ナビ式言語聴覚士国家試験対策室

キーワードde暗記

 キーワード関連単語備考
インスリン血糖低下-膵臓-ランゲルハンス島-β細胞-不足→糖尿病
遺伝子の存在核-ミトコンドリア
運動による増加1回換気量-呼吸回数-心拍出量-肺循環血液量
感覚体性感覚-特殊感覚-内臓感覚
加齢に伴う生理的変化LDL上昇-SPO2低下-耐糖能低下-残気量上昇-腎血流低下
基本味甘味-苦味-塩味-酸味
血小板血液凝固-20-50万個
血液循環左心室-右心房-右心室-左心房間に動脈-毛細血管-静脈
血圧測定コロトコフ音
血液量体重÷13
交感神経反応散瞳-気管支拡張-心拍数増加-消化管機能抑制
コルチコイド副腎皮質-クッシング病-クッシング症候群ホルモンは過不足を常に考える
刺激伝導系洞結節-房室結節-プルキンエ線維-脚刺激伝導系は心臓
心電図PQRST波
心拍数70回/分乳児・幼児も覚えるとgood
深部感覚振動覚-位置覚-運動覚平衡覚は特殊感覚
小循環肺動脈-静脈血-肺静脈-動脈血
身体の組成水分-60%
成長ホルモン下垂体前葉-巨人症-末端肥大症-小人症ホルモンは過不足を常に考える
赤血球酸素運搬-450-500万個-寿命120日
赤筋と白筋ひらめ筋-腓腹筋-下腿三頭筋疲労・成分も余裕があれば
体性感覚表在感覚-深部感覚
チロキシン甲状腺-クレチン病-橋本病-バセドウ病ホルモンは過不足を常に考える
脳血流増加:O2減少-pH下降-CO2増加-血液粘稠度下降-脳圧低下
脳波開眼-β波-閉眼覚醒-α波-睡眠時-θ波-δ波
脳波の周波数α-8-13Hz-β-14-30Hz--θ-4-7Hz-δ-0.5-3Hz
白血球免疫-6000-8000個-寿命10日
白血球の数好中球>リンパ球>好酸球=単球>好塩基球
バソプレッシン下垂体後葉-崩尿症ホルモンは過不足を常に考える
パラトルモン上皮小体-テタニー-レックリング・ハウゼン病ホルモンは過不足を常に考える
表在感覚触覚-温度覚-痛覚
ビタミンの溶性水溶性-C-B1-B6-脂溶性-A-D2-E
無尿100ml以下/日
免疫液性免疫-B細胞→形質細胞-細胞性免疫-T細胞
免疫グロブリンIgE-Ⅰ型アレルギー-IgG-胎盤透過-IgA-母乳由来
リンパの組成内リンパ-低Na+高K+-外リンパ-高Na+低K+-髄液に近い
レム睡眠急速眼球運動-夢-筋緊張低下-速波-自律神経変動

ページの先頭へ

ポイントノート!

