ナビ式言語聴覚士国家試験対策室

キーワードde暗記

 キーワード関連単語備考
アテローマ性血栓性脳梗塞背景に動脈硬化-段階的発症-安静時発症-皮質症状
アテローマ性血栓性脳梗塞の危険因子総コレステロール上昇-HDL低下-LDL上昇-中性脂肪上昇
亜急性硬化性全脳炎遅発感染症-麻疹ウイルス
アイザックス症候群筋強直
アテトーゼ不随意運動-常同的-くねり-脳性麻痺
アーガイル・ロバートソン徴候神経梅毒-縮瞳-対光反射消失
アディー症候群散瞳-瞳孔不同
アルツハイマー病女性-記憶障害で発症-漸進性増悪-全般性認知症-老人斑-神経原性線維変化-コリンエステラーゼ阻害薬
一過性全健忘近時記憶-遠隔記憶
一過性脳虚血発作TIA-24時間以内回復
一過性脳虚血発作:分類内頚動脈系-椎骨動脈系
一過性脳虚血発作:内頚動脈系片麻痺-失語-一眼視力消失(黒内障)
一過性脳虚血発作:椎骨動脈系同名半盲-複視-感覚障害-失調-平衡障害
ウェスト症候群悪性てんかん-乳児発症-点頭てんかん
ウェルドニッヒ・ホフマン病常染色体劣性遺伝-フロッピー・インファント
AIDS脳症HIVウイルス-エイズ認知症
MRI:T1強調:低信号域黒-梗塞巣-陳旧性出血
MRI:T1強調:高信号域白-新鮮な出血巣
MRI:T2強調:低信号域黒-新鮮な出血巣
MRI:T2強調:高信号域黒-梗塞巣-陳旧性出血
MRI:f-MRI機能的脳検査画像-磁気共鳴装置-賦活部位の信号増強-心理過程
オリーブ橋小脳萎縮症孤発性脊髄小脳変性症-脊髄小脳変性症で最多-多系統萎縮症の1型-失調症状で初発
肩手症候群肩有痛性運動制限-手腫脹-拍動性自発痛-MP関節屈曲制限
家族性アミロイドポリニューロパチーFAP-常染色体優性遺伝-末梢自律神経障害-長野・熊本に大家族
家族性振戦本態性振戦に同じ
下位運動ニューロン障害の症状筋萎縮-筋線維束性攣縮-腱反射消失
橋出血傍正中動脈破綻-交差性片麻痺-深昏睡-除脳硬直
急性播種性脳脊髄炎ADEM-神経アレルギー
筋萎縮性側索硬化症の機序ALS-運動ニューロン疾患-上下運動ニューロン変性-遠位筋萎縮-鷲手
筋萎縮性側索硬化症の症状弛緩性+痙性の混合性ディサースリア-開鼻声-嚥下障害-陰性4徴候
筋萎縮性側索硬化症の陰性4徴候感覚障害-膀胱直腸障害-眼筋麻痺-褥瘡
胸郭出口症候群単ニューロパチー-なで肩
筋ジストロフィー:デュシャンヌ型伴性劣性遺伝-幼児発症-ゴワーズ徴候-仮性肥大-20歳以前に死亡
筋ジストロフィー:ベッカー型伴性劣性遺伝-デュシャンヌ型の亜型-軽症
筋ジストロフィー:肢体型常染色体劣性遺伝-思春期発症-遠位筋萎縮通常の筋疾患は近位筋萎縮
筋ジストロフィー:顔面・肩甲・上腕型常染色体優性遺伝-思春期発症-翼状肩甲-西洋斧様顔貌
筋ジストロフィー:緊張性常染色体優性遺伝-中高年発症-前額禿頭-西洋斧様顔貌
筋ジストロフィー:福山型常染色体劣性遺伝-幼児発症-知的障害-テント口
ギラン・バレー症候群ジュリニ菌-神経アレルギー-脱髄-運動麻痺-予後良好
くも膜下出血の原因1位:動脈瘤-2位:脳動静脈奇形-3位:もやもや病若年では脳動静脈奇形が最多
くも膜下出血の好発部位ウィリス動脈輪分岐点-前交通動脈-中大脳動脈-後交通動脈
