれか。

  1. 音声模倣
  2. 音調変化
  3. 規準性喃語
  4. 発声量の増加
  5. 音韻の種類の増加
解答<4>

第92問高度難聴児の初期のコミュニケーション指導で適切でないのはどれか。

  1. 相互応答性を基準とする。
  2. 子どもに主導権を与える。
  3. 日常生活に般化させる。
  4. 視覚的手段を活用する。
  5. 訂正方略を用いる。
解答<5>

第93問最重度難聴の補聴器装用児と人工内耳装用児とで構音獲得の差が著しいのはどれか。

a.半母音

b.破裂音

c.鼻音

d.摩擦音

e.破擦音

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<5>

第94問オージオメータの保守・点検・整備について適切でないのはどれか。

  1. 気導音、骨導音による聴取点検を検査前に行う。
  2. 各検査周波数の主観的較正点検を最低週に1回行う。
  3. 各検査音の客観的較正点検は年に1回以上行う。
  4. オージオメー夕と付属品の外観的点検は年に1回行う。
  5. オージオメータの基本的較正は日本工業規格に合致するよう行う。
解答<4>

第95問音のレベルの表し方でオージオグラムの縦軸の表示はどれか。

  1. SPL
  2. HL
  3. SL
  4. nHL
  5. peqSPL
解答<2>

第96問メニエール病の治療法でないのはどれか。

  1. 外リンパ腔開放術
  2. イソソルビド内服
  3. 迷路摘出術
  4. ゲンタマイシン鼓室内投与
  5. 前庭神経切断術
解答<1>

第97問老人性難聴で正しいのはどれか。

a. 聴覚伝導路の末梢器官の変性による。

b. 聴力程度に比べて語音明瞭度が低い。

c. 騒音下の会話了解度が低下する。

d. 聞こえについての本人の訴えは初期の段階から多い。

e. 低周波域の聴力低下が最初に出現する。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<1>

第98問聴覚ハンディキャップの主観的評価の領域でないのはどれか。

  1. 障害補償
  2. 精神保健
  3. 発話明瞭度
  4. 言語音聴取
  5. 環境音聴取
解答<3>

第99問ファンクションルゲイン(機能的利得)に近似するのはどれか。

  1. 聴力レベル
  2. 実耳挿入利得
  3. 実耳装用利得
  4. 裸耳利得
  5. 最大音響利得
解答<2>

第100問適切でない組み合せはどれか。

  1. 先天性盲ろう児  ーー  指文字触読の導入
  2. 盲ろう同時障害者  ーー  手書き文字による受信
  3. 盲ベースの盲ろう者  ーー  音声による発信
  4. ろうベースの盲ろう者  ーー  指点字による受信
  5. 先天性盲ろう重複障害児  ーー  空間探索行動の形成
解答<4>

問1~問50 │ 問51~問100 │ 問101~問150 │ 問151~問200

第101問脳神経を形成する鰓弓は何対あるか。

  1. 2対
  2. 4対
  3. 6対
  4. 10対
  5. 12対
解答例<2>

第102問脳底動脈から分岐するのはどれか。

  1. 前大脳動脈
  2. 前交通動脈
  3. 中大脳動脈
  4. 上小脳動脈
  5. 眼動脈
解答例<4>

第103問血液粘稠度が高くなるのはどれか。

  1. 血漿フィブリノゲン減少
  2. 血小板変形能低下
  3. 血小板凝集能低下
  4. ヘマトクリット減少
  5. 白血球数減少
解答例<採点除外>

第104問正しいのはどれか。

  1. 炎症部位の血管は収縮が続いている。
  2. 炎症には赤血球が関与する。
  3. 炎症部位の皮膚温は低い。
  4. 炎症部位には浮腫が生じている。
  5. 炎症と感染とは同義である。
解答例<4>

第105問肺炎の急性増悪期にみられないのはどれか。

  1. 血沈の遅延
  2. 咳嗽
  3. 発熱
  4. CRPの上昇
  5. 悪寒
解答例<1>

第106問慢性腎不全でみられないのはどれか。

  1. 全身倦怠感
  2. 黄疸
  3. 貧血
  4. 浮腫
  5. 高血圧
解答例<2>

第107問球麻痺でみられるのはどれか。

  • a.回転性めまい
  • b.運動失調
  • c.嚥下障害
  • d.構音障害
  • e.顔面感覚障害
  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<4>

