ナビ式言語聴覚士国家試験対策室

第10回 言語聴覚士国家試験過去問

問1~問50 │ 問51~問100 │ 問101~問150 │ 問151~問200

第1問空気感染予防策が必要なのはどれか。

  1. MRSA感染症
  2. マイコプラズマ肺炎
  3. 麻疹
  4. B型肝炎
  5. インフルエンザ
解答<3>

第2問健常人の頸椎の数はどれか。

  1. 4
  2. 5
  3. 6
  4. 7
  5. 8
解答<4>

第3問筋と支配神経との組み合わせで誤っているのはどれか。

  1. オトガイ舌骨筋  ーー  舌下神経
  2. 顎舌骨筋  ーー  三叉神経
  3. 茎突舌骨筋  ーー  舌咽神経
  4. 口輪筋  ーー  顔面神経
  5. 咬筋  ーー  三叉神経
解答<3>

第4問健常成人の傾眠状態でみられるのはどれか

  1. β波
  2. θ波
  3. 棘波
  4. 鋭波
  5. 平坦脳波
解答<2>

第5問室内空気吸入下の健常人におけるパルスオキシメーターで推定した酸素飽和度の値として最も適切なのはどれか。

  1. 55%
  2. 65%
  3. 75%
  4. 85%
  5. 95%
解答<5>

第6問副交感神経系でないのはどれか。

  1. 動眼神経
  2. 舌咽神経
  3. 迷走神経
  4. 大内臓神経
  5. 骨盤内臓神経
解答<4>

第7問ビタミンB1欠乏でみられるのはどれか。

  1. ウェルニツケ脳症
  2. 骨粗鬆症
  3. 夜盲症
  4. 壊血病
  5. 悪性貧血
解答<1>

第8問誤っているのはどれか。

  1. 血糖を感受する受容器は膵臓にある。
  2. 高血糖の際はインスリンが分泌される。
  3. インスリンはグリコーゲンの生成を促す。
  4. インスリンはランゲルハンス島のα細胞から分泌される。
  5. 摂食中枢は視床下部領域のブドウ糖濃度に感受性がある。
解答<4>

第9問発育が最も急速な悪性腫瘍はどれか。

  1. 下垂体腺腫
  2. 髄膜腫
  3. 頭蓋咽頭腫
  4. 星状細胞腫
  5. 多形性膠芽腫
解答<5>

第10問ADLとして評価しないのはどれか

  1. 食事
  2. 更衣
  3. 読書
  4. 整容
  5. 排泄
解答<3>

第11問片麻療患者の杖歩行指導で正しいのはどれか。

  1. 一本杖は患側につく
  2. 一本杖には全体重を荷重する。
  3. 歩行訓練はまず両側に松葉杖を用いて開始する。
  4. 杖接地時に肘関節が30度屈曲する高さで杖を把持する。
  5. 日常生活で可能なかぎり杖に依存しない移動方法を勧める。
解答<4>

第12問脱水でみられないのはどれか。

  1. 収縮期血圧の低下
  2. 尿量の減少
  3. 皮膚の張りの增加
  4. 口渇
  5. 心拍数の増加
解答<3>

第13問誤っている組み合せはどれか。

  1. 甲状腺機能亢進症  ーー  低体温
  2. クッシング症候群  ーー  高血糖
  3. 原発性アルドステロン症  ーー  高血圧
  4. 下垂体腫瘍  ーー  乳汁分泌
  5. 副甲状腺機能亢進症  ーー  高カルシウム血症
解答<1>

第14問痛風の危険因子でないのはどれか。

  1. コーヒー
  2. ビール
  3. 脱水
  4. 肥満
  5. 高プリン体食
解答<1>

第15問心原性脳塞栓症の原因でないのはどれか。

  1. 僧帽弁狭窄症
  2. 心内膜炎
  3. 狭心症
  4. 心臓弁置換術
  5. 心房細動
解答<3>

第16問一過性虚血発作(TIA)の症状はどれか。

a.失語症

b.尿失禁

c.錯乱

d.吃逆

e.黒内障

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<2>

第17問正しい組み合わせはどれか。

a.パーキンソン病  ーー  仮面様顔貌

b.アルツハイマー病  ーー  徘徊

c.クロイツフェルト・ヤコブ病  ーー  感覚障害

d,筋萎縮性側索硬化症  ーー  小脳症状

e.重症筋無力症  ーー  眼瞼下垂

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<2>

第18問統合失調症を疑わせる訴えはどれか。

a.まわりの人に迷惑をかけている。

b. 大勢の人の前で話すのが怖い。

c. いないはずの人の姿が見える。

d. いないはずの人の声が聞こえる。

e. まわりの人に自分の考えを抜き取られる。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<2>

第19問脳卒中後うつ病について正しいのはどれか。

  1. 抗うつ薬は使わない。
  2. 発症直後が最も多い。
  3. 有病率は3%程度である。
  4. 左頭頂葉病変によるものが多い。
  5. リハビリテーションの阻害要因となる。
解答<5>

第20問転換性(解離性)障害の症状はどれか

a.失声

b、失行

c、せん妄

d、過呼吸

e、失立失歩

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<2>

第21問人格変化が初発症状となるのはどれか。

a.神経梅毒

b.パーキンソン病

c.皮質基底核変性症

d.アルツハイマー病

e.前頭側頭型認知症(痴呆)

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<2>

第22問被虐待児症候群について誤っているのはどれか。

  1. 成長障害が認められる。
  2. 骨折の有無を確認する必要がある。
  3. 低出生体重児ではリスクが高い。
  4. 疑いがあれば児童相談所へ届け出る。
  5. 乳幼児より学童に多い。
解答<5>

第23問先天性風疹症候群で誤っているのはどれか。

  1. 妊娠12週以内の感染でリスクが高い。
  2. 新生児からウイルスが分離される。
  3. 中枢神経障害がみられる。
  4. 聴覚障害がみられる。
  5. 出生時体重の平均は正常児より大きい。
解答<5>