くも膜下出血の自然史急性期:血液による壊死-脳動脈攣縮-慢性期:正常圧水頭症
クリューバー・ビューシー症候群扁桃核損傷-異食-性欲亢進
クロイツフェルト・ヤコブ病プリオン感染症-海綿状脳症-伝播性認知症-BSE関連-硬膜移植医原病
グリオーマ神経膠細胞腫-浸潤性-予後不良
ゲルストマン-ストロイラー-シャインカー病プリオン病-家族性
高血圧性脳症頭痛-嘔吐-意識障害-一過性
硬膜外血腫清明期→頭蓋内圧亢進-レンズ型CT画像
抗てんかん薬フェニトイン-フェニバルビタール-テグレトール-バルブロ酸
口部ジスキネジー不随意運動-口もぐもぐ-口ぴちゃぴちゃ
口部ジスキネジーの原因特発性-レボ・ドーパ-向精神薬
サルコイドーシス原因不明-肉芽腫-末梢神経障害
心原性塞栓症心臓の基礎疾患-内頚動脈系-大梗塞-出血性梗塞-再開通
視床出血視床膝状体動脈破綻-視床穿通動脈破綻-視床痛-視床手
小脳出血上小脳動脈破綻-歩行不安定-後頭部痛
進行性多巣性白質脳症遅発感染症-パボバウイルス-日和見感染
シャルコー・マリー・トゥース病常染色体優性遺伝-学童発症-垂れ足-鶏歩-オニオンバルブ神経生検
シャイ・ドレーガー症候群多系統萎縮症-自律神経症状で初発-起立性低血圧
進行性核上性麻痺成人発症-核上性外眼筋麻痺-皮質下認知症-パーキンソニズム早期から認知症のあるPD
手根管症候群単ニューロパチー-正中神経の圧迫-拇指球萎縮
振戦の分類静止時振戦-姿勢時振戦-運動時振戦
小脳性振戦企図振戦-終末時振戦
失調の分類小脳性-脊髄性-迷路性
失調:小脳性測定障害-企図振戦-ノーズ・トゥー・フィンガー検査
失調:脊髄性深部知覚障害-ロンベルク徴候
失調:迷路性平衡障害-四肢の運動障害(-)-深部知覚障害(-)
CT:高吸収域白-新鮮な出血巣
CT:低吸収域黒-梗塞巣-陳旧性出血
視床病変の症状健忘-視床失語-意識障害-感覚障害-視床痛-視床手
ジャクソンてんかん焦点発作-全身発作-脳腫瘍
ジフテリア喉頭の偽膜-呼吸筋麻痺
ジストニー筋緊張亢進-変形性ジストニー-斜頚-書痙
ジル・ド・ラ・トゥレット症候群重症チック-汚言-自傷
人格変化で初発する認知症前頭側頭型認知症(ピック病)-神経梅毒(進行麻痺)
スタージ・ウェーバー症候群三叉神経領域-血管腫-片麻痺
SPECT機能的脳画像-脳血流
頭蓋底骨折鼻耳出血-眼鏡様出血-鼻耳から髄液漏-脳神経損傷
頭蓋内圧亢進症状うっ血乳頭-頭痛-嘔吐
髄鞘形成細胞末梢-シュワン細胞-中枢-稀突起膠細胞
髄鞘の病理ワーラー変性-一次性脱髄
髄膜炎の共通症状頭痛-発熱-髄膜刺激徴候:項部硬直-ケルニッヒ徴候-髄液白血球増加
髄膜炎:急性細菌性-蛋白上昇-糖低下-抗生物質有効多核球細胞増加
髄膜炎:真菌性亜急性-クリプトコッカス-蛋白上昇-糖低下-抗真菌薬有効単核球細胞増加
髄膜炎:結核性亜急性-蛋白上昇-糖低下-予後不良単核球細胞増加
髄膜炎:ウイルス性急性-蛋白軽度上昇-糖正常-抗ウイルス薬有効単核球細胞増加
頭痛:片頭痛遺伝性-女性に多い-閃輝暗点-拍動性
頭痛:緊張型頭痛肩こり-僧帽筋-関連痛-前頭部-非拍動性
頭痛:群発頭痛一側眼奥の激痛-男性に多い-結膜充血-流涙
脊髄性筋萎縮症下位運動ニューロン障害のみ