第108問境界型人格障害でみられないのはどれか。

  1. 衝動行為
  2. リストカット
  3. 過量服薬
  4. させられ体験
  5. 異性関係のトラブル
解答例<4>

第109問後期高齡者とは何歳以上か。

  1. 60歳
  2. 65歳
  3. 70歳
  4. 75歳
  5. 80歳
解答例<4>

第110問正しい組み合せはどれか。

a.マルファン症候群  ーー  くも状指

b.ターナー症候群  ーー  早熟

c.ソトス症候群  ーー  小頭症

d.ヌーナン症候群  ーー  低身長

e. プラダー・ウィリー症候群  ーー  過食

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答例<3>

第111問新生児について正しいのはどれか。

a. 出生後5分でのアプガースコア1点は重症仮死と判定される。

b. 極低出生体重児の脳性麻痺の原因として脳室周囲白質軟化症がある。

c. 新生児仮死による脳障害は脳梗塞である。

d. 出生体重2500g以下の児は低出生体重児に分類される。

e. 新生児核黄疸の予防には光線療法が有効である。

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答例<2>

第112問記憶障害のリハビリテーションで用いられる手法はどれか。

a.絵画療法

b.PQRST法

c.携帯電話の活用

d. 手がかり漸減法

e.感覚統合訓練

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答例<4>

第113問パーキンソン病で訓練対象でないのはどれか。

  1. 嚥下障害
  2. 言語障害
  3. 巧緻動作障害
  4. 姿勢反射障害
  5. 振戦
解答例<5>

第114問慢性副鼻腔炎でみられないのはどれか。

  1. 嗅覚障害
  2. 鼻茸
  3. 嗄声
  4. 後鼻漏
  5. 前頭部痛
解答例<3>

第115問食道再建に用いられるのはどれか。

  1. 広背筋
  2. 腹直筋
  3. 大網
  4. 小腸
  5. 直腸
解答例<4>

第116問エナメル上皮腫について正しいのはどれか。

  1. 歯髄細胞から発生する。
  2. 組織はエナメル器に類似している。
  3. 上顎の大臼歯部に好発する。
  4. エックス線所見で不透過像を示す。
  5. 増大すると歯肉に潰瘍を形成する。
解答例<2>

第117問口腔組織の加齡変化について誤っているのはどれか。

  1. 咬耗による歯冠長の短縮
  2. 歯肉の退縮による根面露出
  3. 顎骨の萎縮による義歯の不安定化
  4. 咀嚼運動による下顎骨筋突起の平坦化
  5. 唾液分泌の減少による口腔乾燥
解答例<4>

第118問正しいのはどれか。

a.内リンパは脳脊髄液とイオン組成が近い。

b. 正円窓膜はアブミ骨と同位相で振動する。

c. 蝸牛遠心性神経は血管条の機能を調節する。

d. アブミ骨の振動によって基底板に進行波が生じる。

e.血管条ではカリウムイオンの能動的輸送が行われる。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<5>

第119問内耳性難聴で正しいのはどれか。

a. 補充現象が陽性である。

b. 最高語音明瞭度が低下する。

c. 純音聴力検査で気骨導差を認める。

d.ティンパノグラムはB型を示す。

e. 自記オージオグラムは Jerger分類IV型を示す。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<1>

第120問誤っているのはどれか。

  1. 安静呼吸では呼気筋は活動しない。
  2. 変声前は胸式呼吸が一般的である。
  3. 酸素を体内に取り込み炭酸ガスを排出することを外呼吸という。
  4. 横隔膜の筋肉は横紋筋である。
  5. 壁側胸膜と肺側胸膜とは互いに接している。
解答例<2>

第121問誤っているのはどれか。

  1. 裏声発声では声帯振動の振幅が小さくなる。
  2. 二重声の診断にはストロボスコピーが有用である。
  3. 吸気発声で仮声帯は外転する。
  4. 女性にも変声期はある。
  5. 女性の話声位は加齢とともに低くなる。
解答例<2>

第122問優位側角回の損傷で最も生じにくいのはどれか。

  1. 失書
  2. 失計算
  3. 呼称障害
  4. 構成障害
  5. 立体覚消失
解答例<5>

第123問関連のない組み合せはどれか。

  1. 顔面神経核  ーー  表情筋の運動
  2. 内側縦束  ーー  眼球運動
  3. 内側毛帯  ーー  触覚
  4. 弧束核  ーー  味覚
  5. 舌下神経核  ーー  軟口蓋の運動
解答例<5>