第24問泣き入りひきつけについて正しいのはどれか。

a. てんかんへの移行率が高い。

b.知的障害の原因となる。

c. 過呼吸によって誘発される。

d.呼気相で呼吸をとめる。

e. 生後2歳くらいまでに自然に消失する。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<5>

第25問難聴がないのはどれか。

  1. 外リンパ嚢
  2. 前庭神経炎
  3. 聴神経腫瘍
  4. ハント症候群
  5. ストレプトマイシン中毒
解答<2>

第26問アブミ骨手術を行うのはどれか。

  1. 耳硬化症
  2. 乳様突起炎
  3. 聴神経腫瘍
  4. 滲出性中耳炎
  5. 急性化膿性中耳炎
解答<1>

第27問味覚を司るのはどれか

  1. 舌咽神経
  2. 迷走神経
  3. 上顎神経
  4. 副神経
  5. 舌下神経
解答<1>

第28問反回神経麻痺と関係ないのはどれか。

  1. 肺癌
  2. 食道癌
  3. 甲状腺癌
  4. 耳下腺癌
  5. 気管内挿管
解答<4>

第29問口蓋の形成は受精何週間後に完成されるか。

  1. 4週
  2. 6週
  3. 8週
  4. 10週
  5. 12週
解答<5>

第30問完全口唇裂で正しいのはどれか。

  1. 顎裂がある。
  2. 口蓋裂がある。
  3. 鼻変形がある。
  4. 鼻孔底が連続していない。
  5. 赤唇が完全に離開している。
解答<4>

第31問トリーチャー・コリンズ症候群にみられるのはどれか。

  1. 下顎前突症
  2. 眼窩隔離症
  3. 合指症
  4. 顔面裂
  5. 眼球突出
解答<4>

第32問正しい組み合わせはどれか。

a.象牙質  ーー  う蝕

b.歯根膜  ーー  歯周病

c.エナメル質  ーー  歯髄炎

d.歯肉  ーー  知覚過敏

e. 第三大臼歯  ーー  智歯周囲炎

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<2>

第33問重度の構音障害を示すのはどれか。

  1. 両側顎関節脱臼
  2. 前歯多数歯欠損
  3. 下顎前突症
  4. 舌小帯異常
  5. アフタ性口内炎
解答<1>

第34問口腔ケアについて誤っているのはどれか。

  1. 二次感染の防止
  2. 食物摂取量の確保
  3. 唾液量の維持
  4. 味覚の確保
  5. 口の審美性の維持
解答<3>

第35問高齡者にみられる変化について誤っているのはどれか。

  1. 発話不明瞭
  2. 咀嚼筋力低下
  3. セメント質肥大
  4. 歯随腔拡大
  5. 嚥下困難
解答<4>

第36問呼気時に活動するのはどれか。

  1. 胸鎖乳突筋
  2. 外肋間筋
  3. 斜角筋
  4. 大胸筋
  5. 腹直筋
解答<5>

第37問パラトグラフィで異常がみられるのはどれか。

  1. 鼻咽腔閉鎖不全
  2. 口蓋扁桃肥大
  3. 側音化構音
  4. 声帯過内転
  5. 声門破裂音
解答<3>

第38問誤っているのはどれか。

a. 軟口蓋挙上時に口蓋帆張筋は収縮する。

b. 舌の運動神経は舌咽神経である。

c. 嚥下時に輪状咽頭筋は弛緩する。

d. 無声子音生成時に後輪状披裂筋は収縮する。

e.声帯麻痺の頻度は右より左が高い。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<1>

第39問正しいのはどれか。

  1. 下位運動ニューロンの障害では筋萎縮はみられない。
  2. 一側性声帯麻痺では誤嚥は生じない。
  3. 機能性失声症は誤嚥を合併する。
  4. 喉頭の運動神経は頸静脈孔を通る。
  5. 甲状披裂筋は披裂軟骨筋突起に付着する。
解答<4>

第40問正しいのはどれか。

  1. 血管条は外リンパを吸収する。
  2. 内有毛細胞は能動的運動能を有する。
  3. 内リンパは髄液と同じイオン組成である。
  4. 前庭階と鼓室階とはライスネル膜を介して接する。
  5. 内有毛細胞は1列、外有毛細胞は3列に配列している。
解答<5>

第41問中枢聴覚路で正しい順序はどれか。

  1. 外側毛帯  ーー   下丘  ーー   内側膝状体  ーー   上オリーブ核
  2. 下丘  ーー   内側膝状体  ーー   上オリーブ核  ーー   外側毛帯
  3. 内側膝状体  ーー   上オリーブ核  ーー   外側毛帯  ーー   下丘
  4. 上オリーブ核  ーー   外側毛帯  ーー   下丘  ーー   内側膝状体
  5. 外側毛帯  ーー   内側膝状体  ーー   下丘  ーー   上オリーブ核
解答<4>

第42問正しいのはどれか。

  1. 強大音でアブミ骨筋は収縮する。
  2. アブミ骨と蝸牛窓膜は同位相で振動する。
  3. アブミ骨の振動によって半規管に進行波が生じる
  4. 高い周波数の音の最大振幅部は蝸牛頂に近い。
  5. 骨伝導では進行波は生じない。
解答<1>

第43問心因性難聴について正しいのはどれか。

  1. 純音聴力検査は正常である。
  2. 音響性耳小骨筋反射は欠如する。
  3. 自記オージオメトリはJergerⅢ型を呈する。
  4. 聴性脳幹反応のV波潜時は延長する。
  5. 耳音響放射検査は正常である。
解答<5>

第44問錐体路を含まないのはどれか。

  1. 内包
  2. 脳梁
  3. 大脳脚
  4. 放線冠
  5. 錐体交叉
解答<2>

第45問ブローカ野を酒流するのはどれか。

  1. 前交通動脈
  2. 前大脳動脈
  3. 中大脳動脈
  4. 後大脳動脈
  5. 後交通動脈
解答<3>

第46問エピソード記憶に関係するのはどれか。

a.下頭頂小葉

b.外側膝状帯

c.前脳基底部

d.海馬

e.淡蒼球

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<4>

第47問機能的磁気共鳴画像について誤っているのはどれか。

  1. 磁気共鳴画像装置を用いて行う。
  2. 局所脳血流の変化を測定する。
  3. 脳活動で賦活された部位の信号強度は増強する。
  4. 機能障害部位の診断に用いる。
  5. 心理過程の脳内基盤を調べる。
解答<4>

第48問感覚について正しいのはどれか。

  1. 弁別閾は丁度可知差異とも言われる。
  2. 光受容細胞である錐体は網膜の周辺部にある。
  3. 視覚と聴覚は同じ感覚モダリテイに属する。
  4. 刺激の感度と刺激閾とは無関係である。
  5. 精神物理学はヴント (Wundt) によって始められた。
解答<1>

第49問奥行き知覚の手がかりでないのはどれか。

  1. 陰影
  2. 運動視差
  3. 重なりの要因
  4. 肌理の勾配
  5. 類同の要因
解答<5>

第50問古典的条件づけについて正しいのはどれか。

  1. 条件づけの手続きは自発的反応を強化する。
  2. 条件刺激と類似した刺激に対しても条件反応が生じる。
  3. 同時に二つの条件づけを行う手続きを二次条件づけという。
  4. 条件づけが確立すると条件刺激は中性刺激となる。
  5. 条件づけによって無条件刺激が反応を引き起こすようになる。
解答<2>

問1~問50 │ 問51~問100 │ 問101~問150 │ 問151~問200

第51問オペラント条件づけに関係ないのはどれか。

  1. 強化スケジュール
  2. 回避学習
  3. スキナー箱
  4. 味覚嫌悪学習
  5. 負の強化
解答<4>

第52問記憶について正しいのはどれか。

  1. 逆向干渉は忘却の一要因となる。
  2. 再認は再生より難しい。
  3. 自由再生では系列の中間の成績がよい。
  4. 短期記憶の容量は長期記憶の容量より大きい
  5. リハーサルは記憶を抑制する。
解答<1>

第53問思考について正しいのはどれか。

  1. 推理は演繹推理と条件推理とに分けられる。
  2. 概念の典型的な事例はプロトタイプといわれる
  3. ヒューリスティックスは演繹推理の一種である
  4. 機能の固着は問題解決を促進する。
  5. 類推は問題解決に有効でない。
解答<2>