線条体黒質変性症多系統萎縮症-錐体外路障害で初発-パーキンソニズム
正常圧水頭症認知症-歩行障害-尿失禁-VPシャント治療-LPシャント治療
生理的振戦疲労興奮時-一定姿勢-運動時
脊髄性間欠性跛行一過性脊髄虚血
脊髄小脳変性症:遺伝性マシャド・ジョセフ病-フリードライヒ病-歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症-脊髄小脳失調症Ⅰ型Ⅱ型
脊髄小脳変性症:孤発性オリーブ橋小脳萎縮症-晩発性皮質性小脳萎縮症
脊髄小脳変性症:頻度全体1位-オリーブ橋小脳萎縮症-孤発1位-オリーブ橋小脳萎縮症-遺伝1位-マシャド・ジョセフ病
側頭動脈炎自己免疫疾患-頭痛
多発性硬化症MS-西洋人-時間的空間的多発-脱髄-IgG-ステロイド治療
ヘルペス脳炎単純ヘルペスウイルス-壊死性脳炎-健忘症-抗ウイルス薬
タンジール病HDL欠損-オレンジ色の扁桃腺
多系統萎縮症オリーブ橋小脳萎縮症-シャイ・ドレーガー症候群
多発ニューロパチー糖尿病が最多-手袋靴下型感覚解離
多発筋炎膠原病-レイノー現象
大脳の機能解析fMRI-磁気-PET-糖代謝-SPECT-血流-MEG-脳磁図
脱髄疾患多発性硬化症-ADEM-副腎白質ジストロフィー
中枢性麻痺に特徴的な症状連合反応-共同運動-立直り反応更新-平衡反応減弱
中毒性振戦姿勢時-上肢末梢
チック不随意運動-学童-急激-常同的
偽性認知症可逆性-慢性硬膜下血腫-正常圧水頭症-甲状腺機能低下症
脳腫瘍:テント下腫瘍小脳-橋-第4脳室それ以外はテント上腫瘍
脳腫瘍:転移性脳腫瘍1位:肺癌-2位:乳癌-3位:消化管腫瘍
閉じ込め症候群脳幹部障害-四肢運動麻痺-意識清明-眼球運動・瞬目可
脳腫瘍:髄膜腫良性腫瘍-圧排性-ジャクソンてんかん
脳腫瘍:下垂体腺腫トルコ鞍-視交叉圧迫→両耳性半盲-ホルモン分泌腫瘍:巨人症・クッシング病・尿崩症・乳汁分泌症
脳腫瘍:頭蓋咽頭腫迷入組織由来腫瘍-圧排性
脳腫瘍:グリオーマ:星状細胞腫良性腫瘍-浸潤性
脳腫瘍:多形膠芽腫悪性腫瘍‐予後きわめて不良
脳血管障害の頻度虚血性-80%-出血性-20%
脳血管性認知症男性-まだら認知症-段階的増悪-感情抑制障害-人格保持
脳梗塞の治療薬塞栓症-ワーファリン-血栓症-チクロピジン-アスピリン
脳梗塞:心原性脳塞栓症の原因僧帽弁狭窄-心内膜炎-心房細動-心臓弁置換術(医原性)
脳梗塞の危険因子高血圧-糖尿病-不整脈-肥満
脳梗塞の発生機序血栓性-塞栓性-血行力学性
脳梗塞の臨床病型分類アテローマ血栓性脳梗塞-心原性脳塞栓小-ラクナ梗塞-その他
脳梗塞の自然史急性期-液化壊死-脳浮腫-慢性期-軟化-嚢胞化
脳脊髄液穿刺腰椎-困難→後頭下
脳内出血の頻度1位:被殻出血-2位:視床出血-3位:小脳出血
脳震盪一過性意識障害
脳挫傷前頭葉下部-側頭葉前端-側頭葉外側
脳膿瘍細菌感染-ドーナツ病変CT
脳波:三相波肝性脳症
胚細胞腫松果体-水頭症-垂直共同視麻痺
HAMHTLV-1ウイルス-脊髄感染
破傷風筋緊張亢進-痙笑-後弓反張
ハンチントン舞踏病常染色体優性遺伝-尾状核萎縮-認知症-運動過多性ディサースリア
ハンセン病感染性ニューロパチー