第124問群化と関係のないのはどれか。

  1. 陰影の要因
  2. 共通運命の要因
  3. 近接の要因
  4. 類同の要因
  5. 閉合の要因
解答例<1>

第125問正しいのはどれか。

  1. 痕跡条件づけ手続きでは古典的条件づけは成立しない。
  2. オペラント条件づけでは部分強化すると消去抵抗は小さくなる。
  3. 強化の遅延は条件づけの過程を阻害する。
  4. 強化スケジュールは負の強化には効果を持たない。
  5. オペラント条件づけでは般化の現象は生じない。
解答例<3>

第126問長期記憶に関係ないのはどれか。

  1. 手続記憶
  2. 作動記憶
  3. 意味記憶
  4. 宣言的記憶
  5. 展望記憶
解答例<2>

第127問名義尺度上の測定値に適用できるのはどれか。

  1. 分散分析
  2. F検定
  3. U検定
  4. t検定
  5. χ2検定
解答例<5>

第128問対象の印象を調べる方法として適切なのはどれか。

  1. 上下法
  2. 極限法
  3. SD法
  4. ME法
  5. 恒常法
解答例<3>

第129問質問紙法による心理検査はどれか。

  1. CAT
  2. MPI
  3. HTP
  4. SCT
  5. TAT
解答例<2>

第130問WISC-Ⅲにおいて知覚統合の下位検査はどれか。

  1. 算数
  2. 理解
  3. 類似
  4. 絵画配列
  5. 記号探し
解答例<4>

第131問統合失調症のリハビリテーションに適しているのはどれか。

  1. SST
  2. EMDR
  3. 系統的脱感作法
  4. 暴露反応妨害法
  5. 弁証法的行動療法
解答例<1>

第132問発達研究における縦断的方法の特徴はどれか。

  1. 一時点において異なる年齢群を対象とする。
  2. 乳児には実施できない。
  3. 対象者の匿名性を保証しゃすい。
  4. 遺伝要因と環境要因とを分離できる。
  5. 発達プロセスの個人差をとらえることができる。
解答例<5>

第133問学習準備性について正しいのはどれか。

  1. Watson,J.Bが提唱した。
  2. 適正一処遇交互作用とも呼ばれる。
  3. 成熟を重視する。
  4. 視覚的断崖課題で測定する。
  5. 男子より女子の方が獲得しやすい。
解答例<3>

第134問Erikson,E.Hの心理社会的発達段階論について正しい組み合せはどれか。

a.乳児期  ーー  親密性対孤独

b.乳児期後期  ーー  自主性対罪悪感

c.児童期  ーー  勤勉性対劣等感

d.青年期  ーー  同一性対自己陶酔

e.老年期  ーー  世代性対絶望

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<3>

第135問[pha]について正しいのはどれか。

  1. 閉鎖の開放と声帯振動の開始とが同時に行われる。
  2. 閉鎖の開放より遅れて声帯振動が開始する。
  3. 閉鎖の開放に先立って声帯振動が開始する。
  4. 閉鎖の開放はあるが声帯振動はない。
  5. 閉鎖の開放はないが声帯振動はある。
解答例<2>

第136問ハ行子音として現れないのはどれか。

  1. [x]
  2. [h]
  3. [f]
解答例<5>

第137問下線部で口腔内に完全な開鎖が作られるのはどれか。

a.かんり(管理)

b.かんけい(関係)

c.かんい(簡易)

d.かんやく(簡約)

e.かんわ(緩和)

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<1>

第138問声道の伝達特性で誤っているのはどれか。

  1. 母音ではホルマントで決まる。
  2. 鼻音化母音ではホルマントとアンチホルマントとで決まる。
  3. 半母音ではホルマントとアンチホルマントとで決まる。
  4. 無声摩擦音ではホルマントとアンチホルマントとで決まる。
  5. 有声摩擦音ではホルマントとアンチホルマントとで決まる。
解答例<3>

第139問共通語(東京方言)のアクセント句の基本周波数(ピッチ)曲線について正しいのはどれか。

a. 鼻音区間で途切れる。

b. 有核語のない句では一定の値を持続する。

c. アクセント核によって急激に下降する。

d. ダウンステップによってピーク値が低くなる。

e. 焦点 (強調) の置かれた句ではピッチレンジが狭くなる。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<4>