第54問刺激をランダムに提示する測定法はどれか。

  1. Mp法
  2. 調整法
  3. 恒常法
  4. 極限法
  5. 上下法
解答<3>

第55問誤っているのはどれか。

a.名義尺度上の測定値はt検定ができる。

b.比率尺度上の測定値は比を求めることができる。

c. 間隔尺度上の測定値は標準偏差を計算することができる。

d. 比率尺度上の測定値は中央値を求めることができる。

e. 序数尺度上の測定値は平均値を求めることができる。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<2>

第56問信頼性と関係ないのはどれか。

  1. 平行検査間の相関
  2. 2回の検査間の相関
  3. 総得点と項目との相関
  4. 得点と基準変数との相関
  5. 評定者間の相関
解答<4>

第57問多数の変数間の相関関係を要約するのはどれか。

  1. 因子分析
  2. 回帰分析
  3. 主成分分析
  4. クラスター分析
  5. 分散分析
解答<1>

第58問DSM-IVの不安障害はどれか。

a.境界性人格障害

b.社会恐怖

c.急性ストレス障害

d.感情障害

e.解離性障害

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<3>

第59問DSM-IVについて誤っているのはどれか。

  1. 各疾患の診断基準には除外基準を含むものがある。
  2. 機能の全体的評定尺度を有している。
  3. 精神力動的な病因論に基づいている。
  4. 多軸評定を採用している。
  5. 文化的な面に配慮した情報を取り入れている。
解答<3>

第60問WAIS -Ⅲの言語性下位検査に含まれないのはどれか。

  1. 行列推理
  2. 語音整列
  3. 算数
  4. 理解
  5. 類似
解答<1>

第61問Freudのリビドー発達理論について正しい順序はどれか。

  1. 口唇期  ーー  潜伏期  ーー  肛門期  ーー  性器期  ーー  男根期
  2. 肛門期  ーー  潜伏期  ーー  口唇期  ーー  性器期  ーー  男根期
  3. 潜伏期  ーー  性器期  ーー  口唇期  ーー  男根期  ーー  肛門期
  4. 肛門期  ーー  性器期  ーー  男根期  ーー  潜伏期  ーー  口唇期
  5. 口唇期  ーー  肛門期  ーー  男根期  ーー  潜伏期  ーー  性器期
解答<5>

第62問誤っている組み合せはどれか。

  1. 学習性無力感  ーー  Seligman,M.E.P.
  2. 系統的脱感作法  ーー  Watson,J.B
  3. 論理療法  ーー  Ellis,A.
  4. 自己効力感  ーー  Bandura,A.
  5. 自律訓練法  ーー  Schultz,J.H.
解答<2>

第63問行動療法に関係ないのはどれか。

  1. フラッデイング
  2. モデリング
  3. セルフモニタリング
  4. フォーカシング
  5. トークンエコノミー
解答<4>

第64問適切な組み合わせはどれか。

  1. 保存実験  ーー  自我同一性
  2. 誤信念課題  ーー  愛着
  3. 三つ山問題  ーー  流動性知能
  4. 視覚的断崖の実験  ーー  初期環境の重要性
  5. 階段のぼりの実験  ーー  学習準備性
解答<5>

第65問Eriksonの心理社会的発達段階について正しいのはどれか。

  1. 六つの段階を設定している。
  2. 第5段階の発達課題は世代性の獲得である。
  3. 集団の中で期待される精神発達をテーマとしている。
  4. 乳児期から青年期までを対象としている。
  5. 乳児期には養育者とのかかわりを通して統合性を獲得する。
解答<3>

第66問Vygotskyの発達理論に関係ないのはどれか。

a.発達の現在の水準

b.表象的思考段階

c.観察学習

d.発達の最近接領域

e.教育の能動的役割

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<3>

第67問幼児の遊びについて誤っているのはどれか。

a. 保育や教育の場では遊べない子どものことが心配されている。

b. ごっこ遊びには生活の流れについてのスクリプト的知識が必要である。

c. いざこざは遊びの楽しさを壊すので大人はすぐに介入した方がょい。

d. 遊びを通して認知発達を促すことを認知行動療法と呼ぶ。

e. ある物を別の物に見立てるには象徴機能の発達が必要である。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<4>

第68問他者の行動の予測や解釈に関係するのはどれか。

  1. 選好注視
  2. 結晶性知能
  3. 愛着
  4. 心の理論
  5. 同化作用
解答<4>

第69問Piagetの形式的操作段階の特徴はどれか。

  1. シェマを目的一手段関係において使用する。
  2. 仮説演繹的な思考ができる。
  3. ごっこ遊びを盛んに行う。
  4. 反射活動が中心である。
  5. 事物の分類や関連づけが直観作用に依存する。
解答<2>

第70問硬口蓋と前舌面との間の狭めが最も著しいのはどれか。

  1. [m]
  2. [h]
  3. [I]
  4. [a]
  5. [f]
解答<3>

第71問同じ構音点の子音を三つ含むのはどれか。

  1. かさたて
  2. かまぼこ
  3. はくさい
  4. やまのぼり
  5. かたぐるま
解答<1>

第72問国際音声字母における母音の分類基準に該当するのはどれか。

  1. 有気性
  2. 円唇性
  3. 側面性
  4. 気流生成機構
  5. ピッチ
解答<2>

第73問音節数が異なる組み合せはどれか。

  1. 落下傘(ラッカサン)  ーー  赤ちゃん(アカチャン)
  2. 百貨店(ヒャッカテン)  ーー  頭(アタマ)
  3. トンチンカン  ーー  ペチカ
  4. ヨーグルト  ーー  一番(イチバン)
  5. 市役所(シヤクショ)  ーー  完全看護(カンゼンカンゴ)
解答<4>

第74問日本語(共通語)において第1音節に母音の無声化を起こしやすい単語はどれか。

  1. 毛糸(ケイト)
  2. 浜辺(ハマべ)
  3. 無言(ムゴン)
  4. 小鳥(コトリ)
  5. 指揮者(シキシャ)
解答<5>

第75問日本語の音素について正しいのはどれか。

  1. 無声摩擦音音素は三つある。
  2. 有声摩擦音音素は二つある。
  3. 破裂音音素は五つある。
  4. 両唇破裂音音素は二つある。
  5. 前舌母音音素は三つある。
解答<4>

第76問音圧レベルと音の強さのレベルについて正しいのはどれか。

  1. 音圧レベルは20 m Paを基準にしている。
  2. 音の強さのレベルは音圧に比例する。
  3. 音圧レベルと音の強さのレベルとの値は一致する。
  4. 音圧 (の実効値) を2倍にすると音の強さのレベルは約3dB増える。
  5. 音の強さを2倍にすると音圧レベルは約6dB增える。
解答<3>