半盲:同耳性半盲視交叉部障害-下垂体腫瘍
半盲:同名半盲視覚伝導路障害-黄斑回避-外側膝状体以上
バリズム不随意運動-急速-粗大-暴力的-視床下核損傷視床下核は別名ルイ体
パーキンソン病の4大徴候筋固縮-無動-振戦-姿勢反射障害
パーキンソン病の機序中脳黒質脱落変性-ドパミン分泌低下-レビー小体出現-L-ドパ治療
パーキンソン病の治療薬レボ・ドーパ-抗コリン薬
パーキンソン振戦静止時-粗大-丸薬丸め振戦
被殻出血レンズ核線条体動脈破綻-片麻痺-失語
皮膚筋炎ヘリオトロープ紅斑-ゴットロン症候
ビンスワンガー脳症進行性脳血管性認知症-皮質下性認知症
びまん性軸索損傷回転加速度-意識障害-脳浮腫
ビンスワンガー脳症中年発症-進行性脳血管性認知症
ピック病前頭葉萎縮-ピック嗜銀球-人格変化で初発-前頭葉症状前頭側頭タイプも
副甲状腺機能亢進症パラトルモン分泌過剰-高カルシウム血症
副腎白質ジストロフィー伴性劣性遺伝-学童発症-進行性大脳症状
ファブリー病男児-疼痛発作-発汗低下-心腎障害
フリードライヒ病常染色体劣性遺伝-家族性脊髄小脳変性症-学童発症-感音難聴
フォスター・ケネディー症候群一側視神経萎縮-同側嗅覚消失-対側眼底うっ血乳頭
舞踏病疾患ハンチントン病-小舞踏病-老人性舞踏病-有棘赤血球舞踏病良性遺伝性舞踏病・歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症・マックラウド症候群も
ブルンズ眼振側方注視眼振-小脳橋角腫瘍
プリオン感染症クロイツフェルト・ヤコブ病=BSE=クールー=スクレイピー-家族性致死性不眠症
変性疾患アルツハイマー病-ALS-パーキンソン病-前頭側頭型認知症(ピック病)
PET機能的脳画像-脳グルコース代謝
ホルネル症候群眼瞼下垂-瞳孔縮小-眼球陥没
本態性振戦一定姿勢-精神的緊張
ボツリヌス中毒神経筋接合部障害-運動麻痺
ポリニューロパチー両側対称性-上下肢-手袋・靴下型感覚解離-境界不明瞭
慢性硬膜下血腫飲酒老人-偽性認知症-三日月型CT画像
マシャド・ジョセフ病遺伝性脊髄小脳変性症-遺伝性で最多-トリプレット・リピート-びっくり眼
慢性炎症性脱髄性ニューロパチーギランバレー類似疾患-慢性再発性-感覚障害あり
マイアーソン徴候パーキンソン病-眉間反射の継続
ミオパチーの症状近位筋優位の筋萎縮-仮性筋肥大-ミオトニー-CK上昇
ミオクローヌス不随意運動-瞬間的-電撃的-筋のピクピク
ミトコンドリア脳筋症ミトコンドリアDNA変異
もやもや病ウィリス動脈輪血流不全-新生血管網-小児:脳梗塞-成人:くも膜下出血
有棘赤血球舞踏病若年-自咬症-知能正常
ラクナ梗塞直径1.5cm以下-背景に動脈硬化-緩徐発症-無症状も
ライム病マダニ咬傷-遊走性紅斑-感染性ニューロパチー
ランバート・イートン筋無力症様症候群重症筋無力症類似疾患-テンシロン検査陰性-基礎に肺癌
レノックス・ガストー症候群悪性てんかん-幼児発症-強直脱力-ミオクロニー
レックリングハウゼン病常染色体優性遺伝-多発性神経線維腫-カフェオレ斑-エレファントマン
レボ-ドーパの副作用オン・オフ現象-ウェアリング・オフ現象-日内変動
老人性振戦イエス振戦-ノー振戦
ワイル病無菌性髄膜炎