第140問音の振幅を変えないで持続時間を1秒から0.002秒にしたときの聴覚閾値の上昇量に近いのはどれか。

  1. 0dB
  2. 10dB
  3. 20dB
  4. 30dB
  5. 40dB
解答例<3>

第141問気導と骨導の聴覚閾値レベルがそれぞれ30dBと10dBの耳にイヤホンで実効マスキングレベル40dBのマスキングをしたときの気導聴覚閾値レベルはどれか。

  1. 30dB
  2. 40dB
  3. 50dB
  4. 60dB
  5. 70dB
解答例<2>

第142問下線部が連濁であるのはどれか。

  1. ざらざら
  2. おおどろぼう(大泥棒)
  3. ざま(様)
  4. おおじしん(大地震)
  5. ほのぼの
解答例<5>

第143問敬語の種類が他と異なるのはどれか。

  1. くださる
  2. お休みになる
  3. いらっしゃる
  4. お送りする
  5. 召し上がる
解答例<4>

第144問日本語の特徴で正しいのはどれか。

a. 述語の位置は文末に近い傾向がある。

b. 格助詞は原則として省略されない。

c. 活用の仕方はヨーロッパ諸語に近い。

d. 語順によって文法的関係を表わす。

e. 前置詞ではなく後置詞を用いる。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<2>

第145問助詞「は」と「が」について当てはまらないのはどれか。

  1. 従属節の中では原則的に「が」を用いる。
  2. 二者の対比を示したいときは「は」を用いる。
  3. 新情報であることを示すときは「は」を用いる。
  4. 主語には「が」を用い、主題には「は」を用いる。
  5. 語と語の文法的関係を示すときは「が」を用いる。
解答例<3>

第146問Piaget理論に基づく発達評価と関係ないのはどれか。

  1. 人見知りをする。
  2. 積木で車を作る。
  3. 積木で車を作る。
  4. 布で隠された玩具をとる。
  5. 台の上に乗って物を取る。
解答例<1>

第147問生活保護法で現物給付はどれか。

  1. 医療扶助
  2. 教育扶助
  3. 住宅扶助
  4. 生活扶助
  5. 生業扶助
解答例<1>

第148問社会的リハビリテーションの対象はどれか。

a. ICIDHの機能障害に対応する。

b. ICIDHの能力障害に対応する。

c. ICIDHの社会的不利に対応する。

d. ICFの参加に対応する。

e. ICFの心身機能・身体構造に対応する。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<4>

第149問言語聴覚士免許証の再交付を受けるために必要なのはどれか。

  1. 政令で定める額の手数料を納める。
  2. 厚生労働大臣の指定する職員に意見を聴取させる。
  3. 厚生労働大臣が指定した講習会の過程を修了する。
  4. 言語聴覚士国家試験を再受験し、 これに合格する。
  5. 医師又は歯科医師の指導を受ける。
解答例<1>

第150問わが国の年金制度で誤っているのはどれか。

  1. 3種類(障害、遺族、老齢)の年金がある。
  2. 任意加入である。
  3. 民間企業の被用者は厚生年金である。
  4. 公務員は共済年金である。
  5. 自営業者は国民年金である。
解答例<2>

問1~問50 │ 問51~問100 │ 問101~問150 │ 問151~問200

第151問正しいのはどれか。

  1. 脳性麻痺は進行性である。
  2. 知的障害は知的機能の低下と発達期の発症との2要因で定義づけられる。
  3. 広汎性発達障害はレッド障害を含む。
  4. 注意欠陥/多動性障害(AD/HD)は、不注意か衝動性のいずれかの症状を呈する。
  5. 学習障害は環境的な要因が原因となる。
解答例<3>

第152問言語聴覚療法について正しいのはどれか。

a. 障害が重篤な場合には一定期間の実施にとどめる。

b対象者の全体像を把握するように努める。

c. 学習理論に基づく方法などを用いる。

d. 訓練計画立案においては家族の希望は考慮しない。

e. 環境調整は言語聴覚療法には含まれない。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<3>

第153問正しいのはどれか。

a. 看護師は純音聴力検査を行うことができる。

b. 検査結果に基づく診断は医師が行う。

c.言語聴覚士は診療の補助行為として嚥下訓練を行うことができる。

d. 言語聴覚士は下咽頭食道造影検査を行うことができる。

e. 言語聴覚士はビデオ内視鏡検査を行うことができる。

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答例<1>

第154問言語優位半球について誤っているのはどれか。

  1. 遺伝的要因が関与する。
  2. 利き手の矯正によって変化する。
  3. 記号としての言語に関与する。
  4. 右利きでは9割以上が左側である。
  5. 左利きでは6割以上が左側である。
解答例<2>