第77問基本周波数200Hzで「あー」を発声しているとき、声道内を伝報する音波の性質について正しいのはどれか。

a. 音速は男女で異なる。

b. 振動数が1000Hzの音波は存在しない。

c振動数が200Hzの音波の波長は1m以上である。

d. 反射は声道内のいたるところで起こっている。

e. 共鳴は反射と屈折によって起こる。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<4>

第78問日本語母音の構音とホルマント周波数との関係について誤っているのはどれか。

  1. 同じ母音では成人男性より成人女性のホルマント周波数の方が高い。
  2. 成人女性の5母音は第1、 第2ホルマント周波数だけで区別できる。
  3. 「う」の構音で口唇を円めると第2ホルマント周波数は低くなる。
  4. 舌を低くするほど第1ホルマント周波数は高くなる。
  5. 舌を後ろに引くほど第2ホルマント周波数は高くなる。
解答<5>

第79問摩擦音の摩擦区間の音響的性質について正しいのはどれか。

  1. 無声摩擦音の振幅スペクトルは線スペクトルである。
  2. 有声摩擦音の振幅スペクトルには線スペクトルと連続スペクトルが混在する。
  3. 無声摩擦音の振幅スペクトルの低周波数成分は高周波数成分より強い。
  4. 無声摩擦音の音源は声道の狭めの後方にある。
  5. 有声摩擦音の音源は声門の前方にある。
解答<2>

第80問音声波形とサウンドスペクトログラムによる「飛んだ(トンダ)」の音声区間の長さの測定に適さないのはどれか。

  1. [t]の無音区間
  2. [o]の母音区間
  3. [n]の鼻音区間
  4. [d]のバズバー区間
  5. [a]の母音区間
解答<1>

第81問感覚レベル20dBの純音の音圧の弁別について誤っているのはどれか。

  1. 弁別閾はPaで表す。
  2. 比弁別閾はdBで表す。
  3. ウエーバーの法則が成り立つ。
  4. 内耳性難聴では1dBの違いを弁別できる。
  5. 内耳性難聴では比弁別閾が低下する。
解答<3>

第82問誤っている組み合せはどれか。

  1. カテゴリー知覚  ーー  子音の知覚
  2. カクテルパーティー効果  ーー  音源定位
  3. 音色  ーー  スペクトル
  4. 聴覚フィルタ  ーー  臨界帯域
  5. 母音の心理的高さ  ーー  場所ピッチ
解答<5>

第83問6カ月ごとに聴力検査を含む定期健康診断が必要とされる職場の騒音レベル(A特性サウンドレベル) の最小値はどれか。

  1. 75dB
  2. 85dB
  3. 95dB
  4. 105dB
  5. 115dB
解答<2>

第84問「限られた数の音を組み合わせて語をつくり、語をつなぎ合わせて文をつくる」という言語の性質をあらわすのはどれか。

  1. 恣意性
  2. 二重分節
  3. 線条性
  4. 普遍文法
  5. 有契性
解答<2>

第85問有声・無声の対立を示す最小対はどれか。

  1. 「まめ」と「まね」
  2. 「かみ」と「かび」
  3. 「地質(チシツ)」と「資質(シシツ)」
  4. 「橋(ハシ)」と「端(ハシ)」
  5. 「パン」と「バン」
解答<5>

第86問複合語「好き嫌い」と「食わず嫌い」との内部構造の違いに関係するのはどれか。

a.並列関係

b.強調関係

c.主述関係

d.否定関係

e.修飾関係

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<2>

第87問「次の一手を読まれた」と表すのはどれか。

a.テンス

b.アスペクト

c.ヴォイス

d.ムード

e.モダリティ

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<3>

第88問「りんご」 との意味関係が同じなのはどれか。

a.むく(剥く)

b.たべる(食べる)

c.いちご(薄)

d.くだもの(果物)

e.ナイフ

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<1>

第89問文字について正しいのはどれか。

  1. 漢字は元来1文字が1語なので表語文字と呼ばれる
  2. 片仮名は平仮名に基づいて後の時代に作られた。
  3. アルファベットはまとまって音を表す音節文字である
  4. 平仮名は漢字の部首を利用した表音記号から発達した
  5. アラビア数字は物の形を図案化した象形文字である。
解答<1>

第90問下線部が文の「主題」

a.星を見ていた。

b.駅まで行ってくる。

c.海も好きだ。

d. 昨日は雨だった。

e.空がきれいだ。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<4>

第91問言語発達の学習説として正しいのはどれか。

  1. 認知発達が言語発達の前提となる。
  2. 刺激と反応の連合形成が基本である。
  3. 生物学的プログラムに制御されている。
  4. 三項関係の成立が初語の先行条件である。
  5. 話しことばが書きことばの発達の前提である。
解答<2>

第92問幼児の二語発話について正しいのはどれか。

  1. 助詞を含むことはない。
  2. 疑問詞を含むことはない。
  3. 語順は一定しない。
  4. 形態規則は認められない
  5. 個々の語は意味関係を持たない。
解答<3>

第93問言語獲得の臨界期に関係ないのはどれか。

  1. 失語症からの回復
  2. 第二言語の習得
  3. 言語機能の側性化
  4. 語彙の発達
  5. 文法や音韻規則の獲得
解答<4>

第94問社会保険でないのはどれか。

  1. 医療保険
  2. 年金
  3. 雇用保険
  4. 老人保健
  5. 介護保険
解答<4>

第95問障害者基本法が規定する「国及び地方公共団体の責務」はどれか。

a. 障害者の権利の擁護及び障害者に対する差別の防止を図る。

b. 障害者の自立及び社会参加を支援する等により、 障害者の福祉を増進する。

c.進んで障害を克服し、有する能力を活用することにより、社会経済活動に参加することができるように努める。

d.社会連帯の理念に基づき、障害者の福祉の増進に協力するよう努める。

e.障害者が、その年齢、能力及び障害の状態に応じ、十分な教育が受けられるようにする。

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<2>

第96問身体障害者手帳の交付対象となる障害はどれか。

a. 平衡機能の著しい障害

b. 片側声帯麻痺による音声障害

c. 両耳の聴力レベルがそれぞれ50dB以上の聴覚障害

d. 両耳による普通話声の最良の語音明瞭度が50%以下の聴覚障害

e.両眼の視野がそれぞれ10度以内の視覚障害

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<3>

第97問介護保険法に基づくサービスで言語聴覚士が行えるのはどれか。

  1. 訪問介護
  2. 介護予防訪問看護
  3. 居宅療養管理指導
  4. 特定施設入居者生活介護
  5. 居宅介護支援
解答<2>

第98問社会福祉援助技術でないのはどれか。

  1. ケースワーク
  2. グループワーク
  3. ケアマネジメント
  4. ソーシャルアクション
  5. ノーマライゼーション
解答<5>

第99問ICFの障害概念で正しいのはどれか。

a.心身機能・身体構造 

b.活動

c.能力低下・能力障害

d.社会的不利

e.参加概念

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<2>

第100問言語聴覚士法で規定されている業務について正しいのはどれか。

a. 言語聴覚士でない者は人工内耳の調整を行ってはならない。

b. 聴性誘発反応検査は言語聴覚士の業務に含まれない。

c. 言語聴覚士は保健師助産師看護師法が規定する 「診療の補助」行為を行ってはならない。

d. 嚥下訓練は医師または歯科医師の指示の下で行わなければならない。

e. 補聴器装用訓練では聴覚に障害ある者の福祉関連業務を行う者との連携を保たなければならない。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<5>