ページの先頭へ

ポイントノート!

一次(上位)ニューロン障害と二次(下位)ニューロン障害

一次運動ニューロン障害二次運動ニューロン障害
麻痺の種類痙性麻痺弛緩性麻痺
麻痺の程度不全麻痺(重症の場合完全麻痺)完全麻痺
麻痺の分布広汎多くは限定された筋肉
筋緊張亢進(ハイパートニック)
:CVAでは急性期低下、その後亢進
低下(ハイポトニック)
運動障害運動パターンの障害
:質的な変化
筋力低下
:量的な変化
反射筋伸張反射亢進減弱または消失
深部腱反射亢進減弱または消失
原始反射(+)(-)
病的反射(+)(-)
筋萎縮(-):廃用性のものを除く(+)
線維束性攣縮(-)(+):筋表面が細かくぴくぴく収縮

ページの先頭へ

球麻痺と仮性球麻痺

球麻痺仮性球麻痺
障害部位舌咽神経・迷走神経・舌下神経の核またはより末梢の神経大脳・中脳または橋の両側の広汎な皮質または白質
麻痺の分類四肢麻痺両片麻痺
Dysarthria弛緩性タイプ痙性タイプ
音声障害無し、または無力性・気息性が多い努力性・粗?性が多い
嚥下障害嚥下反射消失または減弱嚥下反射遅延または嚥下パターンの障害
感情抑制障害(-)(+)
咽頭反射・軟口蓋反射消失消失
下顎反射正常~消失亢進
口とがらし反射(-)(+)
舌萎縮(+)(-):廃用を除く
舌線維束攣縮(+):筋表面が細かくぴくぴく収縮(-)

ページの先頭へ

錐体路障害と錐体外路障害

錐体路障害錐体外路障害
障害部位大脳皮質(運動野)、内包、大脳脚、橋底部、脊髄側索など大脳基底核(尾状核、被殻、黒質、赤核など)
運動麻痺(+):痙性麻痺(-)
筋緊張亢進:痙性亢進:固縮
筋萎縮(-)(-)
筋力低下(-):廃用を除く(+)
不随意運動(-)(+):振戦、舞踏病など
深部腱反射亢進正常
病的反射(+):バビンスキー反射など(-)
表在反射腹壁反射(-)正常
歩行痙性はさみ歩行
円弧(ぶん回し)歩行
小刻み歩行(パーキンソン病)
舞踏様歩行(ハンチントン病)