第155問超皮質性運動失語の特徴はどれか。

  1. 錯文法
  2. 迂回反応
  3. 自発話減少
  4. ジャルゴン
  5. 音韻性錯誤
解答例<3>

第156問視床失語の特徴でないのはどれか。

  1. 回復がよい。
  2. 声量が低下する。
  3. 語性錯誤がみられる。
  4. 喚語困難がみられる。
  5. 再帰性発話がみられる。
解答例<5>

第157問急性期の失語症の指導について誤っているのはどれか。

  1. 意思伝達方法を確立する。
  2. 単純な快刺激を与える。
  3. 認知機能障害に対応する。
  4. 正確な予後予測をする。
  5. 環境調整をする。
解答例<4>

第158問後天性小児失語症について誤っているのはどれか。

  1. 新しい知識の学習は保たれる。
  2. 原因疾患は脳外傷が多い。
  3. 読み書きに問題が生じる。
  4. 指導・訓練は長期にわたって行う。
  5. 流暢型失語がみられる。
解答例<1>

第159問誤っているのはどれか。

  1. 遮断除去法では障害が軽い言語様式を前刺激として用いる。
  2. 刺激法では聴覚刺激を重視する。
  3. 行動変容法ではプログラム学習の原則を用いる。
  4. 認知神経心理学的アプローチでは情報処理モデルを用いる。
  5. PACEでは伝達手段を限定する。
解答例<5>

第160問正しい組み合せはどれか。

a.音韻操作  ーー  モーラ分解・抽出検査

b.聴覚的理解  ーー  トークンテスト

c.視覚性記憶  ーー  三宅式記銘力検査

d.日常生活の記憶  ーー  ウェクスラー記憶検査

e.視空間認知機能  ーー  コース立方体組み合せテスト

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答例<2>

第161問意志決定障害をきたす病巣部位はどれか。

  1. 前頭葉
  2. 脳梁
  3. 内包
  4. 小脳
  5. 視床
解答例<1>

第162問連合型視覚性失認で障害されるのはどれか。

  1. 大小の弁別
  2. 線画の異同弁別
  3. 写真の異同弁別
  4. 線画の模写
  5. 線画のカテゴリー分類
解答例<5>

第163問半球離断症候群として右手に出現するのはどれか。

  1. 失書
  2. 失算
  3. 構成障害
  4. 触覚性呼称障害
  5. 観念運動性失行
解答例<3>

第164問学習障害(LD)でDSM-IV-TRにないのはどれか。

  1. 読字障害
  2. 書字表出障害
  3. 発達性協調運動障害
  4. 特定不能の学習障害
  5. 算数障害
解答例<3>

第165問ウイングの自閉症スペクトラムの3つ組はどれか。

a.社会性の障害

b.注意の障害

c.多動性障害

d.コミュニケーションの障害

e.想像力の障害

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答例<3>

第166問「小鳥」を[コタリ]、[オタリ]、[コトル]と発話する小学1年生で考えられる障害はどれか。

a.機能性構音障害

b.吃音

c.学習障害

d.知的障害

e. 口蓋裂による構音障害

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<4>

第167問2歳9カ月のことばの遅れのある子どもの検査として適切なのはどれか。

a. 新版K式発達検査

b.言語発達遅滞検査

c.グッドイナフ人物画知能検査(DAM)

d.構音検査

e. ITPA言語学習能力診断検査

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<1>

第168問英語の読み書きの学習が困難な15歳の中学生に用いる検査と して適切なのはどれか。

  1. WISC-Ⅲ
  2. WAIS-Ⅲ
  3. PEP-3
  4. PVT-R
  5. K-ABC
解答例<1>

第169問DN-CAS認知評価システムの認知処理過程にないのはどれか。

  1. プランニング
  2. 同時処理
  3. 継時処理
  4. 知覚統合
  5. 注意
解答例<4>

第170問適切なのはどれか。

a.前言語期の知的障害児に絵カードの呼称訓練を行う。

b.音韻意識に障害があるダウン症児に構音訓練を行う。

c.四肢麻痺のある脳性麻痺児にAACとしてマカトン法を実施する。

d.コミュニケーションを拡大するため子どもの手さしや指さしに応える。

e.仮名一文字の学習が困難な知的障害児に文字単語をキーワードとして学習させる。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<5>