問1~問50 │ 問51~問100 │ 問101~問150 │ 問151~問200

第101問正しいのはどれか。

  1. 脳性麻痺は痙直型、アテトーゼ型、失調型のいずれか一つに分類される.
  2. 知能低下は失認の直接的な原因となる。
  3. 伝音難聴では補充現象は生じない。
  4. 運動低下性構音障害では筋緊張は低下する。
  5. 獲得性吃音は歌ではどもらない。
解答<3>

第102問誤っている組み合わせはどれか。

  1. 広汎性発達障害  ーー  TEACCH
  2. 中枢性聴覚障害  ーー  人工内耳
  3. 発達性吃音  ーー  系統的感作法
  4. 口蓋裂  ーー  補綴的発音補助装置
  5. 視覚聴覚二重障害  ーー  指点字
解答<2>

第103問正しいのはどれか。

  1. Χ2検定はノンパラメトリック検定である。
  2. 繰り返し同じ結果が得られる検査は妥当性が高い。
  3. 性別は間隔尺度である。
  4. 序数尺度はパラメトリック検定ができる。
  5. 信頼性が高い検査は評価の目的が明確である。
解答<1>

第104問言語聴覚障害の改善について正しいのはどれか。

  1. 原因疾患は改善に影響しない。
  2. 発症後経過期間が長いほど改善は不良である。
  3. 性格は改善に影響しない。
  4. 訓練頻度は多いほど効果的である。
  5. 障害の重症度は改善に影響を及ぼす。
解答<5>

第105問誤っている組み合せはどれか。

  1. GRBAS  ーー  声質
  2. WAIS-Ⅲ  ーー  知能
  3. ABR  ーー  聴覚
  4. STA  ーー  言語機能
  5. WMS-Ⅲ  ーー  遂行機能
解答<5>

第106問「適切な言語入力を繰り返すことによって言語機能を活性化する」と定義されるのはどれか。

  1. 刺激促通法
  2. 道具的条件づけ
  3. 遊戯療法
  4. バイオフィードバック法
  5. 認知心理学的アプローチ
解答<1>

第107問言語聴覚士の業務について正しいのはどれか。

a.嚥下内視鏡検査を実施することはできない。

b. 業務は医療、 福祉分野に限定されている。

c. 言語聴覚療法を行う事業所を経営することはできない。

d. 機能訓練では他職種との連携は必要でない。

e. 家族指導も業務に含まれる。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<2>

第108問大脳の機能局在について正しい組み合せはどれか。

  1. 前頭葉  ーー  計画
  2. 側頭葉  ーー  思考
  3. 頭頂葉  ーー  感情
  4. 後頭葉  ーー  聴覚
  5. 視床  ーー  運動
解答<1>

第109問情動障害をきたす病巣部位はどれか。

  1. 頭頂連合野
  2. 側頭連合野
  3. 扁桃体
  4. 小脳
  5. 脳幹
解答<3>

第110問意味記憶障害をきたす病巣部位はどれか。

  1. 左側頭葉
  2. 小脳
  3. 右前頭葉
  4. 左後頭葉
  5. 基底核
解答<1>

第111問回復し得る認知症 (痴呆) はどれか。

a.パーキンソン病

b.アルツハイマー病

c.脳血管性認知症(痴呆)

d.慢性硬膜下血腫

e.ビタミン欠乏症

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<5>

第112問正しいのはどれか。

a. 観念運動性失行は前頭葉病変で起こる。

b. 観念性失行は道具使用障害である。

c. 肢節運動失行は左病変でも右病変でも起こる。

d. 構成失行は描画が正常である。

e. 着衣失行は左病変で起こる。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<3>

第113問変性疾患でないのはどれか。

  1. ハンチントン病
  2. クロイツフェルト・ヤコブ病
  3. ビック病
  4. レビー小体病
  5. アルツハイマー病
解答<2>

第114問右利き者の言語優位半球が左側である割合はどれか。

  1. 100%
  2. 90~98%
  3. 80~88%
  4. 70~78%
  5. 60~68%
解答<2>

第115問純粋健忘症で障害されるのはどれか。

  1. 近時記憶
  2. 作業記憶
  3. 意味記憶
  4. 即時記憶
  5. 手続記憶
解答<1>

第116問誤っている組み合せはどれか。

  1. 下頭頂小葉
  2. 上側頭回後部
  3. 中前頭回後部
  4. 中心前回下部
  5. 下前頭回眼窩部
解答<5>

第117問発語失行 (失構音) と音韻性錯語との鑑別点はどれか。

a.子音の置換 

b.子音の省略 

c. プロソデイの異常 

d.構音動作の探索 

e.共鳴の障害

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<4>

第118問喚語困難について誤っているのはどれか。

a. 失語症以外でも生じる。

b. 意味カテゴリー特異的障害がある。

c. 音韻性錯語は意味処理の障害である。

d. 語想起と呼称の成績は一致する。

e. 心像性によって差が生じる。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<4>

第119問失語症の予後に関与しないのはどれか。

  1. 重症度
  2. 方言の使用
  3. 言語聴覚療法の有無
  4. 原因疾患の種類
  5. 発症時の年齢
解答<2>

第120問失語症の言語聴覚療法について適切でないのはどれか。

  1. 般化を目指す。
  2. 機能代償を促す。
  3. 設定した仮説を訓練過程で検証する。
  4. 障害の重い領域から訓練を開始する。
  5. 患者ごとに訓練プログラムを立案する。
解答<4>

第121問失語症の呼称訓練について誤っているのはどれか。

  1. 語頭音ヒントの効果が持続するのを利用する。
  2. 呼称過程を賦活する。
  3. 単語属性を考えて課題語を選ぶ。
  4. 喚語を促すキューを用いる。
  5. 意味と音韻の連合を図る。
解答<1>

第122問失語症の仮名文字訓練について誤っているのはどれか。

  1. モーラ分解・抽出能力を調べる。
  2. 非語の読みを調べる。
  3. 音韻失読では漢字と仮名文字との差を調べる。
  4. キーワード法では音韻を手がかりとした迂回路を形成する。
  5. 写字の効果は低い。
解答<4>

第123問後天性小児失語症について誤っているのはどれか。

  1. 発達性の言語障害との鑑別が重要である。
  2. 成人の失語症と同じタイプが生じる。
  3. 統語障害は少ない。
  4. 発症年齢が予後に関係する。
  5. 学業不振が生じる。
解答<3>

第124問誤っているのはどれか。

  1. 伝導失語では非流暢な発話となる。
  2. ブローカ失語では複雑な文の理解が困難である
  3. ウェルニツケ失語では空疎な発話となる。
  4. 健忘失語(失名辞失語)では語の理解が保たれる
  5. 超皮質性感覚失語では復唱能力が保たれる。
解答<1>

第125問語義失語について正しいのはどれか。

a. 非流暢な発話である。

b. 文法的理解が困難である。

c. 復唱が困難である。

d.漢字を表音文字のように使用する。

e. 名詞の意味理解が困難である。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<5>

第126問正しいのはどれか。

a. 発症からの経過によって失語タイプは変化しない。

b. 緩徐進行性失語では初期に認知症(痴呆)が顕在化する。

c. 病巣の拡がりは失語症の予後に関係しない。

d. 失語症者の障害受容には家族の対応が影響する。

e. 聞き手の会話技能は失語症者の発話内容に影響する。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<5>

