ナビ式言語聴覚士国家試験対策室

キーワードde暗記

 キーワード関連単語備考
アルコール依存症コルサコフ症候群-ウェルニッケ脳症-振戦せん妄-末梢神経障害
アルコール離脱症候群振戦せん妄-小動物幻視
うつ病の妄想心気-罪業-貧困
ウェルニッケ脳症アルコール依存症-ビタミンB1欠乏-意識障害-運動失調-外眼筋麻痺
解離性障害憑依-健忘-失見当-痙攣
仮面うつ病身体症状が前景
感情障害の分類単極型-両極型うつ病-躁うつ病
肝性脳症意識障害-羽ばたき振戦-三相波
ガンザー症候群拘禁反応-小児症-でまかせ応答
キャノンホメオスターシス
境界性人格障害家族機能不全-女>男-カーンバーグ-PTSD
強迫性障害
抗精神病薬クロルプロマジン
抗うつ薬三環系-四環系-セロトニン再取り込み阻害薬-モノアミン再取り込み阻害薬
抗不安薬ジアゼパム-ハロペリドール
抗躁薬炭酸リチウム
コルサコフ症候群アルコール依存症-記銘障害-健忘-見当識障害-作話
思路の障害連合弛緩-滅裂思考-思考途絶
心身症身体症状-精神的背景
身体表現性障害:DSM-Ⅳ身体化-転換性-疼痛性-心気症-身体醜形
心気症重大疾患という誤った信念-うつ病
神経症心気-恐怖-離人-ヒステリー
神経性無食欲症成熟拒否-母子関係-ボディー・イメージ障害-自己全能感-月経異常
心身症心因性→器質的身体障害実際に身体障害になる
人格障害演技性-依存性-妄想性-反社会性-非社会性-境界性-自己愛性
自我意識障害させられ体験-思考吹入-思考奪取-離人症
精神病の関連物質統合失調症-ドパミン-感情障害-セロトニン
精神病薬統合失調症-抗精神病薬-感情障害-抗うつ薬
摂食障害の病因仮説生物学的背景説-精神力動説-家族病理説-社会文化的背景説
セリエストレス学説
躁病の症状観念奔逸-誇大妄想-多弁多動-乱費
転換性障害心理的葛藤-身体症状-演技的性格-疾病利得-無意識的-脳波正常-×致命的症状意識的だと詐病
統合失調症:ブロイラーの基本症状連合弛緩-自閉-感情的不調和-アンビバレンツ
統合失調症の分類破瓜型-緊張型-妄想型
統合失調症の妄想被害的-関係妄想
発症時期行為障害<神経性無食欲症<統合失調症<アルコール依存症<うつ病
PTSD心的外傷後ストレス障害-フラッシュバック
不安障害:パニック障害死の恐怖-広場恐怖-生理的変化-10分程度の発作
不安障害:強迫性障害強迫観念:自我親和的-強迫行為:反復的
不安障害:分離不安障害6歳ころまでに出現
不安障害:恐怖症二峰性好発年齢分布-特定の恐怖症:先端恐怖症など-社会恐怖症:日本人に多い
不安障害パニック障害-強迫性障害-恐怖症-ストレス障害-全般性不安障害パニック障害は広場恐怖を含む。恐怖症は特定の恐怖症と社会恐怖症に分類。ストレス障害はPTSDと急性ストレス障害に分類。
離人症×生きている実感-×自己同一感-遠くで呼ぶ声-

ページの先頭へ

ポイントノート!

統合失調症のタイプ分類

破瓜型(解体型)緊張型妄想型
発症時期思春期-20歳前後10代後半-20代前半30歳以後
発症の仕方緩慢で慢性急激に出現徐々に
経過徐々に進行再発する徐々に進行
周囲の人の反応早期には見逃しやすい急激に出現し容易に気づく言動の不調和に気づきやすい
主症状意欲減退
感情鈍麻
思考障害
を中心とした人格変化
興奮
昏迷
拒絶
両極端
幻聴
妄想
※意欲や感情面の障害は少ない
予後最も不良良好不良

ページの先頭へ

精神保健法による入院分類

種類理由同意判定命令時間
任意入院本人延長72時間
措置入院自傷・他害の恐れ2人以上の指定医都道府県知事
緊急措置入院1名の指定医都道府県知事72時間以内
医療保護入院保護義務者72時間以内
応急入院医療・保護上の著しい支障72時間以内
仮入院後見人など3週間以内

ページの先頭へ

DSM-IVの大分類

第1軸臨床疾患
第2軸人格障害と精神遅滞
第3軸一般的身体疾患
第4軸心理社会的および環境的問題
第5軸心理社会的機能の全体的レベル

inserted by FC2 system