ページの先頭へ

神経原性麻痺と筋原性麻痺

前角障害末梢神経障害(ニューロパチー)筋障害(ミオパチー)
疾患筋萎縮性側索硬化症など重症筋無力症など筋ジストロフィーなど
筋萎縮(+):遠位筋優位
ex.鷲手、猿手
(+):遠位筋優位、限局性(+):近位筋優位
ex.翼状肩甲
運動麻痺混合性(痙性+弛緩性)弛緩性
一肢、四肢の末梢
弛緩性
肢帯部優位
登攀性起立(ゴワーズ徴候)
腰振り歩行(ウェディング・ゲイト)
筋線維束性攣縮(+):筋表面が細かくぴくぴく収縮(+):筋表面が細かくぴくぴく収縮(-)
深部腱反射低下または消失低下または消失低下または消失
感覚障害(-)(+)
:神経分布に一致
 手袋・靴下型
 感覚失調・難聴など
(-)
自律神経症状(-)(+)
:瞳孔障害(対光反射遅鈍)
 起立性低血圧・発汗障害
 下痢または便秘
ex.糖尿病
  アミロイドニューロパチー
(-)
血液生化学検査所見(血清CPK)正常正常CPK(CK)上昇
電気生理学的検査(筋電図)神経原性パターン神経原性パターン筋原性パターン
神経伝導速度正常低下正常
病理学的検査(筋生検など)神経原性変化神経原性変化筋原性変化

ページの先頭へ

頭痛の分類

発症年齢性別前駆症状部位性質持続時間随伴症状
片頭痛10-20歳代女に多い
家族歴(+)
典型的な場合のみ(+)
閃輝暗点など
一側または両側性
閃輝暗点の反対側
拍動性数時間~数日悪心・嘔吐・羞明
増悪要素:ストレス・就学など
群発性頭痛20-40歳代男に多いなし一側錐で突き刺すような激痛15-120分集中的に群発
夜間に多い
流涙・鼻閉・鼻汁・結膜充血・顔面紅潮
増悪要素:アルコール・ニトログリセリン
筋収縮性緊張型頭痛各年齢層性差なしなし両側の前・後頭部非拍動性
絞扼感
圧迫感
充満感
数時間~数日時に悪心・肩こり・項部痛
心因性頭痛各年齢層性差なしなし全般
両側
鈍い痛み持続性抑うつ・不安
三叉神経痛中年~高年女に多いなし三叉神経支配領域
一側性
突き刺すような痛み15-60秒食事などで誘発
洗顔・会話・冷風など
間欠期には無症状
⇔有症の場合腫瘍を疑う
側頭動脈炎
(膠原病)
中年男性に好発なし側頭部痛
局部痛
発熱・全身倦怠・体重減少・失明(1/3)・血沈上昇

ページの先頭へ

脳出血と脳梗塞

脳出血脳梗塞
脳血栓脳塞栓
危険因子高血圧高血圧、糖尿病心房細動、心疾患
前駆症状特定できない一過性脳虚血発作他臓器の塞栓、時にTIA
発症時期日中活動時が多い就寝中に起こることが少なくない不定
症状の完成急激に進行段階的に進行突発的に完成
頭痛概して(+)(-)(-)
嘔吐概して(+)(-):椎骨脳底動脈系梗塞を除く(-):椎骨脳底動脈系梗塞を除く
痙攣(-)(-)しばしば(+)
意識障害(+)(-)清明~昏睡
片麻痺意識障害の程度と平行病初からの完全麻痺は少ない病初から麻痺が完成
血圧上昇上昇することが多い不定
皮質症状少ない少ない比較的多い

ページの先頭へ

脳出血の分類

場所破綻動脈頻度症状
被殻出血線条体レンズ核動脈40-60%
最多
反対側片麻痺、軽度感覚障害
左の場合多く失語症
視床出血視床膝状体動脈:外側核
視床穿通動脈 :内側核
10-25%意識障害、運動麻痺より感覚障害が強い、視床痛、視床手
小脳出血上小脳動脈
下小脳動脈
眩暈、悪心、嘔吐、歩行不安定、後頭部痛
橋出血傍正中動脈深昏睡、除脳硬直、交差性片麻痺、頭痛、悪心、嘔吐、意識障害
皮質下出血さまざまな穿通枝10-20%脳内血腫