第127問高次脳機能障害の訓練について誤っているのはどれか。

  1. 視覚性失認では触覚を介して対象を認知する。
  2. 記憶障害では生活環境の情報を整理する。
  3. 環境音失認では語音識別訓練を行う。
  4. 肢節運動失行では手指の巧織動作の訓練を行う。
  5. 見当識障害では外的な補助手段を利用する。
解答<3>

第128問ICD-10で小児期および青年期に通常発症する行動および情地障害に合まれるのはどれか。

a.多動性障害

b.行為障害

c.摂食障害

d.特異的読字障害

e.チック障害

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<2>

第129問言語障害がてんかん発作に起因するのはどれか。

  1. へラー症候群
  2. ソトス症候群
  3. クラインフェルター症候群
  4. ランドークレフナー症候群
  5. トゥレット症候群
解答<4>

第130問聴覚障害を合併する可能性が最も高いのはどれか。

  1. ターナー症候群
  2. トリーチャー・コリンズ症候群
  3. 猫なき症候群
  4. ウイリアムズ症候群
  5. プラダー・ウィリー症候群
解答<2>

第131問正しい組み合せはどれか。

a.特異的言語発達障害  ーー  身振りは使わない。

b.知的障害  ーー  音韻認識の発達には問題ない。

c.アスペルガー障害  ーー  語の不適切な使用がみられる。

d.脳性麻痺  ーー  構音が不明瞭である。

e.多動性障害  ーー  しばしばしゃべりすぎる。

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<5>

第132問正しい組み合せはどれか。

a.心の理論  ーー  Simon Baron-Cohen

b.自閉症スペクトラム  ーー  Lorna Wing

c.中枢性統合理論  ーー  Elic Schopler

d.TEACCH  ーー  Uta Frith

e.実行機能  ーー  Michael Rutter

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<1>

第133問正しい組み合せはどれか。

a.LCスケール  ーー  言語・コミュニケーション発達スケール

b.JMAP  ーー  日本版ミラー幼児発達スクリーニング検査

c.STRAW  ーー  小学生の読み書きスクリーニング検査

d.PRS  ーー  自閉性判断のための調査票

e.MMPI  ーー  心の理論課題検査

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<1>

第134問言語機能の評価を含まないのはどれか。

  1. KIDS乳幼児発達スケール
  2. 遠城寺式乳幼児分析的発達検査法
  3. 日本版ミラー幼児発達スクリーニング検査
  4. 新版K式発達検査
  5. グッドイナフ人物画知能検査(DAM)
解答<5>

第135問4歳で3語発話が可能な子どもに適切でない検査はどれか。

  1. フロスティッグ視知覚発達検査(DTVP)
  2. WISC-III知能診断検査
  3. 絵画語い発達検査(PVT)
  4. K-ABC心理・教育アセスメントバッテリー
  5. 田中ビネー式知能検査V
解答<2>

第136問1歳半の子どもの発達スクリーニング項目で適切なのはどれか。

a.なぐり書きをする。

b. 絵本を見て3つのものの名前を言う。

c.困難なことに出会うと助けを求める。

d. 簡単な命令を実行する。

e.「大きい・小さい」がわかる。

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<4>

第137問高機能自閉症の行動特徴はどれか。

a.相手の話を聞かずに自分からよくしゃべる。

b. 漢字や計算は得意だが読解は苦手である。

c.隠喩を理解する。

d. ルールのある遊びに適切に参加する。

e. 友達が規則を破るとすぐに指摘する。

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<2>

第138問脳性麻痺について正しい組み合せはどれか。

a.痙直型片麻痺  ーー  発声・構音の誤りが重篤である。

b.痙直型両麻痺  ーー  早口で構音の誤りが浮動的である。

c.痙直型四肢麻痺  ーー  抑揚のない単調で遅い話し方をする。

d.アテトーゼ型  ーー  起声や発声持続に問題がある。

e.失調型  ーー  声の揺れがあり突然大声になる。

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<5>

第139問LD (学習障害) の検査で適切でないのはどれか。

  1. RAN(Rapid Automatized Naming)
  2. 視覚的記銘
  3. 音韻意識
  4. CARS (The ChiLDHood Autism Rating Scale)
  5. 聴覚的記銘
解答<4>

第140問小児の言語訓練について適切でないのはどれか。

  1. 課題を理解し反応しゃすいように呈示する。
  2. 検査で達成できなかった項目から訓練する。
  3. 興味を示す活動を手がかり に訓練語彙や表現を選ぶ。
  4. 発達レベルと生活年齢を考慮して訓練計画をたてる。
  5. 問題の改善につながるような内容を選ぶ。
解答<2>

第141問適切でない組み合せはどれか。

  1. 前言語期?日常生活場面での物品の機能的操作能力を育てる。
  2. 単語獲得期  ーー  名詞に限って理解・表出を促す。
  3. 幼児前期  ーー  現前事象についての質問-応答を促す。
  4. 幼児後期  ーー  因果関係についての質問-応答を促す。
  5. 学童期  ーー  会話の文脈に沿ったコミュニケーションや談話力を育てる。
解答<2>

第142問7歳レベルの言語発達障害児の会話の指導のゴールとして適切でないのはどれか。

  1. 文章で説明できる。
  2. 未知の情報を理解できる。
  3. メタ言語能力を習得できる。
  4. 文脈依存の話題を理解できる。
  5. 受動態・関係節で表現できる。
解答<4>

第143問発語のない3歳のダウン症児の指導で適切でないのはどれか。

  1. 身振りによる表現を促しコミュニケーションを楽しませる。
  2. 理解語彙を増やす。
  3. 構音点や構音方法を教える。
  4. 発声に意味付けをし、適切な表現を聞かせる。
  5. 言語面だけでなく遊びや生活習慣・社会性など全体発達を促す。
解答<3>

第144問TEACCHの構造化で適切でないのはどれか。

  1. 視覚的構造化
  2. スケジュール
  3. 心理的構造化
  4. ワークシステム
  5. 物理的構造化
解答<3>

第145問単語から2語文の表出が始まった4歳の特異的言語発達障害児の指導で適切でないのはどれか。

  1. 単語を構成する音に気付かせる指導を行う。
  2. 枠組みを与えて文レベルの表出を促す。
  3. ジェスチャーやサインの使用を禁止し、 音声表出を促す。
  4. 語彙の概念を拡げる。
  5. 文字などの視覚的手がかりを利用し助詞の使用に気付かせる。
解答<3>

第146問教育との連携で言語聴覚士の対応として適切なのはどれか。

a.個別指導計画作成のために言語・コミュニケーション能力を評価する。

b. 個別指導計画の作成・実施の援助をする。

c. 個別指導計画の親への説明は教師に任せる。

d. 学校からの求めに応じ保護者の同意なく検査結果を報告する。

e. 日常の授業を参観し集団の中での子どもの状態を把握する。

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<2>

第147問言語発達障害児の保護者支援について適切でないのはどれか。

  1. 情報提供とピアカウンセリングの機会として保護者教室を開催する。
  2. 発達レベルに応じて保育所・障害児施設などへの参加を勧める。
  3. 発達レベルや障害像を説明する。
  4. 全体的な発達を促す働きかけを助言する。
  5. 障害児の育児を最優先するよう助言する。
解答<5>