ホルモンの名称

分泌場所名称略称主要作用
松果体メラトニン思春期開始の抑制、体内時計の調整
視床下部前葉ホルモン放出ホルモン成長ホルモン放出ホルモンGHRH, GRH成長ホルモンの分泌を刺激
プロラクチン放出因子PRFプロラクチンの分泌を刺激
甲状腺刺激ホルモン放出ホルモンTRH甲状腺刺激ホルモンの分泌を刺激
副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモンCRH副腎皮質刺激ホルモンとβ-LPHの分泌を刺激
黄体形成ホルモン放出ホルモンLHRH, LRH黄体形成ホルモンと卵胞刺激ホルモンの分泌を刺激
前葉ホルモン抑制ホルモン成長ホルモン抑制ホルモン成長ホルモンの分泌を抑制
プロラクチン抑制ホルモンPIFプロラクチンの分泌を抑制
下垂体前葉成長ホルモンGH, STH身体成長促進
プロラクチンPRL乳汁分泌と母性行動を刺激
甲状腺刺激ホルモンTSH甲状腺の成長と分泌を刺激
副腎皮質刺激ホルモンACTH副腎皮質の成長と分泌を刺激
β-リポトロピン
ゴナドトロピン
(性腺刺激ホルモン)
卵胞刺激ホルモンFSH女性:卵胞の発育を刺激
男性:精子形成を刺激
黄体形成ホルモン(女性)
間質細胞刺激ホルモン(男性)
LH
ICSH
女性:排卵の誘起と卵胞の黄体化
男性:アンドロゲンの分泌を刺激
中葉メラニン色素細胞刺激ホルモンα-MSH,?β-MSH黒色素細胞のメラニン合成を刺激
後葉バソプレッシン(抗利尿ホルモン)ADH水分保持を促進
オキシトシン子宮筋の収縮、乳汁射出
甲状腺ろ胞細胞チロキシンT4熱量産生作用と酸素消費増加
トリヨードチロニンT3
傍ろ胞細胞カルシトニン骨の再吸収抑制、血中Caの低下
上皮小体
(副甲状腺)
パラトルモン(上皮小体ホルモン)PTH骨の再吸収促進、血中Caの増加、Pの低下
胸腺サイモシンTリンパ球の産生を誘導
心臓心房性Na利尿ペプチドα-hANP腎遠位尿細管のNa再吸収抑制、血管拡張
消化管ガストリンペプシンと塩酸の分泌を刺激、胃運動を亢進
小腸コレシストキニンCCK胆嚢を収縮、膵液(酵素)の分泌を刺激
セクレチン膵液(重曹水)の分泌を刺激
VIP血管拡張
膵臓
ランゲルハンス島
α細胞グルカゴン血糖上昇
β細胞インシュリン血糖低下
δ細胞ソマトスタチングルカゴン、インシュリンの分泌を抑制
副腎皮質電解質コルチコイド(アルドステロンなど)Naの保持とKの排出促進、細胞外液量を増加、血圧上昇
糖質コルチコイド(コルチゾール、コルチコステロンなど)肝の糖新生促進、血糖上昇、蛋白・脂肪分解、水利用促進
アンドロゲン、エストロゲン
髄質アドレナリン(エピネフリン)心機能亢進、血糖上昇
ノルアドレナリン(ノルエピネフリン)末梢血管収縮による血圧上昇
腎臓レニンアンギオテンシン生成を刺激してアルドステロンの分泌を刺激
エリスロポイエチン骨髄の赤血球生成を誘発
生殖腺卵巣
(女性)
エストロゲン(卵胞ホルモン):エストラジオールなど卵胞の発育、子宮内膜の増殖、乳腺胞の発育、女性二次性徴
プロゲスチン(黄体ホルモン):プロゲステロンなど妊娠の成立維持、、乳腺細胞の発育
リラキシン子宮を弛緩、恥骨結合を緩める
アンドロゲンも少量分泌
インヒビン
前葉の卵胞刺激ホルモンを抑制
精巣
(男性)
アンドロゲン(男性ホルモン):テストステロンなど男性二次性徴、性行動を促進
エストロゲン、プロゲステロンも少量分泌
胎盤ヒト絨毛性ゴナドトロピンHCGLH作用に類似、妊娠黄体の生成と維持
ヒト絨毛性乳腺刺激ホルモンHSS泌乳作用、弱い成長促進作用
エストロゲン、プロゲステロンを多量に分泌、その他レニン、リラキシン、アンドロゲンを分泌
精液、肺、脳、その他プロスタグランジン血圧調節、胃液分泌抑制、気管拡張、利尿促進、子宮収縮、縮瞳、その他

ページの先頭へ

主な代謝疾患

ホルモン亢進低下疾患名
成長ホルモン亢進巨人症(成長期)、末端肥大症(成人)
低下小人症
副腎皮質刺激ホルモン亢進クッシング病
バソプレッシン(抗利尿ホルモン)低下尿崩症
チロキシン亢進バセドウ病
低下橋本病(成人)、クレチン病(小児)、粘液水腫(成人)
パラトルモン亢進腎性くる病、レックリング・ハウゼン病
低下テタニー
インスリン亢進低血糖
低下糖尿病
電解質コルチコイド低下アジソン病

ページの先頭へ

自律神経の機能

交感神経副交感神経
節前-節後神経伝達物質アセチルコリンアセチルコリン
節後-効果器神経伝達物質ノルアドレナリンアセチルコリン
瞳孔散大収縮
唾液腺少量の粘液分泌大量の漿液分泌
末梢血管収縮拡張
気道拡張収縮
血圧上昇下降
脈拍促進緩徐
肝臓グリコーゲン分解
→血糖上昇
グリコーゲン合成
→血糖低下
消化液分泌減少増加
消化管運動抑制促進
皮膚(立毛筋)収縮(鳥肌)
汗腺分泌活動増加
膀胱弛緩(尿閉)収縮(排尿)

ページの先頭へ

年齢による呼吸数の変化

新生児35-50回/分
乳児30-40回/分
幼児20-30回/分
学童20回/分
成人16-18回/分

ページの先頭へ

年齢による脈拍数の基準値

新生児120-140回/分
乳児110-130回/分
幼児100-110回/分
学童80-90回/分
成人70-80回/分

inserted by FC2 system