ページの先頭へ

筋ジストロフィーの特徴

デュシャンヌ型ベッカー型肢帯型顔面肩甲上腕型(FSH型)福山型
発症年齢小児2-4歳小児2-4歳小児-成人20-30歳小児-成人先天性
発生割合60%(ベッカー型含む)デュシャンヌ型の亜型30%10%1%以下
遺伝形式伴性劣性伴性劣性常染色体劣性常染色体優性常染色体劣性
初発部位下肢帯(腰帯)下肢帯(腰帯)腰帯or肩甲帯上肢帯(肩甲帯)
顔面筋障害+西洋斧顔貌+テント口
仮性肥大±
関節拘縮・骨格変形進行に従い出現時に+まれ
血清CK著明に上昇上昇上昇さまざま
筋電図筋原性変化筋原性変化筋原性変化筋原性変化筋原性変化
筋生検孤発性萎縮孤発性萎縮孤発性萎縮孤発性萎縮孤発性萎縮
進行速い(数年)遅い中間(数年-10年以上)遅い
生命予後20歳前後で死亡デュシャンヌ型より長命不定

ページの先頭へ

てんかんの分類

部分性てんかん全般性てんかんおよび症候群
単純部分発作複雑部分発作特発性(原発性)全般発作続発性全般発作
焦点発作
(ジャクソンてんかん)
自律神経発作精神運動発作
(側頭葉てんかん)
大発作小発作
(欠神発作)
ミオクロニー発作点頭てんかん
(ウエスト症候群)
レノックス症候群
発症好発年齢特になし学童期小学生-成人不定小児
(特に5-15歳)
好発年齢
1-10歳
4ケ月-12ケ月
(最も早期発症)
3-5歳
意識障害突然意識消失数秒意識消失意識保持
知能正常正常知的障害+知能正常知能正常知能正常知的障害+知的障害+
特徴身体の一部より全身に広がるトッド麻痺発作性に自律神経症状:腹痛・頭痛・嘔吐・頻脈・発汗自動症:発作中の行動を健忘
一過性の錯覚・幻覚
呼吸停止
眼球上転・咬舌
→強直性痙攣
→間代性痙攣
→発作後睡眠
意識消失
会話・動作中断
一点を凝視
痙攣(-)
四肢・体幹屈筋群の対称性の瞬間的攣縮頸部をガクガクと前屈
シリーズ形成
失立発作
強直発作
脳波棘波14および16Hzの陽性棘波棘徐波棘波~棘徐波3Hz棘徐波複合多棘徐波ヒプサリセミア(三相波)1-2.5Hz棘徐波
備考外傷等による器質的脳障害の合併多い異常行動を伴う睡眠で賦活最も多い発作型過呼吸により誘発されやすい光刺激で誘発されやすい先天性代謝異常、脳奇形、分娩時損傷、結節性硬化症等の器質的脳障害あり
治療薬フェニトイン(PHT)
バルプロ酸
カルバマゼピン
原疾患治療薬
フェニトイン(PHT)
バルプロ酸
フェニトイン(PHT)
バルプロ酸
カルバマゼピン
フェニトイン(PHT)
バルプロ酸
カルバマゼピン
エトスクシミド
カルバマゼピン
クロナゼパムバルプロ酸
フェノバルビタール
Vit.B6
ACTH筋肉注射
ニトラゼパム
クロナゼパム
フェニトイン(PHT)
フェノバルビタール
予後比較的良好良好比較的悪い良好良好比較的良好双方向に移行あり不良

inserted by FC2 system