第148問喉頭の神経支配について誤っているのはどれか。

  1. 上喉頭神経は舌咽神経の分枝である。
  2. 上喉頭神経内枝は喉頭の感覚を司る。
  3. 上喉頭神経外枝は輪状甲状筋を支配する。
  4. 反回神経は4種の内喉頭筋を支配する。
  5. 反回神経は迷走神経の分枝である。
解答<1>

第149問声帯振動が関与しないのはどれか。

  1. 二重声
  2. 開鼻声
  3. ピッチの揺らぎ
  4. 声の翻転
  5. フライ発声
解答<2>

第150問喉頭微細手術の適応でないのはどれか。

  1. 変声障害
  2. 声帯ポリープ
  3. 喉頭乳頭腫
  4. 喉頭麻痺
  5. 声門癌
解答<1>

問1~問50 │ 問51~問100 │ 問101~問150 │ 問151~問200

第151問音声訓練の適応となるのはどれか。

a.声帯結節

b.喉頭肉芽腫

c.声帯嚢胞

d.声門下喉頭炎

e.機能性発声障害

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<2>

第152問喉頭麻痺に対する音声訓練はどれか。

a.硬起声

b.プッシング法

c.腹式呼吸

d.Kayser-Gutzmann法

e.あくび・ため息法

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<1>

第153問声を高くする訓練はどれか。

a.腹式呼吸

b.喉頭の挙上

c.ハミング

d.サイレンをまねた発声

e.フライ発声

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<4>

第154問食道音声について正しいのはどれか。

a. 食道再建術後は習得が困難である。

b. 子音注入法は補助的に使用する。

c. 音源となる部分は新声門と呼ばれる。

d. 注入法は吸引法より空気の摂取量が多い。

e. 摩擦音の生成は容易である。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<3>

第155問気管切開術の合併症でないのはどれか。

  1. 構音障害
  2. 肉芽形成
  3. 誤嚥
  4. 出血
  5. 皮下気腫
解答<1>

第156問/s/が/t/に置換する5歳児に対して必要でないのはどれか。

  1. 発声発語器官機能検査
  2. バウムテスト
  3. 聴力検査
  4. WPPSI
  5. ITPA
解答<2>

第157問軟口蓋挙上不全で起こるのはどれか。

a.軟口蓋音の歪み。

b. 最長発声持続時間の短縮

c.鼻咽腔への唾液逆流

d.開鼻声

e.気息性嗄声

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<4>

第158問小児に対する構音検査で誤っているのはどれか。

  1. 音の誤りの表記には音韻記号を用いる。
  2. 単音節の検査は復唱で行う。
  3. 録音サンプルのみでの評価は避ける。
  4. 文章朗読が不可能な場合は復唱で代用する。
  5. 誤り音については被刺激性の検査をする。
解答<1>

第159問日本語の音韻発達で最も遅い時期に習得されるのはどれか。

  1. /p/
  2. /d/
  3. /r/
  4. /m/
  5. /y/
解答<3>

第160問構音の般化を促進する上で適切なのはどれか。

a. 音の軽い歪みも確実に修正する。

b. 言語聴覚士による訓練が週に1回は必要である。

c.丁寧でゆっくりした発話を促す。

d. ターゲット音や単語の繰り返しは2~3回ずつ行う。

e.1回のセッションで2~3種類の音を訓練する。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<1>

第161問鼻咽腔閉鎖に寄与しないのはどれか。

a.舌根

b.軟口蓋

c.咽頭側壁

d.パッサーパン隆起

e.口蓋垂

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<2>

第162問舌癌切除後の再建について正しいのはどれか。

a. 部分切除術には腹直筋皮弁を用いる。

b. 半切除術には前腕皮弁を用いる。

c. 下顎骨浸潤例には骨付き筋皮弁を用いる。

d. 移植床部血管には動脈のみを用いる。

e. 術後に筋皮弁が萎縮することはまれである。

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<3>

第163問重症筋無力症の症状でないのはどれか。

  1. 嚥下障害
  2. 開鼻声
  3. 複視
  4. 筋脱力
  5. 努力性嗄声
解答<5>

第164問構音に関与しないのはどれか。

  1. 三叉神経
  2. 顔面神経
  3. 迷走神経
  4. 副神経
  5. 舌下神経
解答<4>

第165問誤っている組み合せはどれか。

  1. 痙性構音障害  ーー  病的反射
  2. 弛緩性構音障害  ーー  舌攣縮
  3. 運動低下性構音障害  ーー  静止時振戦
  4. 運動過多性構音障害  ーー  筋緊張亢進
  5. 失調性構音障害  ーー  協調運動障害
解答<4>

第166問適切でないのはどれか。

a.発語失行(失構音)例の文字盤使用

b.心疾患例のプッシング法

c.カフ膨張時のカニューレ栓装着

d. 人工呼吸器管理下の構音訓練

e. 経鼻胃管留置下の摂食訓練

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<3>

第167問高齡者嚥下障害の特徴はどれか。

a女性に多い。

b. 咽頭残留が多い。

c不顕性誤嚥が多い。

d. 安静時の喉頭の位置が低い。

e. 口腔期障害は軽度である。

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<4>

第168問嚥下順頭期の喉頭閉鎖に関与しないのはどれか。

  1. 軟口蓋
  2. 舌根
  3. 喉頭蓋
  4. 喉頭挙上
  5. 声帯内転
解答<1>

第169問嚥下内視鏡検査について誤っているのはどれか。

  1. 坐位で行うことが多い。
  2. 無麻酔あるいは軽度麻酔下で行う。
  3. 正常嚥下時には咽頭収縮によって視野が白くなる。
  4. 空嚥下や発声を指示し鼻咽腔の閉鎖状況を確認する。
  5. 咽頭麻痺があると健側梨状陥凹の唾液貯留が多くなる。
解答<5>

第170問嚥下造影検査について正しいのはどれか。

  1. 誤嚥の危険性が高い患者には高浸透圧の造影剤を用いる。
  2. ベッドサイドでも施行可能である。
  3. 嚥下咽頭期の観察が可能である。
  4. 総義歯では外して検査を行う。
  5. 入院が必要である。
解答<3>