第171問学習障害(LD)の指導として適切でないのはどれか。

  1. 学習の弱い点を反復練習によって補う。
  2. セルフェスティーム(自尊感情)を育成する。
  3. 書字困難ではワープロの使用を試みる。
  4. 教科やクラブ活動など得意な点を伸ばす。
  5. 保護者に子どものできる点をほめるよう助言する。
解答例<1>

第172問誤っている組み合せはどれか。

  1. インリアル  ーー  大人の発話法を重視
  2. マカトン法  ーー  サインと音声とを同時提示
  3. 行動療法  ーー  刺激と反応と強化とによる指導
  4. TEACCH  ーー  視覚刺激の利用
  5. ポーテージプログラム  ーー  認知発達を重視
解答例<5>

第173問保護者支援として適切なのはどれか。

a.障害児・者の当事者団体を紹介する。 b.言語訓練についてのセカンドオピニオンを希望した場合、評価と指導経過の資料を作成する。 

c. 就学に関する相談に際し、 子どもの知能指数によって特別支援学校を勧める。 

d. 保護者の要望に基づいた指導をするように担任に要望書を送付する。 

e. 保護者に知能検査の意味を説明し同意を得てから検査を実施する。

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答例<2>

第174問50歳の男性。前日からの咽頭痛が憎悪し、 こもった声と呼吸困難とが出現した。最も注意を要するのはどれか。

  1. 急性咽頭炎
  2. 急性喉頭蓋炎
  3. 急性声帯炎
  4. 急性声門下喉頭炎
  5. 急性気管支炎
解答例<2>

第175問喉頭ストロポスコピーで得られる声帯の重要な情報はどれか。

a.厚さ

b.緊張

c.出血の有無

d.粘膜波動

e.非振動部位

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<5>

第176問声の衛生指導として正しいのはどれか。

a. 騒がしい場所で話さない。

b.フライ発声を避ける。

c. ささやき声を使わない。

d. 水分摂取を控える。

e. 頻回に咳払いをする。

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答例<1>

第177問慢性呼吸不全のある喉頭摘出者に最も推奨するのはどれか。

  1. 気管食道瘻発声
  2. 食道発声
  3. 笛式人工喉頭
  4. 電気式人工喉頭
  5. 筆談
解答例<4>

第178問鼻咽喰閉鎖機能の評価に用いるのはどれか。

a. ナゾメータ

b.電気グロトグラフ

c.パラトグラフ

d.オシロスコープ

e.ファイバースコープ

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<2>

第179問

a. 機能性構音障害

b. 口蓋裂術後の構音障害

c. 舌亜全摘術後の構音障害

d. ALSによる構音障害

e. 脳性麻痺による構音障害

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<1>

第180問正しい組み合せはどれか。

a.下顎欠損  ーー  チンキャップ

b.軟口蓋欠損  ーー  PLP

c.舌欠損  ーー  PAP

d.顔面欠損  ーー  エピテーゼ

e.軟口蓋麻痺  ーー  軟口蓋栓塞子

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<4>

第181問正しい組み合せはどれか。

a.筋萎縮性側索硬化症  ーー  閉鼻声

b.シャイ・ドレーガー症候群  ーー  気息性嗄声

c.脊髄小脳変性症  ーー  断綴性発話

d.ハンチントン病  ーー  不自然な発話の途切れ

e.パーキンソン病  ーー  スラー様発話

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<4>

第182問会話時に使用困難なのはどれか。

  1. モーラ指折り法
  2. ペーシングボード
  3. 頭文字指差し法
  4. 遅延聴覚反応(DAF)
  5. リズミック・キューインク法
解答例<5>

第183問嚥下障害の検査として用いないのはどれか。

  1. 水飲みテスト
  2. 摂食試行
  3. 空気力学的検査
  4. 喉頭ファイバースコピー
  5. 血中酸素飽和度モニター
解答例<3>

第184問喉頭蓋谷の残留に対する代償法はどれか。

a.横向き嚥下

b.舌出し嚥下

c.努力嚥下

d.複数回嚥下

e. 頭頸部傾き嚥下