第171問不顕性誤嚥が原因にならないのはどれか。

  1. 微熱
  2. 血清アルブミン低下
  3. 血清LDH上昇
  4. 血沈亢進
  5. 白血球増加
解答<3>

第172問誤嚥防止手術はどれか。

  1. 咽頭弁形成術
  2. 輪状咽頭筋切断術
  3. 声帯内転術
  4. 喉頭挙上術
  5. 喉頭気管分離術
解答<5>

第173問認知症(痴呆)患者の嚥下訓練として適切でないのはどれか。

a.歌唱

b.摂食類似刺激

c.頸部可動域拡大訓練

d.メンデルゾーン法

e.バイオフィードバック法

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<5>

第174問原因が十分に解明されてぃなぃのはどれか。

a.早口症

b.声帯結節

c.失語症

d.運動障害性構音障害

e.痙攣性発声障害

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<2>

第175問吃音の検査で確認が必要ないのはどれか。

  1. 家庭環境
  2. 言語行動
  3. 随伴行動
  4. 呼吸法
  5. 発話行動
解答<4>

第176問成人吃音患者の流暢性促進訓練で用いるのはどれか。

a.DAF

b.軟起声

c.自律訓練法

d.系統的脱感作法

e.フレーソング法

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<2>

第177問蝸牛の回転が完成する胎生の時期はどれか。

  1. 1ヵ月
  2. 3ヵ月
  3. 5ヵ月
  4. 7ヵ月
  5. 9ヵ月
解答<2>

第178問生後8ヵ月児の聴覚検査として適切でないのはどれか。

  1. 条件詮索反応聴力検査
  2. 聴性行動反応聴力検査
  3. 聴性誘発反応検査
  4. 耳音響放射検査
  5. 遊戯聴力検査
解答<5>

第179問新生児聴覚スクリーニング検査のpassとreferを判定する刺激音圧として適切なのはどれか。

  1. 10dB
  2. 30dB
  3. 50dB
  4. 70dB
  5. 90dB
解答<不適切>

第180問両側小耳症を合併するのはどれか。

  1. コケイン(Cockayne)症候群
  2. コルネリア・ドゥ・ランゲ(Comelia deLange)症候群
  3. ラーセン(Larsen)症候群
  4. トリーチャー・コリンズ(TreacherCollins)症候群
  5. アッシャー(Usher)症候群
解答<4>

第181問難聴をきたすウイルスでワクチンがないのはどれか。

  1. サイトメガロウイルス
  2. 百日咳ウイルス
  3. 日本脳炎ウイルス
  4. ムンプスウイルス
  5. 風疹ウイルス
解答<1>

第182問伝音難聴をきたすのはどれか。

  1. アルポート(Alpert)症候群
  2. ペンドレット(Pendred)症候群
  3. ファン・デル・ヘーヴェ(van derHoeve)症候群
  4. フォークト(Vogt)-小柳-原田症候群
  5. ワールデンブルグ (Waardenburg) 症候群
解答<3>

第183問誤っている組み合せはどれか。

  1. IT-MAIS  ーー  5段階評価
  2. Ling音  ーー  6音
  3. TY-89  ーー  日常生活文
  4. 57-S語表  ーー  20音節
  5. 67語表  ーー  20単語
解答<4>

第184問対応が遅れた高度難聴児の書記言語の特徴でないのはどれか。

  1. 単文が多い。
  2. 文節数が少ない。
  3. 助詞の脱落がみられる。
  4. 語順の逆転がみられる。
  5. 接続詞の誤用がみられる。
解答<4>

第185問純音聴力検査のマスキングに用いるのはどれか。

  1. ホワイトノイズ
  2. バンドノイズ
  3. ピンクノイズ
  4. スピーチノイズ
  5. ウェイトノイズ
解答<2>

第186問語音聴取閾値検査で聞値を決める語音明瞭度はどれか。

  1. 80%
  2. 70%
  3. 60%
  4. 50%
  5. 40%
解答<4>

第187問補充現象について正しいのはどれか。

  1. わずかな音の強さの変化を明確な大きさの変化として知覚する。
  2. わずかな音の周波数の変化を明確な高さの変化として知覚する。
  3. わずかな音色の変化を明確な音の強さの変化として知覚する。
  4. わずかな音の方向の変化を明確に異なる方向の差として知覚する。
  5. わずかな音の強さの変化を明確な高さの変化として知覚する。
解答<1>

第188問騒音性難聴について誤っているのはどれか。

  1. 騒音下の仕事をやめると難聴は改善してくる。
  2. 難聴は徐々に進行する。
  3. 補充現象陽性例が多い。
  4. 初期症状として4000Hzに聴力低下が生じる。
  5. 両耳の聴力型がほぼ等しい感音難聴である。
解答<1>

第189問皮質基でも認知可能なのはどれか。

  1. 音色
  2. 周波数
  3. ハーモニー
  4. メロディ
  5. リズム
解答<5>

第190問メニエール病について誤っているのはどれか。

  1. 発作の反復
  2. めまい、難聴・耳鳴が主症状
  3. 発作時は低音障害型難聴
  4. 補充現象が陽性
  5. 病因は聴神経の浮腫
解答<5>

第191問聴器毒でないのはどれか。

  1. アスピリン
  2. シスプラチン
  3. プレドニゾロン
  4. ゲンタマイシン
  5. フロセミド
解答<3>

第192問日本語の仮名に対応しないのはどれか。A空書b指点字c指文字d日本手話eキューサイン

  1. a、b
  2. a、e
  3. b、c
  4. c、d
  5. d、e
解答<5>

第193問単語の聴取条件で難易度が最も高いのはどれか。

  1. open-setとする。
  2. 語頭音を指定する。
  3. モーラ数を指定する。
  4. カテゴリーを提示する。
  5. 2枚の絵から選択する。
解答<1>

第194問スピーチトラッキングの方法で適切なのはどれか。

  1. 質問には「はい・いいえ」で答える。
  2. 該当する文字カードを指さす。
  3. 状況絵を見て質問に答える。
  4. 物語を聴取し復唱する。
  5. 5w1Hを確認する。
解答<4>

第195問難聴高齡者との接し方で適切でないのはどれか。

  1. 注意を引いてから話す。
  2. 大きめの声で話す。
  3. 音節を区切って話す。
  4. 顔を見ながら話す。
  5. 身振りを用いる。
解答<3>

第196問補聴器のフィッテイングで規定選択法でないのはどれか。

  1. ハーフ・ゲイン法
  2. POGO法
  3. NAL法
  4. DSL法
  5. LGOB法
解答<5>

第197問補聴器の日本工業規格で性能を規定する周波数範囲はどれか。

  1. 100Hz~10000Hz
  2. 125Hz~8000Hz
  3. 200Hz~8000Hz
  4. 500Hz~8000Hz
  5. 500Hz~10000Hz
解答<3>

第198問人工内耳について正しいのはどれか。

  1. 内耳奇形は適応でない。
  2. 一側聾は適応でない。
  3. 70歳以上の高齢者は適応でない。
  4. 蝸牛中央階に電極を挿入する。
  5. 約10年ごとに電池交換が必要である。
解答<2>

第199問中途盲ろう同時障害者の評価項目として適切なのはどれか。

a.視覚

b.聴覚

c.触覚

d.言語

e.構音

  1. a、b、c
  2. a、b、e
  3. a、d、e
  4. b、c、d
  5. c、d、e
解答<1>

第200問盲ろう者とのコミュニケーションで適切でないのはどれか。

  1. 離れるときは合図をする。
  2. 手に軽く触れておく。
  3. 周囲の状況も伝える。
  4. 声を出さずに発信する。
  5. 会話の相手を明確にする。
解答<4>

inserted by FC2 system