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<4>

第185問嚥下機能改善手術の目的でないのはどれか。

a.鼻咽腔の開放

b.声門閉鎖

c.喉頭挙上

d.梨状陥凹の拡大

e.食道の蠕動改善

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答例<2>

第186問力フ付二筒式カニューレ装着例の摂食訓練時に適切でないのはどれか。

a.痰の吸引

b.内筒抜去

c.カフの完全脱気

d.小さじ使用

e.複数回嚥下

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<3>

第187問吃音について正しいのはどれか。

  1. 原因不明の構音障害である。
  2. 学童期以降は発症しない。
  3. 遅延聴覚反応(DAF)を用いると発話速度が速くなる。
  4. 斉読で吃音頻度が減少する。
  5. 適応効果がない。
解答例<4>

第188問獲得性吃音について正しいのはどれか。

  1. 非流暢性は特定の音に生じる。
  2. 復唱では吃症状が消失する。
  3. マスキングで改善される。
  4. 発達性吃音に比べて治療率が高い。
  5. 吃音への不安はまれである。
解答例<5>

第189問乳幼児の聴力評価に用いないのはどれか。

  1. モロー反射
  2. BOA
  3. COA
  4. 耳音響放射検査
  5. ピープショウ検査
解答例<1>

第190問小児滲出性中耳炎について正しいのはどれか。

  1. ティンパノグラムはAs型を示す。
  2. アブミ骨筋反射が陽性となる。
  3. テトラサイクリン少量長期投与が有効である。
  4. 口蓋裂児に高頻度にみられる。
  5. 学童期に新規発症のピークがある。
解答例<4>

第191問中等度難聴児の発話の特徴はどれか。

  1. 有声・無声の混同がみられる。
  2. ピッチが極端に変動する。
  3. 子音の歪みがみられる。
  4. 母音が鼻音化する。
  5. 吸破音がみられる。
解答例<3>

第192問ボーカルプレイについて適切でないのはどれか。

  1. 聴覚活用を促進する。
  2. 発声の習慣を形成する。
  3. 構音運動を意識化させる。
  4. 自然な音声模倣を誘導する。
  5. 聴覚的フィードバックを形成する。
解答例<3>

第193問両耳聴を必要とする検査はどれか。

  1. 方向感検査
  2. 語音弁別能検査
  3. 歪語音明瞭度検査
  4. SISI検査
  5. 耳音響放射検査
解答例<1>

第194問成人の選別聴力検査の検査周波数はどれか。

  1. 500Hzと1000Hz
  2. 500Hzと2000Hz
  3. 1000Hzと2000Hz
  4. 1000Hzと4000Hz
  5. 2000Hzと4000Hz
解答例<4>

第195問両側同程度の高音急墜型難聴者の特徴はどれか。

a. 一対一の会話で聞き誤りがない。

b. 後ろや横からの呼び掛けに反応が悪い。

c. 電話の応対に困難を感じる。

d. 摩擦音の構音が不明瞭である。

e. 音源の方向が分からない。

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答例<4>

第196問我が国の聴覚障害者について正しいのはどれか。

  1. 両耳平均聴力レベル85dBは身体障害者手帳4級に該当する。
  2. 85歳以上は人工内耳の適応とならない。
  3. 手話を使用している者は全体の約60%を占める。
  4. 60歳以上が約40%を占める。
  5. 先天性難聴が約70%を占める。
解答例<1>

第197問聴覚障害者の支援機器でないのはどれか。

  1. ブリスタ
  2. FM波送受信器
  3. 赤外線送受信器
  4. 磁気ループシステム
  5. 振動式呼び出し装置
解答例<1>

第198問補聴器の部分でないのはどれか。

  1. フック
  2. チューブ
  3. コイル
  4. ダンパー
  5. ベント
解答例<3>

第199問人工内耳の電極を挿入する部分はどれか。

  1. 前庭階
  2. 中央階
  3. 鼓室階
  4. 内リンパ嚢
  5. 内耳道
解答例<3>

第200問先天性視覚聴覚二重障害児の行動特徴でないのはどれか。

a.チック

b.スピン

c.手かざし

d.クレーン

e. エコラリア

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答例<2>

inserted by FC2 system